DateTimeFormatInfo.GetAbbreviatedEraName(Int32) メソッド

定義

省略形が存在する場合は、指定した時代 (年号) の省略名を格納している文字列を返します。

public:
 System::String ^ GetAbbreviatedEraName(int era);
public string GetAbbreviatedEraName (int era);
member this.GetAbbreviatedEraName : int -> string
Public Function GetAbbreviatedEraName (era As Integer) As String

パラメーター

era
Int32

時代 (年号) を表す整数。

戻り値

String

省略形が存在する場合は、指定した時代 (年号) の省略名を格納している文字列。

  • または -

省略形が存在しない場合は、時代 (年号) の完全名を格納している文字列。

例外

era が、Calendar プロパティで指定した暦の有効な時代 (年号) を表していません。

注釈

時代 (年号) 名は、カレンダーが固定ポイントまたはイベントから取得した期間を参照するために使用する名前です。 たとえば、"A.D" などです。 または "C.E" です。 はグレゴリオ暦の現在の時代 (年号) です。

の有効な値 era は、 から派生した Eras 適切なクラスの プロパティに一覧表示されます Calendar 。 たとえば、 は JapaneseCalendar.Eras 、この実装でサポートされている時代 (年) の一覧を表示します。

クラスでは、省略された時代 (年号) 名は完全な時代 (年号) JapaneseCalendar の最初の文字です。 この文字は、大文字と小文字を区別しない 1 文字のラテン文字の省略形または単一文字の漢字省略形のいずれかです。

注意 (呼び出し元)

Calendarがで、 TaiwanCalendar CurrentCulture が "zh-tw" ではない場合、、、 NativeCalendarName GetEraName(Int32) およびは空の GetAbbreviatedEraName(Int32) 文字列 ("") を返します。

適用対象

こちらもご覧ください