System.Drawing.Printing 名前空間

Windows フォーム アプリケーションの印刷関連のサービスが用意されています。

クラス

InvalidPrinterException

無効なプリンター設定を使用してプリンターにアクセスしようとしたときにスローされる例外を表します。

Margins

印刷ページの余白の大きさを指定します。

MarginsConverter

MarginsConverterMargins を提供します。

PageSettings

単一の印刷ページに適用する設定を指定します。

PaperSize

用紙のサイズを指定します。

PaperSource

プリンターに用紙を供給する用紙トレイを指定します。

PreviewPageInfo

単一ページの印刷プレビュー情報を指定します。 このクラスは継承できません。

PreviewPrintController

ドキュメントを一連のイメージとして画面に表示するプリント コントローラーを指定します。

PrintController

Windows フォーム アプリケーションから印刷する際の文書の印刷方法を制御します。

PrintDocument

Windows フォーム アプリケーションからの印刷時にプリンターに出力を送信する再利用可能なオブジェクトを定義します。

PrinterResolution

プリンターでサポートされる解像度を表します。

PrinterSettings

Windows フォーム アプリケーションから印刷する場合のドキュメントの印刷方法に関する情報 (印刷に使用するプリンターなど) を指定します。

PrinterSettings.PaperSizeCollection

PaperSize オブジェクトのコレクションを含んでいます。

PrinterSettings.PaperSourceCollection

PaperSource オブジェクトのコレクションを含んでいます。

PrinterSettings.PrinterResolutionCollection

PrinterResolution オブジェクトのコレクションを含んでいます。

PrinterSettings.StringCollection

String オブジェクトのコレクションを含んでいます。

PrinterUnitConvert

Win32 で印刷に使用する API との相互運用で使用できる一連の変換メソッドを指定します。 このクラスは継承できません。

PrintEventArgs

BeginPrint イベントおよび EndPrint イベントのデータを提供します。

PrintingPermission

プリンターへのアクセスを制御します。 このクラスは継承できません。

PrintingPermissionAttribute

宣言印刷アクセス許可チェックができるようになります。

PrintPageEventArgs

PrintPage イベントのデータを提供します。

QueryPageSettingsEventArgs

QueryPageSettings イベントのデータを提供します。

StandardPrintController

プリンターに情報を送信するプリント コントローラーを指定します。

列挙型

Duplex

プリンターの両面印刷設定を指定します。

PaperKind

標準の用紙サイズを指定します。

PaperSourceKind

標準の給紙方法。

PrintAction

発生している印刷操作の種類を指定します。

PrinterResolutionKind

プリンターの解像度を指定します。

PrinterUnit

印刷に使用する長さの単位を指定します。

PrintingPermissionLevel

コードが実行を許可される印刷の種類を指定します。

PrintRange

印刷するドキュメント部分を指定します。

代理人

PrintEventHandler

BeginPrintEndPrint イベントまたは PrintDocument イベントを処理するメソッドを表します。

PrintPageEventHandler

PrintPagePrintDocument イベントを処理するメソッドを表します。

QueryPageSettingsEventHandler

PrintDocumentQueryPageSettings イベントを処理するメソッドを表します。

注釈

通常、Windows フォーム アプリケーションから印刷する場合は、クラスのPrintDocument新しいインスタンスを作成し、印刷方法を記述するプロパティやPrinterSettings、ドキュメントを実際に印刷するメソッドを呼び出すPrintプロパティをDefaultPageSettings設定します。 メソッドを PrintDocument.Print 呼び出すとイベントが発生します PrintDocument.PrintPage 。このイベントは、印刷用のドキュメント レイアウトを実行するために処理する必要があります。

Graphicsイベントから取得したオブジェクトのプロパティをPrintPageEventArgsPrintDocument.PrintPage使用して、出力する出力を指定します。 テキスト ファイルを印刷する場合は、 StreamReader ストリームから一度に 1 行ずつ読み取り、メソッドを DrawString 呼び出してグラフィックス オブジェクトに線を描画します。 このプロセスの詳細については、クラスをGraphicsStreamReader参照してください。 クラスの概要トピックでテキスト ドキュメントを印刷する例を PrintDocument 表示できます。

注意

TextRenderer クラスの DrawText メソッドは、印刷には対応していません。 代わりに、クラスの DrawString メソッドを Graphics 使用します。

派生クラスで実装された場合、出力 PrintController 方法を PrintDocument 制御します。 このメソッドはPrintDocument.Print、印刷コントローラー、OnStartPrintOnEndPrint、メソッドOnStartPageを呼び出しOnEndPage、ドキュメントの印刷方法をプリンターに指示します。 印刷ダイアログ ボックスの詳細については、次を参照してくださいPrintDialogPageSetupDialog

印刷プレビュー プロセスでは、特殊な印刷コントローラー、ダイアログ ボックス、およびコントロールが使用されます。 このような印刷コントローラーとダイアログ ボックスの例については、「、PrintPreviewDialog、、」PrintPreviewControlを参照してくださいPreviewPrintController

注意事項

名前空間内のSystem.Drawing.Printingクラスは、Windows サービスまたはアプリケーションまたはサービス内での使用 ASP.NET サポートされていません。 これらのアプリケーションの種類の 1 つからこれらのクラスを使用しようとすると、サービスのパフォーマンスの低下や実行時の例外など、予期しない問題が発生する可能性があります。

Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションから印刷する場合は、名前空間をSystem.Printing参照してください。

こちらもご覧ください