GC クラス

定義

未使用メモリを自動的に収集するサービスであるシステム ガベージ コレクターを制御します。

public ref class GC abstract sealed
public ref class GC sealed
public static class GC
public sealed class GC
type GC = class
Public Class GC
Public NotInheritable Class GC
継承
GC

次の例では、いくつかの GC メソッドを使用して、未使用のオブジェクトのブロックに関する生成情報とメモリ情報を取得し、コンソールに出力します。 その後、未使用のオブジェクトが収集され、結果のメモリ合計が表示されます。

using namespace System;
const long maxGarbage = 1000;
ref class MyGCCollectClass
{
public:
   void MakeSomeGarbage()
   {
      Version^ vt;
      for ( int i = 0; i < maxGarbage; i++ )
      {
         
         // Create objects and release them to fill up memory
         // with unused objects.
         vt = gcnew Version;

      }
   }

};

int main()
{
   MyGCCollectClass^ myGCCol = gcnew MyGCCollectClass;
   
   // Determine the maximum number of generations the system
   // garbage collector currently supports.
   Console::WriteLine( "The highest generation is {0}", GC::MaxGeneration );
   myGCCol->MakeSomeGarbage();
   
   // Determine which generation myGCCol object is stored in.
   Console::WriteLine( "Generation: {0}", GC::GetGeneration( myGCCol ) );
   
   // Determine the best available approximation of the number
   // of bytes currently allocated in managed memory.
   Console::WriteLine( "Total Memory: {0}", GC::GetTotalMemory( false ) );
   
   // Perform a collection of generation 0 only.
   GC::Collect( 0 );
   
   // Determine which generation myGCCol object is stored in.
   Console::WriteLine( "Generation: {0}", GC::GetGeneration( myGCCol ) );
   Console::WriteLine( "Total Memory: {0}", GC::GetTotalMemory( false ) );
   
   // Perform a collection of all generations up to and including 2.
   GC::Collect( 2 );
   
   // Determine which generation myGCCol object is stored in.
   Console::WriteLine( "Generation: {0}", GC::GetGeneration( myGCCol ) );
   Console::WriteLine( "Total Memory: {0}", GC::GetTotalMemory( false ) );
}
using System;

namespace GCCollectIntExample
{
    class MyGCCollectClass
    {
        private const long maxGarbage = 1000;

        static void Main()
        {
            MyGCCollectClass myGCCol = new MyGCCollectClass();

            // Determine the maximum number of generations the system
        // garbage collector currently supports.
            Console.WriteLine("The highest generation is {0}", GC.MaxGeneration);

            myGCCol.MakeSomeGarbage();

            // Determine which generation myGCCol object is stored in.
            Console.WriteLine("Generation: {0}", GC.GetGeneration(myGCCol));

            // Determine the best available approximation of the number
        // of bytes currently allocated in managed memory.
            Console.WriteLine("Total Memory: {0}", GC.GetTotalMemory(false));

            // Perform a collection of generation 0 only.
            GC.Collect(0);

            // Determine which generation myGCCol object is stored in.
            Console.WriteLine("Generation: {0}", GC.GetGeneration(myGCCol));

            Console.WriteLine("Total Memory: {0}", GC.GetTotalMemory(false));

            // Perform a collection of all generations up to and including 2.
            GC.Collect(2);

            // Determine which generation myGCCol object is stored in.
            Console.WriteLine("Generation: {0}", GC.GetGeneration(myGCCol));
            Console.WriteLine("Total Memory: {0}", GC.GetTotalMemory(false));
            Console.Read();
        }

        void MakeSomeGarbage()
        {
            Version vt;

            for(int i = 0; i < maxGarbage; i++)
            {
                // Create objects and release them to fill up memory
        // with unused objects.
                vt = new Version();
            }
        }
    }
}
open System

let maxGarbage = 1000

type MyGCCollectClass() =
    member _.MakeSomeGarbage() =
        for _ = 1 to maxGarbage do
            // Create objects and release them to fill up memory with unused objects.
            Version() |> ignore

[<EntryPoint>]
let main _ =
    let myGCCol = MyGCCollectClass()

    // Determine the maximum number of generations the system
    // garbage collector currently supports.
    printfn $"The highest generation is {GC.MaxGeneration}"

    myGCCol.MakeSomeGarbage()

    // Determine which generation myGCCol object is stored in.
    printfn $"Generation: {GC.GetGeneration myGCCol}"

    // Determine the best available approximation of the number
    // of bytes currently allocated in managed memory.
    printfn $"Total Memory: {GC.GetTotalMemory false}"

    // Perform a collection of generation 0 only.
    GC.Collect 0

    // Determine which generation myGCCol object is stored in.
    printfn $"Generation: {GC.GetGeneration myGCCol}"

    printfn $"Total Memory: {GC.GetTotalMemory false}"

    // Perform a collection of all generations up to and including 2.
    GC.Collect 2

    // Determine which generation myGCCol object is stored in.
    printfn $"Generation: {GC.GetGeneration myGCCol}"
    printfn $"Total Memory: {GC.GetTotalMemory false}"

    0
Namespace GCCollectInt_Example
    Class MyGCCollectClass
        Private maxGarbage As Long = 10000

        Public Shared Sub Main()
            Dim myGCCol As New MyGCCollectClass

            'Determine the maximum number of generations the system
            'garbage collector currently supports.
            Console.WriteLine("The highest generation is {0}", GC.MaxGeneration)

            myGCCol.MakeSomeGarbage()

            'Determine which generation myGCCol object is stored in.
            Console.WriteLine("Generation: {0}", GC.GetGeneration(myGCCol))

            'Determine the best available approximation of the number 
            'of bytes currently allocated in managed memory.
            Console.WriteLine("Total Memory: {0}", GC.GetTotalMemory(False))

            'Perform a collection of generation 0 only.
            GC.Collect(0)

            'Determine which generation myGCCol object is stored in.
            Console.WriteLine("Generation: {0}", GC.GetGeneration(myGCCol))

            Console.WriteLine("Total Memory: {0}", GC.GetTotalMemory(False))

            'Perform a collection of all generations up to and including 2.
            GC.Collect(2)

            'Determine which generation myGCCol object is stored in.
            Console.WriteLine("Generation: {0}", GC.GetGeneration(myGCCol))
            Console.WriteLine("Total Memory: {0}", GC.GetTotalMemory(False))
            Console.Read()

        End Sub


        Sub MakeSomeGarbage()
            Dim vt As Version

            Dim i As Integer
            For i = 0 To maxGarbage - 1
                'Create objects and release them to fill up memory
                'with unused objects.
                vt = New Version
            Next i
        End Sub
    End Class
End Namespace

注釈

ガベージ コレクターは、マネージド メモリの割り当てと解放を制御する共通言語ランタイム コンポーネントです。 このクラスのメソッドは、オブジェクトに対してガベージ コレクションが実行されたとき、およびオブジェクトによって割り当てられたリソースが解放されるときに影響します。 このクラスのプロパティは、システムで使用可能なメモリの合計量と、オブジェクトに割り当てられたメモリの有効期間カテゴリ (世代) に関する情報を提供します。

ガベージ コレクターは、マネージド メモリに割り当てられたオブジェクトを追跡して回収します。 ガベージ コレクターは定期的にガベージ コレクションを実行して、有効な参照がないオブジェクトに割り当てられたメモリを再利用します。 ガベージ コレクションは、使用可能な空きメモリを使用してメモリの要求を満たすことができない場合に自動的に発生します。 または、アプリケーションで、メソッドを使用してガベージ コレクションを Collect 強制することもできます。

ガベージ コレクションは、次の手順で構成されます。

  1. ガベージ コレクターは、マネージド コードで参照されているマネージド オブジェクトを検索します。

  2. ガベージ コレクターは、参照されていないオブジェクトの最終処理を試みます。

  3. ガベージ コレクターは、参照されていないオブジェクトを解放し、そのメモリを再利用します。

このトピックのセクションは次のとおりです。

ガベージ コレクターとアンマネージド リソース
オブジェクトのエイジングと世代
ガベージ コレクションの禁止

ガベージ コレクターとアンマネージド リソース

コレクション中、ガベージ コレクターは、マネージド コード内のオブジェクトへの 1 つ以上の参照を見つけた場合、オブジェクトを解放しません。 ただし、ガベージ コレクターはアンマネージ コードからオブジェクトへの参照を認識せず、明示的に禁止されていない限り、アンマネージ コード内で排他的に使用されているオブジェクトを解放する可能性があります。 このメソッドは KeepAlive 、ガベージ コレクターがアンマネージド コードでまだ使用されているオブジェクトを収集できないようにするメカニズムを提供します。

マネージド メモリの割り当てとは別に、ガベージ コレクターの実装では、ファイル ハンドルやデータベース接続など、オブジェクトによって保持されているリソースに関する情報は保持されません。 型のインスタンスが再利用される前に解放する必要があるアンマネージ リソースを型が使用する場合、型はファイナライザーを実装できます。

ほとんどの場合、ファイナライザーはメソッドをObject.Finalizeオーバーライドすることによって実装されます。ただし、C# または C++ で記述された型はデストラクターを実装し、コンパイラは .Object.Finalize ほとんどの場合、オブジェクトにファイナライザーがある場合、ガベージ コレクターはオブジェクトを解放する前に呼び出します。 ただし、ガベージ コレクターは、すべての状況でファイナライザーを呼び出す必要はありません。たとえば、このメソッドは SuppressFinalize オブジェクトのファイナライザーを明示的に呼び出さないようにします。 また、ガベージ コレクターは、特定のスレッドを使用してオブジェクトをファイナライズしたり、相互に参照するがガベージ コレクションで使用できるオブジェクトに対してファイナライザーが呼び出される順序を保証したりする必要はありません。

リソースを特定の時刻に解放する必要があるシナリオでは、クラスは、リソース管理タスクとクリーンアップ タスクを IDisposable 実行するメソッドを IDisposable.Dispose 含むインターフェイスを実装できます。 実装 Dispose するクラスでは、クラス コンシューマーがメソッドを呼び出してオブジェクトをクリーンアップする場合、クラス コントラクトの一部として指定する必要があります。 ガベージ コレクターは、既定ではメソッドを Dispose 呼び出しません。ただし、メソッドの実装では、クラス内の Dispose メソッドを GC 呼び出して、ガベージ コレクターの最終処理動作をカスタマイズできます。

オブジェクトの最終処理と破棄パターンの詳細については、「 アンマネージド リソースのクリーンアップ」を参照してください。

オブジェクトのエイジングと世代

共通言語ランタイムのガベージ コレクターは、世代を使用したオブジェクトエージングをサポートします。 生成は、メモリ内のオブジェクトの相対的な経過時間の単位です。 オブジェクトの世代番号 (age) は、オブジェクトが属する世代を示します。 最近作成されたオブジェクトは、新しい世代の一部であり、アプリケーションのライフ サイクルで以前に作成されたオブジェクトよりも低い世代番号を持ちます。 最新の世代のオブジェクトは、第 0 世代にあります。 このガベージ コレクターの実装では、0、1、2 の 3 世代のオブジェクトがサポートされています。 プロパティの MaxGeneration 値を取得して、システムでサポートされている最大世代数を決定できます。

オブジェクト エージングを使用すると、アプリケーションは、ガベージ コレクターですべての世代を評価する必要なく、特定の世代のセットでガベージ コレクションをターゲットにできます。 パラメーターを含むメソッドの Collect オーバーロードを使用すると、 generation ガベージ コレクションする最も古い世代を指定できます。

ガベージ コレクションの禁止

.NET Framework 4.6 以降、ガベージ コレクターは、ガベージ コレクションがアプリのパフォーマンスに悪影響を与える可能性があるクリティカル パスの実行中に使用できる GC 領域待機時間モードをサポートしません。 GC 領域待機時間モードでは、ガベージ コレクターからの干渉なしに割り当てることができるメモリの量を指定する必要があります。 ランタイムがそのメモリを割り当てることができる場合、ランタイムは、クリティカル パス内のコードの実行中にガベージ コレクションを実行しません。

のオーバーロードのいずれかを呼び出して、NO GC リージョンのクリティカル パスの先頭を TryStartNoGCRegion定義します。 メソッドを呼び出して、クリティカル パスの末尾を EndNoGCRegion 指定します。

メソッドの呼び出しを入れ子に TryStartNoGCRegion することはできません。また、ランタイムが現在 GC リージョン待機時間モードになっていない場合にのみ、メソッドを呼び出 EndNoGCRegion す必要があります。 つまり、複数回呼び出さないでください (最初のメソッド呼び出 TryStartNoGCRegion しの後、後続の呼び出しは成功しません)、最初の呼び出しが成功したからといって呼び出し EndNoGCRegion が成功することは TryStartNoGCRegion 想定しないでください。

プロパティ

MaxGeneration

システムが現在サポートしている最大のジェネレーション番号を取得します。

メソッド

AddMemoryPressure(Int64)

アンマネージ メモリが大規模に割り当てられたため、ガベージ コレクションをスケジュールするときに考慮する必要があることが、ランタイムに通知されます。

AllocateArray<T>(Int32, Boolean)

配列を割り当てます。

AllocateUninitializedArray<T>(Int32, Boolean)

可能な場合は、ゼロ初期化のスキップ中に配列を割り当てます。

CancelFullGCNotification()

ガベージ コレクションの通知の登録をキャンセルします。

Collect()

すべてのジェネレーションのガベージ コレクションを直ちに強制実行します。

Collect(Int32)

ジェネレーション 0 から指定ジェネレーションまでのガベージ コレクションを直ちに強制実行します。

Collect(Int32, GCCollectionMode)

GCCollectionMode 値によって指定したタイミングで、ジェネレーション 0 から指定ジェネレーションまでのガベージ コレクションを強制的に実行します。

Collect(Int32, GCCollectionMode, Boolean)

ジェネレーション 0 から指定ジェネレーションまでのガベージ コレクションを、 GCCollectionMode 値で指定したタイミングで強制実行します。コレクションをブロックする必要があるかどうかを指定する値を指定します。

Collect(Int32, GCCollectionMode, Boolean, Boolean)

ジェネレーション 0 から指定ジェネレーションまでのガベージ コレクションを、 GCCollectionMode 値で指定したタイミングで強制実行します。コレクションをブロックおよび圧縮する必要があるかどうかを指定する値を指定します。

CollectionCount(Int32)

指定したジェネレーションのオブジェクトに対するガベージ コレクションの発生回数を返します。

EndNoGCRegion()

GC 領域の無待機モードを終了します。

GetAllocatedBytesForCurrentThread()

その有効期間の開始以降、現在のスレッドに割り当てられた総バイト数を取得します。

GetGCMemoryInfo()

ガベージ コレクションのメモリ情報を取得します。

GetGCMemoryInfo(GCKind)

ガベージ コレクションのメモリ情報を取得します。

GetGeneration(Object)

指定したオブジェクトの現在のジェネレーション番号を返します。

GetGeneration(WeakReference)

指定した弱い参照の対象となる現在のジェネレーション番号を返します。

GetTotalAllocatedBytes(Boolean)

プロセスの有効期間にわたって割り当てられたバイト数を取得します。 戻り値には、ネイティブ割り当ては含まれません。

GetTotalMemory(Boolean)

現在割り当てられていると思われるバイト数を取得します。 パラメーターは、このメソッドが制御を戻す前に短い時間だけ待機して、システムがガベージ コレクションを行い、オブジェクトの終了操作を実行できるようにするかどうかを示します。

KeepAlive(Object)

指定したオブジェクトを参照することにより、現在のルーチンの開始時からこのメソッドが呼び出される時点までの間、そのオブジェクトをガベージ コレクションの対象から外します。

RegisterForFullGCNotification(Int32, Int32)

フル ガベージ コレクションの可能性が高い状態のとき、およびガベージ コレクションが完了したときに、ガベージ コレクションの通知を発行する必要があることを指定します。

RemoveMemoryPressure(Int64)

アンマネージ メモリが解放され、ガベージ コレクションのスケジュールにこのメモリを考慮する必要がなくなったことをランタイムに通知します。

ReRegisterForFinalize(Object)

SuppressFinalize(Object) が事前に呼び出されている指定オブジェクトに対して、ファイナライザーを呼び出すことをシステムに要求します。

SuppressFinalize(Object)

指定したオブジェクトに対してファイナライザーを呼び出さないよう共通言語ランタイムに要求します。

TryStartNoGCRegion(Int64)

指定した量のメモリを使用可能な場合、クリティカル パスの実行中にガベージ コレクションが行われないよう、試行します。

TryStartNoGCRegion(Int64, Boolean)

指定した量のメモリを使用可能な場合は、クリティカル パスの実行中にガベージ コレクションが行われないよう、試行します。また、最初に十分な量のメモリを使用できない場合に、ガベージ コレクターがフル ブロッキング ガベージ コレクションを実行するかどうかを制御します。

TryStartNoGCRegion(Int64, Int64)

大きなオブジェクト ヒープおよび小さなオブジェクト ヒープに対して、指定した量のメモリを使用可能な場合、クリティカル パスの実行中にガベージ コレクションが行われないよう、試行します。

TryStartNoGCRegion(Int64, Int64, Boolean)

大きなオブジェクト ヒープおよび小さなオブジェクト ヒープに対して、指定した量のメモリを使用可能な場合は、クリティカル パスの実行中にガベージ コレクションが行われないよう、試行します。また、最初に十分な量のメモリを使用できない場合に、ガベージ コレクターがフル ブロッキング ガベージ コレクションを実行するかどうかを制御します。

WaitForFullGCApproach()

共通言語ランタイムによるフル ブロッキング ガベージ コレクションが近づいているかどうかを確認するための、登録済みの通知の状態を返します。

WaitForFullGCApproach(Int32)

共通言語ランタイムによるフル ブロッキング ガベージ コレクションが近づいているかどうかを確認するための登録済みの通知の状態を、指定したタイムアウト時間で返します。

WaitForFullGCApproach(TimeSpan)

共通言語ランタイムによるフル ブロッキング ガベージ コレクションが近づいているかどうかを確認するための登録済みの通知の状態を、指定したタイムアウト時間で返します。

WaitForFullGCComplete()

共通言語ランタイムによるフル ブロッキング ガベージ コレクションが完了したかどうかを確認するための、登録済みの通知の状態を返します。

WaitForFullGCComplete(Int32)

共通言語ランタイムによるフル ブロッキング ガベージ コレクションが完了したかどうかを確認するための登録済みの通知の状態を、指定したタイムアウト時間で返します。

WaitForFullGCComplete(TimeSpan)

ブロッキング ガベージ コレクションが完了したかどうかに関する登録済み通知の状態を返します。 完全なコレクションを無期限に待機できます。

WaitForPendingFinalizers()

ファイナライザーのキューを処理するスレッドがそのキューを空にするまで、現在のスレッドを中断します。

適用対象

こちらもご覧ください