DataSet クラス

定義

データのメモリ内キャッシュを表します。Represents an in-memory cache of data.

public ref class DataSet : System::ComponentModel::MarshalByValueComponent, System::ComponentModel::IListSource, System::ComponentModel::ISupportInitializeNotification, System::Runtime::Serialization::ISerializable, System::Xml::Serialization::IXmlSerializable
[System.Serializable]
public class DataSet : System.ComponentModel.MarshalByValueComponent, System.ComponentModel.IListSource, System.ComponentModel.ISupportInitializeNotification, System.Runtime.Serialization.ISerializable, System.Xml.Serialization.IXmlSerializable
type DataSet = class
    inherit MarshalByValueComponent
    interface IListSource
    interface IXmlSerializable
    interface ISupportInitializeNotification
    interface ISerializable
    interface ISupportInitialize
Public Class DataSet
Inherits MarshalByValueComponent
Implements IListSource, ISerializable, ISupportInitializeNotification, IXmlSerializable
継承
属性
実装

次の例は、 DataSet Northwindデータベースからを結合して作成し、データを格納するいくつかの方法で構成されています。The following example consists of several methods that, combined, create and fill a DataSet from the Northwind database.

using System;
using System.Data;
using System.Data.SqlClient;

namespace Microsoft.AdoNet.DataSetDemo
{
    class NorthwindDataSet
    {
        static void Main()
        {
            string connectionString = GetConnectionString();
            ConnectToData(connectionString);
        }

        private static void ConnectToData(string connectionString)
        {
            //Create a SqlConnection to the Northwind database.
            using (SqlConnection connection =
                       new SqlConnection(connectionString))
            {
                //Create a SqlDataAdapter for the Suppliers table.
                SqlDataAdapter adapter = new SqlDataAdapter();

                // A table mapping names the DataTable.
                adapter.TableMappings.Add("Table", "Suppliers");

                // Open the connection.
                connection.Open();
                Console.WriteLine("The SqlConnection is open.");

                // Create a SqlCommand to retrieve Suppliers data.
                SqlCommand command = new SqlCommand(
                    "SELECT SupplierID, CompanyName FROM dbo.Suppliers;",
                    connection);
                command.CommandType = CommandType.Text;

                // Set the SqlDataAdapter's SelectCommand.
                adapter.SelectCommand = command;

                // Fill the DataSet.
                DataSet dataSet = new DataSet("Suppliers");
                adapter.Fill(dataSet);

                // Create a second Adapter and Command to get
                // the Products table, a child table of Suppliers. 
                SqlDataAdapter productsAdapter = new SqlDataAdapter();
                productsAdapter.TableMappings.Add("Table", "Products");

                SqlCommand productsCommand = new SqlCommand(
                    "SELECT ProductID, SupplierID FROM dbo.Products;",
                    connection);
                productsAdapter.SelectCommand = productsCommand;

                // Fill the DataSet.
                productsAdapter.Fill(dataSet);

                // Close the connection.
                connection.Close();
                Console.WriteLine("The SqlConnection is closed.");

                // Create a DataRelation to link the two tables
                // based on the SupplierID.
                DataColumn parentColumn =
                    dataSet.Tables["Suppliers"].Columns["SupplierID"];
                DataColumn childColumn =
                    dataSet.Tables["Products"].Columns["SupplierID"];
                DataRelation relation =
                    new System.Data.DataRelation("SuppliersProducts",
                    parentColumn, childColumn);
                dataSet.Relations.Add(relation);
                Console.WriteLine(
                    "The {0} DataRelation has been created.",
                    relation.RelationName);
            }
        }

        static private string GetConnectionString()
        {
            // To avoid storing the connection string in your code, 
            // you can retrieve it from a configuration file.
            return "Data Source=(local);Initial Catalog=Northwind;"
                + "Integrated Security=SSPI";
        }
    }
}
Option Explicit On
Option Strict On

Imports System.Data
Imports system.Data.SqlClient

Public Class NorthwindDataSet

    Public Shared Sub Main()
        Dim connectionString As String = _
            GetConnectionString()
        ConnectToData(connectionString)
    End Sub

    Private Shared Sub ConnectToData( _
        ByVal connectionString As String)

        ' Create a SqlConnection to the Northwind database.
        Using connection As SqlConnection = New SqlConnection( _
           connectionString)

            ' Create a SqlDataAdapter for the Suppliers table.
            Dim suppliersAdapter As SqlDataAdapter = _
               New SqlDataAdapter()

            ' A table mapping names the DataTable.
            suppliersAdapter.TableMappings.Add("Table", "Suppliers")

            ' Open the connection.
            connection.Open()
            Console.WriteLine("The SqlConnection is open.")

            ' Create a SqlCommand to retrieve Suppliers data.
            Dim suppliersCommand As New SqlCommand( _
               "SELECT SupplierID, CompanyName FROM dbo.Suppliers;", _
               connection)
            suppliersCommand.CommandType = CommandType.Text

            ' Set the SqlDataAdapter's SelectCommand.
            suppliersAdapter.SelectCommand = suppliersCommand

            ' Fill the DataSet.
            Dim dataSet As New DataSet("Suppliers")
            suppliersAdapter.Fill(dataSet)

            ' Create a second SqlDataAdapter and SqlCommand to get
            ' the Products table, a child table of Suppliers. 
            Dim productsAdapter As New SqlDataAdapter()
            productsAdapter.TableMappings.Add("Table", "Products")

            Dim productsCommand As New SqlCommand( _
               "SELECT ProductID, SupplierID FROM dbo.Products;", _
               connection)
            productsAdapter.SelectCommand = productsCommand

            ' Fill the DataSet.
            productsAdapter.Fill(dataSet)

            ' Close the connection.
            connection.Close()
            Console.WriteLine("The SqlConnection is closed.")

            ' Create a DataRelation to link the two tables
            ' based on the SupplierID.
            Dim parentColumn As DataColumn = _
               dataSet.Tables("Suppliers").Columns("SupplierID")
            Dim childColumn As DataColumn = _
               dataSet.Tables("Products").Columns("SupplierID")
            Dim relation As New DataRelation("SuppliersProducts", _
               parentColumn, childColumn)
            dataSet.Relations.Add(relation)

            Console.WriteLine( _
               "The {0} DataRelation has been created.", _
               relation.RelationName)
        End Using

    End Sub

    Private Shared Function GetConnectionString() As String
        ' To avoid storing the connection string in your code,  
        ' you can retrieve it from a configuration file.
        Return "Data Source=(local);Initial Catalog=Northwind;" _
           & "Integrated Security=SSPI;"
    End Function
End Class

注釈

DataSetは、データソースから取得されるデータのメモリ内キャッシュであるは、ADO.NET アーキテクチャの主要なコンポーネントです。The DataSet, which is an in-memory cache of data retrieved from a data source, is a major component of the ADO.NET architecture. DataSet 、オブジェクトを使用DataRelationDataTableて相互に関連付けることができるオブジェクトのコレクションで構成されます。The DataSet consists of a collection of DataTable objects that you can relate to each other with DataRelation objects. また、オブジェクトDataSet UniqueConstraintForeignKeyConstraintオブジェクトを使用して、でデータの整合性を強制することもできます。You can also enforce data integrity in the DataSet by using the UniqueConstraint and ForeignKeyConstraint objects. オブジェクトのDataSet操作の詳細については、「データセット、datatable、および dataviews」を参照してください。For further details about working with DataSet objects, see DataSets, DataTables, and DataViews.

オブジェクトDataTableにはデータが含まれDataRelationCollectionているのに対し、ではテーブル階層内を移動できます。Whereas DataTable objects contain the data, the DataRelationCollection allows you to navigate though the table hierarchy. テーブルは、プロパティをDataTableCollection Tables通じてアクセスされるに含まれています。The tables are contained in a DataTableCollection accessed through the Tables property. オブジェクトにDataTableアクセスするときは、条件付きで大文字と小文字を区別することに注意してください。When accessing DataTable objects, note that they are conditionally case sensitive. たとえば、"mydatatable DataTable " という名前が付けられ、別の名前が "mydatatable" の場合、いずれかのテーブルの検索に使用される文字列は、大文字と小文字が区別されると見なされます。For example, if one DataTable is named "mydatatable" and another is named "Mydatatable", a string used to search for one of the tables is regarded as case sensitive. ただし、"mydatatable" が存在し、"Mydatatable" が存在しない場合、検索文字列は大文字と小文字が区別されないと見なされます。However, if "mydatatable" exists and "Mydatatable" does not, the search string is regarded as case insensitive. オブジェクトのDataTable操作の詳細については、「 DataTable の作成」を参照してください。For more information about working with DataTable objects, see Creating a DataTable.

DataSet 、データとスキーマを XML ドキュメントとして読み書きできます。A DataSet can read and write data and schema as XML documents. その後、データとスキーマを HTTP で転送し、任意のアプリケーション (XML 対応の任意のプラットフォーム) で使用できます。The data and schema can then be transported across HTTP and used by any application, on any platform that is XML-enabled. スキーマは、 WriteXmlSchemaメソッドを使用して XML スキーマとして保存できます。また、スキーマとデータのWriteXml両方をメソッドを使用して保存できます。You can save the schema as an XML schema with the WriteXmlSchema method, and both schema and data can be saved using the WriteXml method. スキーマとデータの両方を含む XML ドキュメントを読み取るには、 ReadXmlメソッドを使用します。To read an XML document that includes both schema and data, use the ReadXml method.

一般的な多層実装ではDataSet、を作成および更新する手順と、元のデータを更新する手順は次のとおりです。In a typical multiple-tier implementation, the steps for creating and refreshing a DataSet, and in turn, updating the original data are to:

  1. を使用してDataTable DataSet、各にデータソースのデータを作成して入力します。DataAdapterBuild and fill each DataTable in a DataSet with data from a data source using a DataAdapter.

  2. オブジェクトを追加、更新DataTable 、または削除DataRowすることによって、個々のオブジェクトのデータを変更します。Change the data in individual DataTable objects by adding, updating, or deleting DataRow objects.

  3. メソッドを呼び出して、データへDataSetの変更のみを行う2番目のを作成します。 GetChangesInvoke the GetChanges method to create a second DataSet that features only the changes to the data.

  4. UpdateのメソッドDataAdapterを呼び出し、2番目DataSetのを引数として渡します。Call the Update method of the DataAdapter, passing the second DataSet as an argument.

  5. メソッドを呼び出して、2番目DataSetの変更を最初のにマージします。 MergeInvoke the Merge method to merge the changes from the second DataSet into the first.

  6. AcceptChangesDataSetを呼び出します。Invoke the AcceptChanges on the DataSet. または、 RejectChangesを呼び出して変更を取り消します。Alternatively, invoke RejectChanges to cancel the changes.

注意

オブジェクトDataSetDataTableオブジェクトはをMarshalByValueComponent継承し、リモートISerializable処理用のインターフェイスをサポートします。The DataSet and DataTable objects inherit from MarshalByValueComponent, and support the ISerializable interface for remoting. これらは、リモート処理ができる唯一の ADO.NET オブジェクトです。These are the only ADO.NET objects that can be remoted.

注意

DataSetDataSetはファイナライザーが抑制されているため、から継承されたクラスはガベージコレクターによって終了しません。Classes inherited from DataSet are not finalized by the garbage collector, because the finalizer has been suppressed in DataSet. 派生クラスは、コンストラクターでReRegisterForFinalizeメソッドを呼び出すことにより、クラスがガベージコレクターによって終了されるようにすることができます。The derived class can call the ReRegisterForFinalize method in its constructor to allow the class to be finalized by the garbage collector.

コンストラクター

DataSet()

DataSet クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the DataSet class.

DataSet(SerializationInfo, StreamingContext)

指定されたシリアル化情報とコンテキストを持つ DataSet クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of a DataSet class that has the given serialization information and context.

DataSet(SerializationInfo, StreamingContext, Boolean)

DataSet クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the DataSet class.

DataSet(String)

指定した名前で DataSet クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of a DataSet class with the given name.

プロパティ

CaseSensitive

DataTable オブジェクト内の文字列比較で大文字と小文字を区別するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether string comparisons within DataTable objects are case-sensitive.

Container

コンポーネントを格納するコンテナーを取得します。Gets the container for the component.

(継承元 MarshalByValueComponent)
DataSetName

現在の DataSet の名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the current DataSet.

DefaultViewManager

カスタム DataSet を使用してフィルター処理、検索、移動の各操作を行うことができる、DataViewManager に格納されているデータのカスタム ビューを取得します。Gets a custom view of the data contained in the DataSet to allow filtering, searching, and navigating using a custom DataViewManager.

DesignMode

コンポーネントが現在デザイン モードかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the component is currently in design mode.

(継承元 MarshalByValueComponent)
EnforceConstraints

更新操作を試みたときに操作が制約規則に従っているかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether constraint rules are followed when attempting any update operation.

Events

コンポーネントに結び付けられているイベント ハンドラーのリストを取得します。Gets the list of event handlers that are attached to this component.

(継承元 MarshalByValueComponent)
ExtendedProperties

DataSet に関連付けられている、カスタマイズされたユーザー情報のコレクションを取得します。Gets the collection of customized user information associated with the DataSet.

HasErrors

この DataTable 内の DataSet オブジェクトのいずれかにエラーがあるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether there are errors in any of the DataTable objects within this DataSet.

IsInitialized

DataSet が初期化されているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the DataSet is initialized.

Locale

テーブル内の文字列の比較に使用するロケール情報を取得または設定します。Gets or sets the locale information used to compare strings within the table.

Namespace

DataSet の名前空間を取得または設定します。Gets or sets the namespace of the DataSet.

Prefix

DataSet の名前空間に別名を付ける XML プリフィックスを取得または設定します。Gets or sets an XML prefix that aliases the namespace of the DataSet.

Relations

テーブルをリンクし、親テーブルから子テーブルへ移動できるようにするリレーションシップのコレクションが取得されます。Gets the collection of relations that link tables and allow navigation from parent tables to child tables.

RemotingFormat

リモート処理中に使用される SerializationFormatDataSet を取得または設定します。Gets or sets a SerializationFormat for the DataSet used during remoting.

SchemaSerializationMode

SchemaSerializationModeDataSet を取得または設定します。Gets or sets a SchemaSerializationMode for a DataSet.

Site

ISiteDataSet を取得または設定します。Gets or sets an ISite for the DataSet.

Tables

DataSet に格納されているテーブルのコレクションを取得します。Gets the collection of tables contained in the DataSet.

メソッド

AcceptChanges()

この DataSet の読み込み、または前回の AcceptChanges() の呼び出し以降にこのデータセットに対して行われたすべての変更をコミットします。Commits all the changes made to this DataSet since it was loaded or since the last time AcceptChanges() was called.

BeginInit()

フォームまたは別のコンポーネントで使用する DataSet の初期化を開始します。Begins the initialization of a DataSet that is used on a form or used by another component. 初期化は実行時に発生します。The initialization occurs at run time.

Clear()

すべてのテーブル内のすべての行を削除して、データの DataSet を消去します。Clears the DataSet of any data by removing all rows in all tables.

Clone()

すべての DataSet スキーマ、リレーションシップ、および制約を含め DataTable の構造体をコピーします。Copies the structure of the DataSet, including all DataTable schemas, relations, and constraints. データのコピーは行いません。Does not copy any data.

Copy()

この DataSet の構造体だけでなくデータもコピーします。Copies both the structure and data for this DataSet.

CreateDataReader()

DataTableReader ごとに 1 つの結果セットを含む DataTable を返します。順序は、Tables コレクション内のテーブルでの出現順序と同じです。Returns a DataTableReader with one result set per DataTable, in the same sequence as the tables appear in the Tables collection.

CreateDataReader(DataTable[])

1 つの DataTableReader につき 1 つの結果セットを含む DataTable を返します。Returns a DataTableReader with one result set per DataTable.

DetermineSchemaSerializationMode(SerializationInfo, StreamingContext)

SchemaSerializationModeDataSet を判別します。Determines the SchemaSerializationMode for a DataSet.

DetermineSchemaSerializationMode(XmlReader)

SchemaSerializationModeDataSet を判別します。Determines the SchemaSerializationMode for a DataSet.

Dispose()

MarshalByValueComponent によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the MarshalByValueComponent.

(継承元 MarshalByValueComponent)
Dispose(Boolean)

MarshalByValueComponent によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the MarshalByValueComponent and optionally releases the managed resources.

(継承元 MarshalByValueComponent)
EndInit()

フォームまたは別のコンポーネントで使用する DataSet の初期化を終了します。Ends the initialization of a DataSet that is used on a form or used by another component. 初期化は実行時に発生します。The initialization occurs at run time.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetChanges()

前回 DataSet を読み取るか、AcceptChanges() を呼び出した以降にこのデータセットに対して行われたすべての変更が格納されているこのデータセットのコピーを取得します。Gets a copy of the DataSet that contains all changes made to it since it was loaded or since AcceptChanges() was last called.

GetChanges(DataRowState)

前回 DataSet を読み取るか、AcceptChanges() を呼び出した以降にこのデータセットに対して行われたすべての変更が格納されているこのデータセットのコピーを、DataRowState によってフィルター処理した後で取得します。Gets a copy of the DataSet containing all changes made to it since it was last loaded, or since AcceptChanges() was called, filtered by DataRowState.

GetDataSetSchema(XmlSchemaSet)

データセットの XmlSchemaSet のコピーを取得します。Gets a copy of XmlSchemaSet for the DataSet.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

シリアル化情報オブジェクトを、DataSet のシリアル化に必要なデータで事前設定します。Populates a serialization information object with the data needed to serialize the DataSet.

GetSchemaSerializable()

シリアル化することができる XmlSchema インスタンスを返します。Returns a serializable XmlSchema instance.

GetSerializationData(SerializationInfo, StreamingContext)

バイナリまたは XML ストリームからテーブル データを逆シリアル化します。Deserializes the table data from the binary or XML stream.

GetService(Type)

IServiceProvider を実装しているオブジェクトを取得します。Gets the implementer of the IServiceProvider.

(継承元 MarshalByValueComponent)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
GetXml()

DataSet に格納されているデータの XML 表現を返します。Returns the XML representation of the data stored in the DataSet.

GetXmlSchema()

DataSet に格納されているデータの XML 表現の XML スキーマを返します。Returns the XML Schema for the XML representation of the data stored in the DataSet.

HasChanges()

DataSet に新しい行、削除された行、変更された行などの変更があるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the DataSet has changes, including new, deleted, or modified rows.

HasChanges(DataRowState)

DataSetDataRowState でフィルター処理された新しい行、削除された行、変更された行などの変更があるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the DataSet has changes, including new, deleted, or modified rows, filtered by DataRowState.

InferXmlSchema(Stream, String[])

指定した Stream の XML スキーマを DataSet に適用します。Applies the XML schema from the specified Stream to the DataSet.

InferXmlSchema(String, String[])

指定したファイルの XML スキーマを DataSet に適用します。Applies the XML schema from the specified file to the DataSet.

InferXmlSchema(TextReader, String[])

指定した TextReader の XML スキーマを DataSet に適用します。Applies the XML schema from the specified TextReader to the DataSet.

InferXmlSchema(XmlReader, String[])

指定した XmlReader の XML スキーマを DataSet に適用します。Applies the XML schema from the specified XmlReader to the DataSet.

InitializeDerivedDataSet()

バイナリまたは XML ストリームからデータセットのすべてのテーブル データを逆シリアル化します。Deserialize all of the tables data of the DataSet from the binary or XML stream.

IsBinarySerialized(SerializationInfo, StreamingContext)

DataSet のシリアル化された表現の形式を検査します。Inspects the format of the serialized representation of the DataSet.

Load(IDataReader, LoadOption, DataTable[])

指定した DataSet を使用するデータ ソースの値を IDataReader に格納し、DataTable インスタンスの配列を使用してスキーマ情報と名前空間情報を指定します。Fills a DataSet with values from a data source using the supplied IDataReader, using an array of DataTable instances to supply the schema and namespace information.

Load(IDataReader, LoadOption, FillErrorEventHandler, DataTable[])

指定した DataSet を使用するデータ ソースの値を IDataReader に格納し、DataTable インスタンスの配列を使用してスキーマ情報と名前空間情報を指定します。Fills a DataSet with values from a data source using the supplied IDataReader, using an array of DataTable instances to supply the schema and namespace information.

Load(IDataReader, LoadOption, String[])

指定した DataSet を使用するデータ ソースの値を IDataReader に格納し、文字列の配列を使用して DataSet 内のテーブルの名前を指定します。Fills a DataSet with values from a data source using the supplied IDataReader, using an array of strings to supply the names for the tables within the DataSet.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
Merge(DataRow[])

DataRow オブジェクトの配列を現在の DataSet にマージします。Merges an array of DataRow objects into the current DataSet.

Merge(DataRow[], Boolean, MissingSchemaAction)

DataRow オブジェクトの配列を現在の DataSet にマージします。指定した引数に従って、この DataSet に行われた変更を保持または破棄し、互換性のないスキーマを処理します。Merges an array of DataRow objects into the current DataSet, preserving or discarding changes in the DataSet and handling an incompatible schema according to the given arguments.

Merge(DataSet)

指定した DataSet およびそのスキーマを現在の DataSet にマージします。Merges a specified DataSet and its schema into the current DataSet.

Merge(DataSet, Boolean)

指定した DataSet およびそのスキーマを現在の DataSet にマージします。この DataSet に対して行われた変更は、指定した引数に従って保持または破棄します。Merges a specified DataSet and its schema into the current DataSet, preserving or discarding any changes in this DataSet according to the given argument.

Merge(DataSet, Boolean, MissingSchemaAction)

指定した DataSet およびそのスキーマを現在の DataSet にマージします。指定した引数に従って、この DataSet に行われた変更を保持または破棄し、互換性のないスキーマを処理します。Merges a specified DataSet and its schema with the current DataSet, preserving or discarding changes in the current DataSet and handling an incompatible schema according to the given arguments.

Merge(DataTable)

指定した DataTable およびそのスキーマを現在の DataSet にマージします。Merges a specified DataTable and its schema into the current DataSet.

Merge(DataTable, Boolean, MissingSchemaAction)

指定した DataTable およびそのスキーマを現在の DataSet にマージします。指定した引数に従って、この DataSet に行われた変更を保持または破棄し、互換性のないスキーマを処理します。Merges a specified DataTable and its schema into the current DataSet, preserving or discarding changes in the DataSet and handling an incompatible schema according to the given arguments.

OnPropertyChanging(PropertyChangedEventArgs)

OnPropertyChanging(PropertyChangedEventArgs) イベントを発生させます。Raises the OnPropertyChanging(PropertyChangedEventArgs) event.

OnRemoveRelation(DataRelation)

DataRelation から DataTable オブジェクトが削除されたときに発生します。Occurs when a DataRelation object is removed from a DataTable.

OnRemoveTable(DataTable)

DataTable から DataSet が削除されたときに発生します。Occurs when a DataTable is removed from a DataSet.

RaisePropertyChanging(String)

指定した DataSet プロパティがこれから変更されるという通知を送信します。Sends a notification that the specified DataSet property is about to change.

ReadXml(Stream)

指定した DataSet を使用して、XML スキーマとデータを Stream に読み込みます。Reads XML schema and data into the DataSet using the specified Stream.

ReadXml(Stream, XmlReadMode)

指定した DataSetStream を使用して、XML スキーマとデータを XmlReadMode に読み込みます。Reads XML schema and data into the DataSet using the specified Stream and XmlReadMode.

ReadXml(String)

指定したファイルを使用して、XML スキーマとデータを DataSet に読み込みます。Reads XML schema and data into the DataSet using the specified file.

ReadXml(String, XmlReadMode)

指定したファイルと DataSet を使用して、XML スキーマとデータを XmlReadMode に読み込みます。Reads XML schema and data into the DataSet using the specified file and XmlReadMode.

ReadXml(TextReader)

指定した DataSet を使用して、XML スキーマとデータを TextReader に読み込みます。Reads XML schema and data into the DataSet using the specified TextReader.

ReadXml(TextReader, XmlReadMode)

指定した DataSetTextReader を使用して、XML スキーマとデータを XmlReadMode に読み込みます。Reads XML schema and data into the DataSet using the specified TextReader and XmlReadMode.

ReadXml(XmlReader)

指定した DataSet を使用して、XML スキーマとデータを XmlReader に読み込みます。Reads XML schema and data into the DataSet using the specified XmlReader.

ReadXml(XmlReader, XmlReadMode)

指定した DataSetXmlReader を使用して、XML スキーマとデータを XmlReadMode に読み込みます。Reads XML schema and data into the DataSet using the specified XmlReader and XmlReadMode.

ReadXmlSchema(Stream)

指定した Stream から DataSet に XML スキーマを読み込みます。Reads the XML schema from the specified Stream into the DataSet.

ReadXmlSchema(String)

指定したファイルから DataSet に XML スキーマを読み込みます。Reads the XML schema from the specified file into the DataSet.

ReadXmlSchema(TextReader)

指定した TextReader から DataSet に XML スキーマを読み込みます。Reads the XML schema from the specified TextReader into the DataSet.

ReadXmlSchema(XmlReader)

指定した XmlReader から DataSet に XML スキーマを読み込みます。Reads the XML schema from the specified XmlReader into the DataSet.

ReadXmlSerializable(XmlReader)

属性を無視して、空のデータセットを返します。Ignores attributes and returns an empty DataSet.

RejectChanges()

この DataSet を作成するか、前回 AcceptChanges() を呼び出した以降にこのデータセットに対して行われたすべての変更をロールバックします。Rolls back all the changes made to the DataSet since it was created, or since the last time AcceptChanges() was called.

Reset()

すべてのテーブルをクリアし、DataSetからすべての関係、外部の制約、テーブルを削除します。Clears all tables and removes all relations, foreign constraints, and tables from the DataSet. サブクラスが Reset() をオーバーライドして DataSet を元の状態に戻す必要があります。Subclasses should override Reset() to restore a DataSet to its original state.

ShouldSerializeRelations()

Relations プロパティを永続化する必要があるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether Relations property should be persisted.

ShouldSerializeTables()

Tables プロパティを永続化する必要があるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether Tables property should be persisted.

ToString()

Component の名前 (存在する場合) を格納する String を返します。Returns a String containing the name of the Component, if any. このメソッドはオーバーライドできません。This method should not be overridden.

(継承元 MarshalByValueComponent)
WriteXml(Stream)

指定した DataSet を使用して Stream の現在のデータを書き込みます。Writes the current data for the DataSet using the specified Stream.

WriteXml(Stream, XmlWriteMode)

指定した DataSetStream を使用して、XmlWriteMode の現在のデータを書き込みます。オプションでスキーマを書き込むこともできます。Writes the current data, and optionally the schema, for the DataSet using the specified Stream and XmlWriteMode. スキーマを書き込むには、mode パラメーターの値を WriteSchema に設定します。To write the schema, set the value for the mode parameter to WriteSchema.

WriteXml(String)

指定したファイルに、DataSet の現在のデータを書き込みます。Writes the current data for the DataSet to the specified file.

WriteXml(String, XmlWriteMode)

指定した DataSet を使用して、XmlWriteMode の現在のデータを、指定したファイルに書き込みます。オプションでスキーマを書き込むこともできます。Writes the current data, and optionally the schema, for the DataSet to the specified file using the specified XmlWriteMode. スキーマを書き込むには、mode パラメーターの値を WriteSchema に設定します。To write the schema, set the value for the mode parameter to WriteSchema.

WriteXml(TextWriter)

指定した DataSet を使用して TextWriter の現在のデータを書き込みます。Writes the current data for the DataSet using the specified TextWriter.

WriteXml(TextWriter, XmlWriteMode)

指定した DataSetTextWriter を使用して、XmlWriteMode の現在のデータを書き込みます。オプションでスキーマを書き込むこともできます。Writes the current data, and optionally the schema, for the DataSet using the specified TextWriter and XmlWriteMode. スキーマを書き込むには、mode パラメーターの値を WriteSchema に設定します。To write the schema, set the value for the mode parameter to WriteSchema.

WriteXml(XmlWriter)

指定した DataSet に、XmlWriter の現在のデータを書き込みます。Writes the current data for the DataSet to the specified XmlWriter.

WriteXml(XmlWriter, XmlWriteMode)

指定した DataSetXmlWriter を使用して、XmlWriteMode の現在のデータを書き込みます。オプションでスキーマを書き込むこともできます。Writes the current data, and optionally the schema, for the DataSet using the specified XmlWriter and XmlWriteMode. スキーマを書き込むには、mode パラメーターの値を WriteSchema に設定します。To write the schema, set the value for the mode parameter to WriteSchema.

WriteXmlSchema(Stream)

XML スキーマとして DataSet 構造体を指定した Stream オブジェクトに書き込みます。Writes the DataSet structure as an XML schema to the specified Stream object.

WriteXmlSchema(Stream, Converter<Type,String>)

XML スキーマとして DataSet 構造体を指定した Stream オブジェクトに書き込みます。Writes the DataSet structure as an XML schema to the specified Stream object.

WriteXmlSchema(String)

DataSet 構造体を XML スキーマとしてファイルに書き込みます。Writes the DataSet structure as an XML schema to a file.

WriteXmlSchema(String, Converter<Type,String>)

DataSet 構造体を XML スキーマとしてファイルに書き込みます。Writes the DataSet structure as an XML schema to a file.

WriteXmlSchema(TextWriter)

XML スキーマとして DataSet 構造体を指定した TextWriter オブジェクトに書き込みます。Writes the DataSet structure as an XML schema to the specified TextWriter object.

WriteXmlSchema(TextWriter, Converter<Type,String>)

指定した DataSet に対し、TextWriter 構造体を XML スキーマとして書き込みます。Writes the DataSet structure as an XML schema to the specified TextWriter.

WriteXmlSchema(XmlWriter)

DataSet 構造体を XML スキーマとして XmlWriter オブジェクトに書き込みます。Writes the DataSet structure as an XML schema to an XmlWriter object.

WriteXmlSchema(XmlWriter, Converter<Type,String>)

指定した DataSet に対し、XmlWriter 構造体を XML スキーマとして書き込みます。Writes the DataSet structure as an XML schema to the specified XmlWriter.

イベント

Disposed

コンポーネントの Disposed イベントを待機するイベント ハンドラーを追加します。Adds an event handler to listen to the Disposed event on the component.

(継承元 MarshalByValueComponent)
Initialized

DataSet が初期化された後に発生します。Occurs after the DataSet is initialized.

MergeFailed

ターゲットとソースの DataRow に同じ主キー値が格納されていて、EnforceConstraints が true に設定されているときに発生します。Occurs when a target and source DataRow have the same primary key value, and EnforceConstraints is set to true.

明示的なインターフェイスの実装

IListSource.ContainsListCollection

このメンバーの説明については、ContainsListCollection のトピックを参照してください。For a description of this member, see ContainsListCollection.

IListSource.GetList()

このメンバーの詳細については、「GetList()」をご覧ください。For a description of this member, see GetList().

ISerializable.GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

シリアル化情報オブジェクトを、DataSet のシリアル化に必要なデータで事前設定します。Populates a serialization information object with the data needed to serialize the DataSet.

IXmlSerializable.GetSchema()

このメンバーの説明については、GetSchema() のトピックを参照してください。For a description of this member, see GetSchema().

IXmlSerializable.ReadXml(XmlReader)

このメンバーの詳細については、「ReadXml(XmlReader)」をご覧ください。For a description of this member, see ReadXml(XmlReader).

IXmlSerializable.WriteXml(XmlWriter)

このメンバーの説明については、WriteXml(XmlWriter) のトピックを参照してください。For a description of this member, see WriteXml(XmlWriter).

適用対象

スレッド セーフ

この型は、マルチスレッドの読み取り操作に対して安全です。This type is safe for multithreaded read operations. 書き込み操作はすべて同期する必要があります。You must synchronize any write operations.

こちらもご覧ください