SqlXml SqlXml SqlXml SqlXml Class

定義

サーバーに格納する、またはサーバーから取得する XML データを表します。Represents XML data stored in or retrieved from a server.

public ref class SqlXml sealed : System::Data::SqlTypes::INullable, System::Xml::Serialization::IXmlSerializable
[System.Serializable]
public sealed class SqlXml : System.Data.SqlTypes.INullable, System.Xml.Serialization.IXmlSerializable
type SqlXml = class
    interface INullable
    interface IXmlSerializable
Public NotInheritable Class SqlXml
Implements INullable, IXmlSerializable
継承
SqlXmlSqlXmlSqlXmlSqlXml
属性
実装

注釈

このクラスは、派生型のXmlReaderインスタンスを格納し、インターフェイスを実装するINullableことによって、データベーススタイルの null セマンティクスなどの SQL 固有の機能を追加します。This class contains an instance of an XmlReader-derived type, and adds SQL-specific features such as database-style null semantics by implementing the INullable interface. SqlXml を使用する場合、SqlXml インスタンスに割り当てる XML 値は、 XmlReaderで使用できる必要があります。When you use SqlXml, the XML value that you assign to the SqlXml instance must be consumable by an XmlReader. Unicode データの場合は、バイトオーダーマークBOM() がデータストリーム内に存在している必要があります。For unicode data, the Byte Order Mark (BOM) must be present in the stream of data.

コンストラクター

SqlXml() SqlXml() SqlXml() SqlXml()

新しい SqlXml のインスタンスを作成します。Creates a new SqlXml instance.

SqlXml(Stream) SqlXml(Stream) SqlXml(Stream) SqlXml(Stream)

新しい SqlXml インスタンスを作成します。Stream から派生したインスタンスを引数に受け取り、XML 値を生成します。Creates a new SqlXml instance, supplying the XML value from the supplied Stream-derived instance.

SqlXml(XmlReader) SqlXml(XmlReader) SqlXml(XmlReader) SqlXml(XmlReader)

新しい SqlXml インスタンスを作成し、指定された XmlReader の内容と関連付けます。Creates a new SqlXml instance and associates it with the content of the supplied XmlReader.

プロパティ

IsNull IsNull IsNull IsNull

このインスタンスが null の SqlXml 値を表すかどうかを示します。Indicates whether this instance represents a null SqlXml value.

Null Null Null Null

SqlXml 型の null インスタンスを表します。Represents a null instance of the SqlXml type.

Value Value Value Value

この SqlXml インスタンスが保持する XML コンテンツの文字列形式を取得します。Gets the string representation of the XML content of this SqlXml instance.

メソッド

CreateReader() CreateReader() CreateReader() CreateReader()

SqlXml として表現された、XmlReader の XML コンテンツの値を取得します。Gets the value of the XML content of this SqlXml as a XmlReader.

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
GetXsdType(XmlSchemaSet) GetXsdType(XmlSchemaSet) GetXsdType(XmlSchemaSet) GetXsdType(XmlSchemaSet)

指定された XmlSchemaSet の XML スキーマ定義言語 (XSD) を返します。Returns the XML Schema definition language (XSD) of the specified XmlSchemaSet.

MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

明示的なインターフェイスの実装

IXmlSerializable.GetSchema() IXmlSerializable.GetSchema() IXmlSerializable.GetSchema() IXmlSerializable.GetSchema()

このメンバーの説明については、GetSchema() のトピックを参照してください。For a description of this member, see GetSchema().

IXmlSerializable.ReadXml(XmlReader) IXmlSerializable.ReadXml(XmlReader) IXmlSerializable.ReadXml(XmlReader) IXmlSerializable.ReadXml(XmlReader)

このメンバーの詳細については、「ReadXml(XmlReader)」をご覧ください。For a description of this member, see ReadXml(XmlReader).

IXmlSerializable.WriteXml(XmlWriter) IXmlSerializable.WriteXml(XmlWriter) IXmlSerializable.WriteXml(XmlWriter) IXmlSerializable.WriteXml(XmlWriter)

このメンバーの詳細については、「WriteXml(XmlWriter)」をご覧ください。For a description of this member, see WriteXml(XmlWriter).

適用対象

こちらもご覧ください