PerformanceCounter.CategoryName プロパティ

定義

このパフォーマンス カウンターのパフォーマンス カウンター カテゴリ名を取得または設定します。

public:
 property System::String ^ CategoryName { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
public string CategoryName { get; set; }
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Diagnostics.Design.CategoryValueConverter, System.Design, Version=1.0.5000.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")]
public string CategoryName { get; set; }
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Diagnostics.Design.CategoryValueConverter, System.Design, Version=2.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")]
public string CategoryName { get; set; }
[System.ComponentModel.SettingsBindable(true)]
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Diagnostics.Design.CategoryValueConverter, System.Design, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")]
public string CategoryName { get; set; }
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Diagnostics.Design.CategoryValueConverter, System.Design, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")]
public string CategoryName { get; set; }
member this.CategoryName : string with get, set
[<System.ComponentModel.TypeConverter("System.Diagnostics.Design.CategoryValueConverter, System.Design, Version=1.0.5000.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")>]
member this.CategoryName : string with get, set
[<System.ComponentModel.TypeConverter("System.Diagnostics.Design.CategoryValueConverter, System.Design, Version=2.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")>]
member this.CategoryName : string with get, set
[<System.ComponentModel.SettingsBindable(true)>]
[<System.ComponentModel.TypeConverter("System.Diagnostics.Design.CategoryValueConverter, System.Design, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")>]
member this.CategoryName : string with get, set
[<System.ComponentModel.TypeConverter("System.Diagnostics.Design.CategoryValueConverter, System.Design, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")>]
member this.CategoryName : string with get, set
Public Property CategoryName As String

プロパティ値

String

このパフォーマンス カウンターが関連付けられているパフォーマンス カウンター カテゴリ (パフォーマンス オブジェクト) の名前。

属性

例外

CategoryNamenull です。

次のコード例では、クラスの既定のインスタンスを PerformanceCounter 作成します。 インスタンスが作成されると、CategoryName,,およびInstanceNameプロパティの値が設定され、メソッドのNextValue呼び出しの結果CounterNameが表示されます。

PerformanceCounter^ PC = gcnew PerformanceCounter;
PC->CategoryName = "Process";
PC->CounterName = "Private Bytes";
PC->InstanceName = "Explorer";
MessageBox::Show( PC->NextValue().ToString() );
PerformanceCounter PC=new PerformanceCounter();
PC.CategoryName="Process";
PC.CounterName="Private Bytes";
PC.InstanceName="Explorer";
MessageBox.Show(PC.NextValue().ToString());
Dim PC As New PerformanceCounter()
PC.CategoryName = "Process"
PC.CounterName = "Private Bytes"
PC.InstanceName = "Explorer"
MessageBox.Show(PC.NextValue().ToString())

注釈

パフォーマンス CategoryName カウンター マネージャー MMC スナップインのダイアログ ボックスのフィールドにAdd Counter表示されますPerformance Object

パフォーマンス カウンターは、コンピューター上のカテゴリまたはパフォーマンス オブジェクトの動作を監視します。 カテゴリには、物理コンポーネント (プロセッサ、ディスク、メモリなど) とシステム オブジェクト (プロセスやスレッドなど) が含まれます。 同じパフォーマンス オブジェクトに関連するシステム カウンターは、共通のフォーカスを示すカテゴリにグループ化されます。 クラスの PerformanceCounter インスタンスを作成するときは、最初にコンポーネントが対話するカテゴリを指定してから、そのカテゴリからカウンターを選択します。

たとえば、カウンター カテゴリWindows 1 つはメモリ カテゴリです。 このカテゴリ内のシステム カウンターは、使用可能なバイト数やキャッシュされたバイト数などのメモリ データを追跡します。 アプリケーションにキャッシュされたバイトを操作する場合は、コンポーネントの PerformanceCounter インスタンスを作成し、それを Memory カテゴリに接続し、そのカテゴリから適切なカウンター (この場合はキャッシュされたバイト) を選択します。

システムではさらに多くのカウンター カテゴリを使用できますが、おそらく最も頻繁に操作するカテゴリは、キャッシュ、メモリ、オブジェクト、PhysicalDisk、Process、Processor、Server、System、および Thread カテゴリです。

適用対象

こちらもご覧ください