DebuggerHiddenAttribute クラス

定義

DebuggerHiddenAttribute を指定します。Specifies the DebuggerHiddenAttribute. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class DebuggerHiddenAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Property, Inherited=false)]
public sealed class DebuggerHiddenAttribute : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Property, Inherited=false)]
[System.Serializable]
public sealed class DebuggerHiddenAttribute : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Property, Inherited=false)]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public sealed class DebuggerHiddenAttribute : Attribute
type DebuggerHiddenAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class DebuggerHiddenAttribute
Inherits Attribute
継承
DebuggerHiddenAttribute
属性

注釈

共通言語ランタイムは、この属性にセマンティクスをアタッチしません。The common language runtime attaches no semantics to this attribute. これは、ソースコードデバッガーで使用するために用意されています。It is provided for use by source code debuggers. たとえば、Visual Studio 2005Visual Studio 2005 デバッガーは、この属性でマークされたメソッドでは停止せず、メソッドでブレークポイントを設定することはできません。For example, the Visual Studio 2005Visual Studio 2005 debugger does not stop in a method marked with this attribute and does not allow a breakpoint to be set in the method. Visual Studio 2005Visual Studio 2005 デバッガーによって認識されるその他のデバッガー属性として、DebuggerNonUserCodeAttributeDebuggerStepThroughAttributeがあります。Other debugger attributes recognized by the Visual Studio 2005Visual Studio 2005 debugger are the DebuggerNonUserCodeAttribute and the DebuggerStepThroughAttribute.

属性の使用方法の詳細については、「属性」を参照してください。For more information about using attributes, see Attributes.

コンストラクター

DebuggerHiddenAttribute()

DebuggerHiddenAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the DebuggerHiddenAttribute class.

プロパティ

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。When implemented in a derived class, gets a unique identifier for this Attribute.

(継承元 Attribute)

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this instance is equal to a specified object.

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。When overridden in a derived class, indicates whether the value of this instance is the default value for the derived class.

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。When overridden in a derived class, returns a value that indicates whether this instance equals a specified object.

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子にマップします。Maps a set of names to a corresponding set of dispatch identifiers.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。Retrieves the type information for an object, which can be used to get the type information for an interface.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。Retrieves the number of type information interfaces that an object provides (either 0 or 1).

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。Provides access to properties and methods exposed by an object.

(継承元 Attribute)

適用対象

こちらもご覧ください