DebuggerStepThroughAttribute クラス

定義

デバッガーに対してコードのステップ インではなくステップ実行を指示します。 このクラスは継承できません。

public ref class DebuggerStepThroughAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Struct, Inherited=false)]
public sealed class DebuggerStepThroughAttribute : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Struct, Inherited=false)]
[System.Serializable]
public sealed class DebuggerStepThroughAttribute : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Struct, Inherited=false)]
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public sealed class DebuggerStepThroughAttribute : Attribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Struct, Inherited=false)>]
type DebuggerStepThroughAttribute = class
    inherit Attribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Struct, Inherited=false)>]
[<System.Serializable>]
type DebuggerStepThroughAttribute = class
    inherit Attribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Struct, Inherited=false)>]
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type DebuggerStepThroughAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class DebuggerStepThroughAttribute
Inherits Attribute
継承
DebuggerStepThroughAttribute
属性

注釈

この属性は、ソース コード デバッガーで使用するために提供されます。共通言語ランタイムは、その影響を受け "ない"。 たとえば、 メソッドVisual Studioブレークポイントが設定されている場合でも、この属性でマークされているメソッドでデバッガーが停止しない場合があります。

属性 DebuggerStepThroughAttribute は、次マイ コードのみ方法で、Visual Studio (JMC) 機能に影響します。

  • JMC が有効になっている場合、Visual Studioでマークされたメソッドのブレークポイントでデバッガーが停止 DebuggerStepThroughAttribute しません。

  • JMC が無効になっている場合、メソッドが でマークされている場合でも、デバッガーはブレークポイントで停止します DebuggerStepThroughAttribute

次のコードは、コンパイラで Visual Basicを使用する方法を示しています。

<System.Diagnostics.DebuggerStepThrough()> _  
    Private Sub InitializeComponent()  
        components = New System.ComponentModel.Container()  
        Me.AutoScaleMode = System.Windows.Forms.AutoScaleMode.Font  
        Me.Text = "Form1"  
    End Sub  

この属性を使用すると、コンパイラによって提供されるコードにステップ 実行する必要が生じ、開発者が提供するコードにステップ 実行する必要が回避されます。 たとえば 、F11 (ステップ イン) キーを使用してコードをステップ実行する場合、 属性によって、コンパイラ指定のコードの F10 (ステップ オーバー) キーのように動作します。 メソッドはステップ アップされませんが、実行されます。

属性の使用の詳細については、「属性」を 参照してください

コンストラクター

DebuggerStepThroughAttribute()

DebuggerStepThroughAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。

(継承元 Attribute)

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

(継承元 Attribute)

適用対象