XmlWriteMode XmlWriteMode XmlWriteMode XmlWriteMode Enum

定義

XML データとリレーショナル スキーマを DataSet から書き込む方法を指定します。Specifies how to write XML data and a relational schema from a DataSet.

public enum class XmlWriteMode
public enum XmlWriteMode
type XmlWriteMode = 
Public Enum XmlWriteMode
継承

フィールド

DiffGram DiffGram DiffGram DiffGram 2

元の値と現在の値を含め、DataSet 全体を DiffGram として書き込みます。Writes the entire DataSet as a DiffGram, including original and current values. 変更された値だけを格納する DiffGram を生成するには、GetChanges() を呼び出し、返された WriteXml(Stream)DataSet を DiffGram として呼び出します。To generate a DiffGram containing only changed values, call GetChanges(), and then call WriteXml(Stream) as a DiffGram on the returned DataSet.

IgnoreSchema IgnoreSchema IgnoreSchema IgnoreSchema 1

XSD スキーマを使用せずに DataSet の現在の内容を XML データとして書き込みます。Writes the current contents of the DataSet as XML data, without an XSD schema. DataSet にデータが書き込まれていない場合は、何も書き込まれません。If no data is loaded into the DataSet, nothing is written.

WriteSchema WriteSchema WriteSchema WriteSchema 0

リレーショナル構造をインライン XSD スキーマとして使用して、DataSet の現在の内容を XML データとして書き込みます。Writes the current contents of the DataSet as XML data with the relational structure as inline XSD schema. DataSet がスキーマだけを持ち、データを持っていない場合は、インライン スキーマだけが書き込まれます。If the DataSet has only a schema with no data, only the inline schema is written. DataSet が現在のスキーマを持っていない場合は、何も書き込まれません。If the DataSet does not have a current schema, nothing is written.

注釈

メソッドのパラメーターをWriteMode設定するときに、この列挙体のメンバーを使用します。 WriteXmlUse the members of this enumeration when setting the WriteMode parameter of the WriteXml method.

適用対象