DateTime.AddDays(Double) メソッド

定義

このインスタンスの値に、指定された日数を加算した新しい DateTime を返します。

public:
 DateTime AddDays(double value);
public DateTime AddDays (double value);
member this.AddDays : double -> DateTime
Public Function AddDays (value As Double) As DateTime

パラメーター

value
Double

整数部と小数部から成る日数。 value パラメーターは、正または負のどちらの場合もあります。

戻り値

DateTime

このインスタンスで表された日付と時刻に value で表された日数を加算した値を保持するオブジェクト。

例外

結果として返された DateTimeMinValue より小さいか、MaxValue より大きいです。

次の例では、 AddDays メソッドを使用して、現在の日付から 36 日後の週の日付を決定します。

using namespace System;

int main()
{
   // Calculate what day of the week is 36 days from this instant.
   DateTime today = System::DateTime::Now;
   DateTime answer = today.AddDays( 36 );
   Console::WriteLine("Today: {0:dddd}", today);
   Console::WriteLine("36 days from today: {0:dddd}", answer);
}
// The example displays output like the following:
//       Today: Wednesday
//       36 days from today: Thursday
using System;

class Class1
{
    static void Main()
    {
        DateTime today = DateTime.Now;
        DateTime answer = today.AddDays(36);
        Console.WriteLine("Today: {0:dddd}", today);
        Console.WriteLine("36 days from today: {0:dddd}", answer);
    }
}
// The example displays output like the following:
//       Today: Wednesday
//       36 days from today: Thursday
Class Class1
   Public Shared Sub Main()
      Dim today As System.DateTime
      Dim answer As System.DateTime

      today = System.DateTime.Now
      answer = today.AddDays(36)

      Console.WriteLine("Today: {0:dddd}", today)
      Console.WriteLine("36 days from today: {0:dddd}", answer)
   End Sub
End Class
' The example displays output like the following:
'       Today: Wednesday
'       36 days from today: Thursday

注釈

このメソッドは、このの値を変更 DateTime しません。 代わりに、この操作の結果 DateTime である値を持つ新しい を返します。

の小数部 value は、1 日の小数部です。 たとえば、4.5 は 4 日、12 時間、0 分、0 秒、0 ミリ秒、0 ティックに相当します。

パラメーター value は、最も近いミリ秒に丸められます。

メソッドでは、日付の算術演算を実行するときに、leap 年と 1 か月の日数 AddDays が考慮されます。

適用対象

こちらもご覧ください