DirectoryEntryConfiguration クラス

定義

DirectoryEntryConfiguration クラスは、ディレクトリ オブジェクトの操作のためのプロバイダー固有のオプションを指定および取得する直接的な方法を提供します。The DirectoryEntryConfiguration class provides a direct way to specify and obtain provider-specific options for manipulating a directory object. 通常、オプションは基になるディレクトリ ストアの検索操作に適用されます。Typically, the options apply to search operations of the underlying directory store. サポートされるオプションは、プロバイダー固有です。The supported options are provider-specific.

public ref class DirectoryEntryConfiguration
public class DirectoryEntryConfiguration
type DirectoryEntryConfiguration = class
Public Class DirectoryEntryConfiguration
継承
DirectoryEntryConfiguration

プロパティ

PageSize

ページ検索のページのサイズを取得または設定します。Gets or sets the page size in a paged search.

PasswordEncoding

パスワード エンコーディングの方法を取得または設定します。Gets or sets the password encoding method.

PasswordPort

パスワードの設定時または変更時に SSL 接続を確立するために使用するポート番号を取得または設定します。Gets or sets the port number to use to establish an SSL connection when the password is set or changed.

Referral

参照追跡を実行するかどうか、および追跡する場合はその方法を決定する値を取得または設定します。Gets or sets a value that determines if and how referral chasing is pursued.

SecurityMasks

DirectoryEntryConfiguration で使用するセキュリティ マスクを取得または設定します。Gets or sets a security mask to use with DirectoryEntryConfiguration.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetCurrentServerName()

このディレクトリ オブジェクトへの現在のバインディングの、サーバーのホスト名を取得します。Gets the host name of the server for the current binding to this directory object.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IsMutuallyAuthenticated()

SSPI 層によって相互認証が実行されるかどうかを確認します。Determines if mutual authentication is performed by the SSPI layer.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
SetUserNameQueryQuota(String)

セキュリティ プリンシパルの名前を設定して、プリンシパルがアクセスされたときに、そのクォータ情報も返されるようにします。Sets the name of a security principal so that when the principal is accessed, its quota information will also be returned.

ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

セキュリティ

DirectoryServicesPermission
LinkDemand

適用対象