PrincipalSearcher.GetUnderlyingSearcher PrincipalSearcher.GetUnderlyingSearcher PrincipalSearcher.GetUnderlyingSearcher PrincipalSearcher.GetUnderlyingSearcher Method

定義

検索を実行するためにアカウント管理 API により使用される、基になる検索オブジェクトを返します。Returns the underlying search object that is used by the Account Management API to perform the search.

public:
 System::Object ^ GetUnderlyingSearcher();
[System.Security.SecurityCritical]
public object GetUnderlyingSearcher ();
member this.GetUnderlyingSearcher : unit -> obj
Public Function GetUnderlyingSearcher () As Object

戻り値

例外

クエリを実行するには、最初に QueryFilter をプリンシパル サーチャーに割り当てる必要があります。A QueryFilter must first be assigned to the principal searcher before the query can be performed.

参照プロパティを格納する QueryFilterThe QueryFilter contains referential properties. 詳細については、「Query by Example」概要トピックを参照してください。For more information, see the Query by Example overview topic.

QueryFilter は、永続化されたプリンシパルです。The QueryFilter is a persisted principal.

注釈

アプリケーションは、上で直接プロパティを変更できます、DirectorySearcherオブジェクト クエリを実行する前にします。The application can modify the properties directly on the DirectorySearcher object before executing the query. クエリは、変更されたプロパティを使用して、実行されます。The query will then execute using the modified properties. たとえば、256 KB の既定のページ サイズが使用されるときに、PrincipalSearcherクラスに対するクエリを実行するDomainプリンシパル。For example, the default page size of 256 KB is used when the PrincipalSearcher class performs a query for Domain principals. アプリケーションは設定して既定値を上書きすることがあります、 PageSize 、基になるプロパティDirectorySearcherこのメソッドから返されるオブジェクト。The application may override the default value by setting the PageSize property in the underlying DirectorySearcher object that is returned from this method.

適用対象

こちらもご覧ください