SqlTransaction.Save(String) SqlTransaction.Save(String) SqlTransaction.Save(String) SqlTransaction.Save(String) Method

定義

セーブポイントの名前を指定して、トランザクション内にセーブポイントを作成します。セーブポイントは、トランザクションを部分的にロールバックするために使用できます。Creates a savepoint in the transaction that can be used to roll back a part of the transaction, and specifies the savepoint name.

public:
 void Save(System::String ^ savePointName);
public void Save (string savePointName);
member this.Save : string -> unit
Public Sub Save (savePointName As String)

パラメーター

savePointName
String String String String

セーブポイントの名前。The name of the savepoint.

例外

トランザクションをコミットしようとしてエラーが発生しました。An error occurred while trying to commit the transaction.

トランザクションは既にコミットまたはロールバックされています。The transaction has already been committed or rolled back.

- または --or-

接続が切れています。The connection is broken.

注釈

Saveメソッドは、Transact-sql の SAVE TRANSACTION ステートメントと同じです。Save method is equivalent to the Transact-SQL SAVE TRANSACTION statement.

savePointパラメーターで使用される値は、 BeginTransactionメソッドの一部の実装のtransactionNameパラメーターで使用される値と同じにすることができます。The value used in the savePoint parameter can be the same value used in the transactionName parameter of some implementations of the BeginTransaction method.

セーブポイントは、トランザクションの一部をロールバックするメカニズムを提供します。Savepoints offer a mechanism to roll back parts of transactions. Saveメソッドを使用してセーブポイントを作成した後、 Rollback後でメソッドを呼び出して、トランザクションの開始時にロールバックするのではなく、セーブポイントにロールバックします。You create a savepoint using the Save method, and then later call the Rollback method to roll back to the savepoint instead of rolling back to the start of the transaction.

適用対象

こちらもご覧ください