SecurityCriticalAttribute クラス

定義

コードまたはアセンブリによって実行される操作が、セキュリティ クリティカルな操作であることを指定します。Specifies that code or an assembly performs security-critical operations.

public ref class SecurityCriticalAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Delegate | System.AttributeTargets.Enum | System.AttributeTargets.Field | System.AttributeTargets.Interface | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Struct, AllowMultiple=false, Inherited=false)]
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Delegate | System.AttributeTargets.Enum | System.AttributeTargets.Event | System.AttributeTargets.Field | System.AttributeTargets.Interface | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Module | System.AttributeTargets.Property | System.AttributeTargets.Struct, AllowMultiple=false, Inherited=false)]
public sealed class SecurityCriticalAttribute : Attribute
type SecurityCriticalAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class SecurityCriticalAttribute
Inherits Attribute
継承
SecurityCriticalAttribute
属性

注釈

重要

部分的に信頼されたコードはサポートされなくなりました。Partially trusted code is no longer supported. この属性は、.NET Core には影響しません。This attribute has no effect in .NET Core.

セキュリティクリティカルな操作は、コードアクセスセキュリティに影響するアクションです。たとえば、@no__t 0 メソッドを使用してコードアクセスセキュリティチェックを抑制し、アンセーフマネージコードを呼び出すことによって、特権の昇格を行うことができます。Security-critical operations are actions that affect code access security, such as elevation of privilege through suppression of code access security checks by using the Assert method, calling unsafe managed code, and so forth. セキュリティクリティカルな操作を実行するコードのコードには、SecurityCriticalAttribute 属性または SecuritySafeCriticalAttribute 属性を適用する必要があります。Either the SecurityCriticalAttribute attribute or the SecuritySafeCriticalAttribute attribute must be applied to code for the code to perform security-critical operations.

注意

@No__t 0 は、完全信頼のリンク確認要求と同じです。The SecurityCriticalAttribute is equivalent to a link demand for full trust. @No__t-0 でマークされた型またはメンバーは、完全に信頼されたコードでのみ呼び出すことができます。特定のアクセス許可を要求する必要はありません。A type or member marked with the SecurityCriticalAttribute can be called only by fully trusted code; it does not have to demand specific permissions. 部分的に信頼されたコードから呼び出すことはできません。It cannot be called by partially trusted code.

アセンブリレベルで @no__t 0 を適用すると、アセンブリがセキュリティクリティカルなアセンブリとして識別されます。Applying the SecurityCriticalAttribute at the assembly level identifies the assembly as a security-critical assembly. スコープパラメーター SecurityCriticalScope.Everything に設定することにより、アセンブリ全体を重大として識別できます。The entire assembly can be identified as critical by setting the scope parameter SecurityCriticalScope.Everything.

コンストラクター

SecurityCriticalAttribute()

SecurityCriticalAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the SecurityCriticalAttribute class.

SecurityCriticalAttribute(SecurityCriticalScope)

指定したスコープを使用して、SecurityCriticalAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the SecurityCriticalAttribute class with the specified scope.

プロパティ

Scope

属性のスコープを取得します。Gets the scope for the attribute.

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。When implemented in a derived class, gets a unique identifier for this Attribute.

(継承元 Attribute)

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this instance is equal to a specified object.

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。When overridden in a derived class, indicates whether the value of this instance is the default value for the derived class.

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。When overridden in a derived class, returns a value that indicates whether this instance equals a specified object.

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。Maps a set of names to a corresponding set of dispatch identifiers.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。Retrieves the type information for an object, which can be used to get the type information for an interface.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。Retrieves the number of type information interfaces that an object provides (either 0 or 1).

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。Provides access to properties and methods exposed by an object.

(継承元 Attribute)

適用対象

こちらもご覧ください