DataSet クラス

定義

データのメモリ内キャッシュを表します。

public ref class DataSet : System::ComponentModel::MarshalByValueComponent, System::ComponentModel::IListSource, System::ComponentModel::ISupportInitialize, System::ComponentModel::ISupportInitializeNotification, System::Runtime::Serialization::ISerializable, System::Xml::Serialization::IXmlSerializable
public ref class DataSet : System::ComponentModel::MarshalByValueComponent, System::ComponentModel::IListSource, System::ComponentModel::ISupportInitialize, System::Runtime::Serialization::ISerializable, System::Xml::Serialization::IXmlSerializable
public ref class DataSet : System::ComponentModel::MarshalByValueComponent, System::ComponentModel::IListSource, System::ComponentModel::ISupportInitializeNotification, System::Runtime::Serialization::ISerializable, System::Xml::Serialization::IXmlSerializable
public class DataSet : System.ComponentModel.MarshalByValueComponent, System.ComponentModel.IListSource, System.ComponentModel.ISupportInitialize, System.ComponentModel.ISupportInitializeNotification, System.Runtime.Serialization.ISerializable, System.Xml.Serialization.IXmlSerializable
[System.Serializable]
public class DataSet : System.ComponentModel.MarshalByValueComponent, System.ComponentModel.IListSource, System.ComponentModel.ISupportInitialize, System.Runtime.Serialization.ISerializable, System.Xml.Serialization.IXmlSerializable
[System.Serializable]
public class DataSet : System.ComponentModel.MarshalByValueComponent, System.ComponentModel.IListSource, System.ComponentModel.ISupportInitializeNotification, System.Runtime.Serialization.ISerializable, System.Xml.Serialization.IXmlSerializable
public class DataSet : System.ComponentModel.MarshalByValueComponent, System.ComponentModel.IListSource, System.ComponentModel.ISupportInitializeNotification, System.Runtime.Serialization.ISerializable, System.Xml.Serialization.IXmlSerializable
type DataSet = class
    inherit MarshalByValueComponent
    interface IListSource
    interface ISupportInitialize
    interface ISupportInitializeNotification
    interface ISerializable
    interface IXmlSerializable
[<System.Serializable>]
type DataSet = class
    inherit MarshalByValueComponent
    interface IListSource
    interface IXmlSerializable
    interface ISupportInitialize
    interface ISerializable
[<System.Serializable>]
type DataSet = class
    inherit MarshalByValueComponent
    interface IListSource
    interface IXmlSerializable
    interface ISupportInitializeNotification
    interface ISupportInitialize
    interface ISerializable
[<System.Serializable>]
type DataSet = class
    inherit MarshalByValueComponent
    interface IListSource
    interface IXmlSerializable
    interface ISupportInitializeNotification
    interface ISerializable
    interface ISupportInitialize
Public Class DataSet
Inherits MarshalByValueComponent
Implements IListSource, ISerializable, ISupportInitialize, ISupportInitializeNotification, IXmlSerializable
Public Class DataSet
Inherits MarshalByValueComponent
Implements IListSource, ISerializable, ISupportInitialize, IXmlSerializable
Public Class DataSet
Inherits MarshalByValueComponent
Implements IListSource, ISerializable, ISupportInitializeNotification, IXmlSerializable
継承
属性
実装

次の例は、Northwind データベースから を結合、作成、入力する複数の DataSet メソッドで構成 されています。

using System;
using System.Data;
using System.Data.SqlClient;

namespace Microsoft.AdoNet.DataSetDemo
{
    class NorthwindDataSet
    {
        static void Main()
        {
            string connectionString = GetConnectionString();
            ConnectToData(connectionString);
        }

        private static void ConnectToData(string connectionString)
        {
            //Create a SqlConnection to the Northwind database.
            using (SqlConnection connection =
                       new SqlConnection(connectionString))
            {
                //Create a SqlDataAdapter for the Suppliers table.
                SqlDataAdapter adapter = new SqlDataAdapter();

                // A table mapping names the DataTable.
                adapter.TableMappings.Add("Table", "Suppliers");

                // Open the connection.
                connection.Open();
                Console.WriteLine("The SqlConnection is open.");

                // Create a SqlCommand to retrieve Suppliers data.
                SqlCommand command = new SqlCommand(
                    "SELECT SupplierID, CompanyName FROM dbo.Suppliers;",
                    connection);
                command.CommandType = CommandType.Text;

                // Set the SqlDataAdapter's SelectCommand.
                adapter.SelectCommand = command;

                // Fill the DataSet.
                DataSet dataSet = new DataSet("Suppliers");
                adapter.Fill(dataSet);

                // Create a second Adapter and Command to get
                // the Products table, a child table of Suppliers.
                SqlDataAdapter productsAdapter = new SqlDataAdapter();
                productsAdapter.TableMappings.Add("Table", "Products");

                SqlCommand productsCommand = new SqlCommand(
                    "SELECT ProductID, SupplierID FROM dbo.Products;",
                    connection);
                productsAdapter.SelectCommand = productsCommand;

                // Fill the DataSet.
                productsAdapter.Fill(dataSet);

                // Close the connection.
                connection.Close();
                Console.WriteLine("The SqlConnection is closed.");

                // Create a DataRelation to link the two tables
                // based on the SupplierID.
                DataColumn parentColumn =
                    dataSet.Tables["Suppliers"].Columns["SupplierID"];
                DataColumn childColumn =
                    dataSet.Tables["Products"].Columns["SupplierID"];
                DataRelation relation =
                    new System.Data.DataRelation("SuppliersProducts",
                    parentColumn, childColumn);
                dataSet.Relations.Add(relation);
                Console.WriteLine(
                    "The {0} DataRelation has been created.",
                    relation.RelationName);
            }
        }

        static private string GetConnectionString()
        {
            // To avoid storing the connection string in your code,
            // you can retrieve it from a configuration file.
            return "Data Source=(local);Initial Catalog=Northwind;"
                + "Integrated Security=SSPI";
        }
    }
}
Option Explicit On
Option Strict On

Imports System.Data
Imports system.Data.SqlClient

Public Class NorthwindDataSet

    Public Shared Sub Main()
        Dim connectionString As String = _
            GetConnectionString()
        ConnectToData(connectionString)
    End Sub

    Private Shared Sub ConnectToData( _
        ByVal connectionString As String)

        ' Create a SqlConnection to the Northwind database.
        Using connection As SqlConnection = New SqlConnection( _
           connectionString)

            ' Create a SqlDataAdapter for the Suppliers table.
            Dim suppliersAdapter As SqlDataAdapter = _
               New SqlDataAdapter()

            ' A table mapping names the DataTable.
            suppliersAdapter.TableMappings.Add("Table", "Suppliers")

            ' Open the connection.
            connection.Open()
            Console.WriteLine("The SqlConnection is open.")

            ' Create a SqlCommand to retrieve Suppliers data.
            Dim suppliersCommand As New SqlCommand( _
               "SELECT SupplierID, CompanyName FROM dbo.Suppliers;", _
               connection)
            suppliersCommand.CommandType = CommandType.Text

            ' Set the SqlDataAdapter's SelectCommand.
            suppliersAdapter.SelectCommand = suppliersCommand

            ' Fill the DataSet.
            Dim dataSet As New DataSet("Suppliers")
            suppliersAdapter.Fill(dataSet)

            ' Create a second SqlDataAdapter and SqlCommand to get
            ' the Products table, a child table of Suppliers. 
            Dim productsAdapter As New SqlDataAdapter()
            productsAdapter.TableMappings.Add("Table", "Products")

            Dim productsCommand As New SqlCommand( _
               "SELECT ProductID, SupplierID FROM dbo.Products;", _
               connection)
            productsAdapter.SelectCommand = productsCommand

            ' Fill the DataSet.
            productsAdapter.Fill(dataSet)

            ' Close the connection.
            connection.Close()
            Console.WriteLine("The SqlConnection is closed.")

            ' Create a DataRelation to link the two tables
            ' based on the SupplierID.
            Dim parentColumn As DataColumn = _
               dataSet.Tables("Suppliers").Columns("SupplierID")
            Dim childColumn As DataColumn = _
               dataSet.Tables("Products").Columns("SupplierID")
            Dim relation As New DataRelation("SuppliersProducts", _
               parentColumn, childColumn)
            dataSet.Relations.Add(relation)

            Console.WriteLine( _
               "The {0} DataRelation has been created.", _
               relation.RelationName)
        End Using

    End Sub

    Private Shared Function GetConnectionString() As String
        ' To avoid storing the connection string in your code,  
        ' you can retrieve it from a configuration file.
        Return "Data Source=(local);Initial Catalog=Northwind;" _
           & "Integrated Security=SSPI;"
    End Function
End Class

注釈

データ ソースから取得されたデータのメモリ内キャッシュである は、データ ソース アーキテクチャの主要 DataSet ADO.NET です。 は DataSet 、 オブジェクトと互いに DataTable 関連付け可能な オブジェクトのコレクションで構成 DataRelation されます。 オブジェクトと オブジェクトを使用して、 で DataSet データの整合性を UniqueConstraint 適用 ForeignKeyConstraint することもできます。 オブジェクトの操作の詳細については DataSet 、「DataSets、DataTable、DataViews」を参照してください

オブジェクトには DataTable データが含まれているのに対し、 では DataRelationCollection テーブル階層内を移動できます。 テーブルは、 プロパティを介して DataTableCollection アクセスされる に含 Tables まれています。 オブジェクトにアクセス DataTable する場合は、条件付きで大文字と小文字が区別されます。 たとえば、1 つが "mydatatable" という名前で、もう 1 つが "Mydatatable" という名前の場合、テーブルの 1 つを検索するために使用される文字列は大文字と小文字が区別 DataTable されます。 ただし、"mydatatable" が存在し、"Mydatatable" が存在しない場合、検索文字列は大文字と小文字を区別しないと見なされます。 オブジェクトの操作の詳細については DataTable 、「DataTable の作成」を参照してください

DataSet 、データとスキーマを XML ドキュメントとして読み書きできます。 その後、データとスキーマを HTTP 間で転送し、XML 対応の任意のプラットフォーム上の任意のアプリケーションで使用できます。 メソッドを使用してスキーマを XML スキーマとして保存し、 メソッドを使用してスキーマとデータ WriteXmlSchema の両方を保存 WriteXml できます。 スキーマとデータの両方を含む XML ドキュメントを読み取る場合は、 メソッドを使用 ReadXml します。

一般的な複数層実装では、 を作成および更新し、さらに元のデータを更新する手順 DataSet は次のとおりです。

  1. を使用して、 DataTable 各 を構築し DataSet 、データ ソースからのデータをに入力します DataAdapter

  2. オブジェクトを追加、更新 DataTable 、または削除して、個々のオブジェクトのデータを変更 DataRow します。

  3. メソッドを GetChanges 呼び出して、データに対する変更 DataSet のみを特徴とする 2 つ目の を作成します。

  4. の メソッド Update を呼び出 DataAdapter し、2 番目の を DataSet 引数として渡します。

  5. メソッドを Merge 呼び出して、2 番目から 1 番目のに DataSet 変更をマージします。

  6. で を AcceptChanges 呼び出します DataSet 。 または、 を呼び出 RejectChanges して変更を取り消します。

注意

オブジェクト DataSetDataTable オブジェクトは から継承 MarshalByValueComponent し、リモート処理 ISerializable 用の インターフェイスをサポートします。 これらは、リモート処理ができる唯一の ADO.NET オブジェクトです。

注意

から継承されたクラスは、 でファイナライザーが抑制されたため、ガベージ コレクター DataSet によって終了されません DataSet 。 派生クラスは、そのコンストラクターで メソッドを呼び出して、ガベージ コレクターによってクラスを終了 ReRegisterForFinalize することができます。

セキュリティの考慮事項

DataSet と DataTable のセキュリティについては、「セキュリティ ガイダンス」 を参照してください

コンストラクター

DataSet()

DataSet クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DataSet(SerializationInfo, StreamingContext)

指定されたシリアル化情報とコンテキストを持つ DataSet クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DataSet(SerializationInfo, StreamingContext, Boolean)

DataSet クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DataSet(String)

指定した名前で DataSet クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

CaseSensitive

DataTable オブジェクト内の文字列比較で大文字と小文字を区別するかどうかを示す値を取得または設定します。

Container

コンポーネントを格納するコンテナーを取得します。

(継承元 MarshalByValueComponent)
DataSetName

現在の DataSet の名前を取得または設定します。

DefaultViewManager

カスタム DataSet を使用してフィルター処理、検索、移動の各操作を行うことができる、DataViewManager に格納されているデータのカスタム ビューを取得します。

DesignMode

コンポーネントが現在デザイン モードかどうかを示す値を取得します。

(継承元 MarshalByValueComponent)
EnforceConstraints

更新操作を試みたときに操作が制約規則に従っているかどうかを示す値を取得または設定します。

Events

コンポーネントに結び付けられているイベント ハンドラーのリストを取得します。

(継承元 MarshalByValueComponent)
ExtendedProperties

DataSet に関連付けられている、カスタマイズされたユーザー情報のコレクションを取得します。

HasErrors

この DataTable 内の DataSet オブジェクトのいずれかにエラーがあるかどうかを示す値を取得します。

IsInitialized

DataSet が初期化されているかどうかを示す値を取得します。

Locale

テーブル内の文字列の比較に使用するロケール情報を取得または設定します。

Namespace

DataSet の名前空間を取得または設定します。

Prefix

DataSet の名前空間に別名を付ける XML プリフィックスを取得または設定します。

Relations

テーブルをリンクし、親テーブルから子テーブルへ移動できるようにするリレーションシップのコレクションが取得されます。

RemotingFormat

リモート処理中に使用される SerializationFormatDataSet を取得または設定します。

SchemaSerializationMode

SchemaSerializationModeDataSet を取得または設定します。

Site

ISiteDataSet を取得または設定します。

Tables

DataSet に格納されているテーブルのコレクションを取得します。

メソッド

AcceptChanges()

この DataSet の読み込み、または前回の AcceptChanges() の呼び出し以降にこのデータセットに対して行われたすべての変更をコミットします。

BeginInit()

フォームまたは別のコンポーネントで使用する DataSet の初期化を開始します。 初期化は実行時に発生します。

Clear()

すべてのテーブル内のすべての行を削除して、データの DataSet を消去します。

Clone()

すべての DataSet スキーマ、リレーションシップ、および制約を含め DataTable の構造体をコピーします。 データのコピーは行いません。

Copy()

この DataSet の構造体だけでなくデータもコピーします。

CreateDataReader()

DataTableReader ごとに 1 つの結果セットを含む DataTable を返します。順序は、Tables コレクション内のテーブルでの出現順序と同じです。

CreateDataReader(DataTable[])

1 つの DataTableReader につき 1 つの結果セットを含む DataTable を返します。

DetermineSchemaSerializationMode(SerializationInfo, StreamingContext)

SchemaSerializationModeDataSet を判別します。

DetermineSchemaSerializationMode(XmlReader)

SchemaSerializationModeDataSet を判別します。

Dispose()

MarshalByValueComponent によって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 MarshalByValueComponent)
Dispose(Boolean)

MarshalByValueComponent によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

(継承元 MarshalByValueComponent)
EndInit()

フォームまたは別のコンポーネントで使用する DataSet の初期化を終了します。 初期化は実行時に発生します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetChanges()

前回 DataSet を読み取るか、AcceptChanges() を呼び出した以降にこのデータセットに対して行われたすべての変更が格納されているこのデータセットのコピーを取得します。

GetChanges(DataRowState)

前回 DataSet を読み取るか、AcceptChanges() を呼び出した以降にこのデータセットに対して行われたすべての変更が格納されているこのデータセットのコピーを、DataRowState によってフィルター処理した後で取得します。

GetDataSetSchema(XmlSchemaSet)

データセットの XmlSchemaSet のコピーを取得します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

シリアル化情報オブジェクトを、DataSet のシリアル化に必要なデータで事前設定します。

GetSchemaSerializable()

シリアル化することができる XmlSchema インスタンスを返します。

GetSerializationData(SerializationInfo, StreamingContext)

バイナリまたは XML ストリームからテーブル データを逆シリアル化します。

GetService(Type)

IServiceProvider を実装しているオブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByValueComponent)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
GetXml()

DataSet に格納されているデータの XML 表現を返します。

GetXmlSchema()

DataSet に格納されているデータの XML 表現の XML スキーマを返します。

HasChanges()

DataSet に新しい行、削除された行、変更された行などの変更があるかどうかを示す値を取得します。

HasChanges(DataRowState)

DataSetDataRowState でフィルター処理された新しい行、削除された行、変更された行などの変更があるかどうかを示す値を取得します。

InferXmlSchema(Stream, String[])

指定した Stream の XML スキーマを DataSet に適用します。

InferXmlSchema(String, String[])

指定したファイルの XML スキーマを DataSet に適用します。

InferXmlSchema(TextReader, String[])

指定した TextReader の XML スキーマを DataSet に適用します。

InferXmlSchema(XmlReader, String[])

指定した XmlReader の XML スキーマを DataSet に適用します。

InitializeDerivedDataSet()

バイナリまたは XML ストリームからデータセットのすべてのテーブル データを逆シリアル化します。

IsBinarySerialized(SerializationInfo, StreamingContext)

DataSet のシリアル化された表現の形式を検査します。

Load(IDataReader, LoadOption, DataTable[])

指定した DataSet を使用するデータ ソースの値を IDataReader に格納し、DataTable インスタンスの配列を使用してスキーマ情報と名前空間情報を指定します。

Load(IDataReader, LoadOption, FillErrorEventHandler, DataTable[])

指定した DataSet を使用するデータ ソースの値を IDataReader に格納し、DataTable インスタンスの配列を使用してスキーマ情報と名前空間情報を指定します。

Load(IDataReader, LoadOption, String[])

指定した DataSet を使用するデータ ソースの値を IDataReader に格納し、文字列の配列を使用して DataSet 内のテーブルの名前を指定します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
Merge(DataRow[])

DataRow オブジェクトの配列を現在の DataSet にマージします。

Merge(DataRow[], Boolean, MissingSchemaAction)

DataRow オブジェクトの配列を現在の DataSet にマージします。指定した引数に従って、この DataSet に行われた変更を保持または破棄し、互換性のないスキーマを処理します。

Merge(DataSet)

指定した DataSet およびそのスキーマを現在の DataSet にマージします。

Merge(DataSet, Boolean)

指定した DataSet およびそのスキーマを現在の DataSet にマージします。この DataSet に対して行われた変更は、指定した引数に従って保持または破棄します。

Merge(DataSet, Boolean, MissingSchemaAction)

指定した DataSet およびそのスキーマを現在の DataSet にマージします。指定した引数に従って、この DataSet に行われた変更を保持または破棄し、互換性のないスキーマを処理します。

Merge(DataTable)

指定した DataTable およびそのスキーマを現在の DataSet にマージします。

Merge(DataTable, Boolean, MissingSchemaAction)

指定した DataTable およびそのスキーマを現在の DataSet にマージします。指定した引数に従って、この DataSet に行われた変更を保持または破棄し、互換性のないスキーマを処理します。

OnPropertyChanging(PropertyChangedEventArgs)

OnPropertyChanging(PropertyChangedEventArgs) イベントを発生させます。

OnRemoveRelation(DataRelation)

DataRelation から DataTable オブジェクトが削除されたときに発生します。

OnRemoveTable(DataTable)

DataTable から DataSet が削除されたときに発生します。

RaisePropertyChanging(String)

指定した DataSet プロパティがこれから変更されるという通知を送信します。

ReadXml(Stream)

指定した DataSet を使用して、XML スキーマとデータを Stream に読み込みます。

ReadXml(Stream, XmlReadMode)

指定した DataSetStream を使用して、XML スキーマとデータを XmlReadMode に読み込みます。

ReadXml(String)

指定したファイルを使用して、XML スキーマとデータを DataSet に読み込みます。

ReadXml(String, XmlReadMode)

指定したファイルと DataSet を使用して、XML スキーマとデータを XmlReadMode に読み込みます。

ReadXml(TextReader)

指定した DataSet を使用して、XML スキーマとデータを TextReader に読み込みます。

ReadXml(TextReader, XmlReadMode)

指定した DataSetTextReader を使用して、XML スキーマとデータを XmlReadMode に読み込みます。

ReadXml(XmlReader)

指定した DataSet を使用して、XML スキーマとデータを XmlReader に読み込みます。

ReadXml(XmlReader, XmlReadMode)

指定した DataSetXmlReader を使用して、XML スキーマとデータを XmlReadMode に読み込みます。

ReadXmlSchema(Stream)

指定した Stream から DataSet に XML スキーマを読み込みます。

ReadXmlSchema(String)

指定したファイルから DataSet に XML スキーマを読み込みます。

ReadXmlSchema(TextReader)

指定した TextReader から DataSet に XML スキーマを読み込みます。

ReadXmlSchema(XmlReader)

指定した XmlReader から DataSet に XML スキーマを読み込みます。

ReadXmlSerializable(XmlReader)

属性を無視して、空のデータセットを返します。

RejectChanges()

この DataSet を作成するか、前回 AcceptChanges() を呼び出した以降にこのデータセットに対して行われたすべての変更をロールバックします。

Reset()

すべてのテーブルをクリアし、DataSetからすべての関係、外部の制約、テーブルを削除します。 サブクラスが Reset() をオーバーライドして DataSet を元の状態に戻す必要があります。

ShouldSerializeRelations()

Relations プロパティを永続化する必要があるかどうかを示す値を取得します。

ShouldSerializeTables()

Tables プロパティを永続化する必要があるかどうかを示す値を取得します。

ToString()

Component の名前 (存在する場合) を格納する String を返します。 このメソッドはオーバーライドできません。

(継承元 MarshalByValueComponent)
WriteXml(Stream)

指定した DataSet を使用して Stream の現在のデータを書き込みます。

WriteXml(Stream, XmlWriteMode)

指定した DataSetStream を使用して、XmlWriteMode の現在のデータを書き込みます。オプションでスキーマを書き込むこともできます。 スキーマを書き込むには、mode パラメーターの値を WriteSchema に設定します。

WriteXml(String)

指定したファイルに、DataSet の現在のデータを書き込みます。

WriteXml(String, XmlWriteMode)

指定した DataSet を使用して、XmlWriteMode の現在のデータを、指定したファイルに書き込みます。オプションでスキーマを書き込むこともできます。 スキーマを書き込むには、mode パラメーターの値を WriteSchema に設定します。

WriteXml(TextWriter)

指定した DataSet を使用して TextWriter の現在のデータを書き込みます。

WriteXml(TextWriter, XmlWriteMode)

指定した DataSetTextWriter を使用して、XmlWriteMode の現在のデータを書き込みます。オプションでスキーマを書き込むこともできます。 スキーマを書き込むには、mode パラメーターの値を WriteSchema に設定します。

WriteXml(XmlWriter)

指定した DataSet に、XmlWriter の現在のデータを書き込みます。

WriteXml(XmlWriter, XmlWriteMode)

指定した DataSetXmlWriter を使用して、XmlWriteMode の現在のデータを書き込みます。オプションでスキーマを書き込むこともできます。 スキーマを書き込むには、mode パラメーターの値を WriteSchema に設定します。

WriteXmlSchema(Stream)

XML スキーマとして DataSet 構造体を指定した Stream オブジェクトに書き込みます。

WriteXmlSchema(Stream, Converter<Type,String>)

XML スキーマとして DataSet 構造体を指定した Stream オブジェクトに書き込みます。

WriteXmlSchema(String)

DataSet 構造体を XML スキーマとしてファイルに書き込みます。

WriteXmlSchema(String, Converter<Type,String>)

DataSet 構造体を XML スキーマとしてファイルに書き込みます。

WriteXmlSchema(TextWriter)

XML スキーマとして DataSet 構造体を指定した TextWriter オブジェクトに書き込みます。

WriteXmlSchema(TextWriter, Converter<Type,String>)

指定した DataSet に対し、TextWriter 構造体を XML スキーマとして書き込みます。

WriteXmlSchema(XmlWriter)

DataSet 構造体を XML スキーマとして XmlWriter オブジェクトに書き込みます。

WriteXmlSchema(XmlWriter, Converter<Type,String>)

指定した DataSet に対し、XmlWriter 構造体を XML スキーマとして書き込みます。

イベント

Disposed

コンポーネントの Disposed イベントを待機するイベント ハンドラーを追加します。

(継承元 MarshalByValueComponent)
Initialized

DataSet が初期化された後に発生します。

MergeFailed

ターゲットとソースの DataRow に同じ主キー値が格納されていて、EnforceConstraints が true に設定されているときに発生します。

明示的なインターフェイスの実装

IListSource.ContainsListCollection

このメンバーの詳細については、「ContainsListCollection」をご覧ください。

IListSource.GetList()

このメンバーの詳細については、「GetList()」をご覧ください。

ISerializable.GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

シリアル化情報オブジェクトを、DataSet のシリアル化に必要なデータで事前設定します。

IXmlSerializable.GetSchema()

このメンバーの詳細については、「GetSchema()」をご覧ください。

IXmlSerializable.ReadXml(XmlReader)

このメンバーの詳細については、「ReadXml(XmlReader)」をご覧ください。

IXmlSerializable.WriteXml(XmlWriter)

このメンバーの詳細については、「WriteXml(XmlWriter)」をご覧ください。

適用対象

スレッド セーフ

この型は、マルチスレッドの読み取り操作に対して安全です。 書き込み操作を同期する必要があります。

こちらもご覧ください