DebuggableAttribute クラス

定義

ランタイム ジャスト イン タイム (JIT: just-in-time) デバッグ用のコード生成を変更します。Modifies code generation for runtime just-in-time (JIT) debugging. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class DebuggableAttribute sealed : Attribute
public sealed class DebuggableAttribute : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Module, AllowMultiple=false)]
public sealed class DebuggableAttribute : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Module, AllowMultiple=false)]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public sealed class DebuggableAttribute : Attribute
type DebuggableAttribute = class
    inherit Attribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Module, AllowMultiple=false)>]
type DebuggableAttribute = class
    inherit Attribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Module, AllowMultiple=false)>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type DebuggableAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class DebuggableAttribute
Inherits Attribute
継承
DebuggableAttribute
属性

注釈

は、 DebuggableAttribute ランタイムがモジュール内のコードをどのように扱うかを制御します。The DebuggableAttribute controls how the runtime treats code within the module. ランタイムは、生成されたコードに関する追加情報を追跡し、この属性に含まれる値に基づいて特定の最適化を無効にする場合があります。The runtime might track extra information about generated code, and it might disable certain optimizations based on the values contained within this attribute.

デバッガーは、アセンブリを読み込むときに設定を無視するように選択でき DebuggableAttribute ます。A debugger might choose to ignore the DebuggableAttribute settings when loading an assembly. ただし、実行中のプログラムにデバッガーをアタッチすると、デバッガーは既に適用されているため、設定を変更できなくなる可能性があります。However, attaching a debugger to a running program may prevent the debugger from changing the settings because they have already been applied.

DebuggableAttributeリフレクション出力メソッドを使用してを動的アセンブリと共に使用するには、 DefineDynamicModule メソッドを呼び出す前にを生成して、 DebuggableAttribute 設定が DefineDynamicModule アセンブリ全体に適用されるようにします。To use the DebuggableAttribute with dynamic assemblies using the Reflection Emit DefineDynamicModule methods, emit the DebuggableAttribute before calling the DefineDynamicModule methods to ensure that the settings are applied to the entire assembly.

属性の使用方法の詳細については、「 属性」を参照してください。For more information about using attributes, see Attributes.

コンストラクター

DebuggableAttribute(Boolean, Boolean)

Just-In-Time (JIT) コンパイラに対して指定した追跡オプションおよび最適化オプションを使用して、DebuggableAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the DebuggableAttribute class, using the specified tracking and optimization options for the just-in-time (JIT) compiler.

DebuggableAttribute(DebuggableAttribute+DebuggingModes)

Just-In-Time (JIT) コンパイラに対して指定したデバッグ モードを使用して、DebuggableAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the DebuggableAttribute class, using the specified debugging modes for the just-in-time (JIT) compiler.

プロパティ

DebuggingFlags

属性のデバッグ モードを取得します。Gets the debugging modes for the attribute.

IsJITOptimizerDisabled

ランタイム オプティマイザーを無効にするかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the runtime optimizer is disabled.

IsJITTrackingEnabled

ランタイムがコード生成中にデバッガーのために情報を追跡するかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the runtime will track information during code generation for the debugger.

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。When implemented in a derived class, gets a unique identifier for this Attribute.

(継承元 Attribute)

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this instance is equal to a specified object.

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。When overridden in a derived class, indicates whether the value of this instance is the default value for the derived class.

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。When overridden in a derived class, returns a value that indicates whether this instance equals a specified object.

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。Maps a set of names to a corresponding set of dispatch identifiers.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。Retrieves the type information for an object, which can be used to get the type information for an interface.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。Retrieves the number of type information interfaces that an object provides (either 0 or 1).

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。Provides access to properties and methods exposed by an object.

(継承元 Attribute)

適用対象