Guid.ToString メソッド

定義

Guid 構造体のこのインスタンスの値を文字列形式で返します。

オーバーロード

ToString()

このインスタンスの値の文字列形式をレジストリ形式で返します。

ToString(String)

指定した書式指定子に従って、この Guid インスタンスの値を文字列形式で返します。

ToString(String, IFormatProvider)

指定した書式指定子とカルチャ固有の書式情報に従って、Guid クラスのこのインスタンスの値を文字列形式で返します。

ToString()

このインスタンスの値の文字列形式をレジストリ形式で返します。

public:
 override System::String ^ ToString();
public override string ToString ();
override this.ToString : unit -> string
Public Overrides Function ToString () As String

戻り値

String

この Guid の値で、"D" 書式指定子で次のように書式設定されています。 xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx

ここで、GUID の値は、ハイフンで 8 桁、4 桁、4 桁、4 桁、および 12 桁のグループに区切られた小文字の 16 進数で表されます。 戻り値は、たとえば "382c74c3-721d-4f34-80e5-57657b6cbc27" のようになります。 16 進数の数字 a から f を大文字に変換するには、返された文字列に ToUpper() メソッドを呼び出します。

注釈

このメソッドは、一般的な使用に十分な既定の GUID 形式を提供します。ただし、パラメーターを受け取るこのメソッドの他のバージョンでは、いくつかの一 format 般的な形式のバリエーションが提供されます。

適用対象

ToString(String)

指定した書式指定子に従って、この Guid インスタンスの値を文字列形式で返します。

public:
 System::String ^ ToString(System::String ^ format);
public string ToString (string format);
public string ToString (string? format);
override this.ToString : string -> string
Public Function ToString (format As String) As String

パラメーター

format
String

この Guid の値の書式を指定する 1 文字の書式指定子。 format パラメーターには、"N"、"D"、"B"、"P"、または "X" を指定できます。 formatnull または空の文字列 ("") である場合は、"D" が使用されます。

戻り値

String

この Guid の値。指定した書式を使用して一連の小文字の 16 進数の数字で表されます。

例外

format の値は null、空の文字列 ("")、"N"、"D"、"B"、"P"、"X" ではありません。

注釈

次の表に、 パラメーターに使用できる書式指定子を示 format します。 "0" は数字を表します。ハイフン ("-")、中かっこ ("{"、"}")、かっこ ("(",")") が次のように表示されます。

指定子 戻り値の形式
N 32 桁の数字:

00000000000000000000000000000000
D ハイフンで区切られた 32 桁の数字:

00000000-0000-0000-0000-000000000000
B ハイフンで区切られた 32 桁の数字。中かっこで囲みます。

{00000000-0000-0000-0000-000000000000}
P 32 桁の数字をハイフンで区切り、かっこで囲みます。

(00000000-0000-0000-0000-000000000000)
X 中かっこで囲まれた 4 つの 16 進数の値。4 番目の値は、中かっこで囲まれた 8 つの 16 進値のサブセットです。

{0x00000000,0x0000,0x0000,{0x00,0x00,0x00,0x00,0x00,0x00,0x00,0x00}}

返される文字列では、a から f の 16 進数が小文字になります。 大文字に変換するには、返された文字列で String.ToUpper メソッドを呼び出します。

適用対象

ToString(String, IFormatProvider)

指定した書式指定子とカルチャ固有の書式情報に従って、Guid クラスのこのインスタンスの値を文字列形式で返します。

public:
 virtual System::String ^ ToString(System::String ^ format, IFormatProvider ^ provider);
public string ToString (string? format, IFormatProvider? provider);
public string ToString (string format, IFormatProvider provider);
override this.ToString : string * IFormatProvider -> string
Public Function ToString (format As String, provider As IFormatProvider) As String

パラメーター

format
String

この Guid の値の書式を指定する 1 文字の書式指定子。 format パラメーターには、"N"、"D"、"B"、"P"、または "X" を指定できます。 formatnull または空の文字列 ("") である場合は、"D" が使用されます。

provider
IFormatProvider

(予約済み) カルチャ固有の書式情報を提供するオブジェクト。

戻り値

String

この Guid の値。指定した書式を使用して一連の小文字の 16 進数の数字で表されます。

実装

例外

format の値は null、空の文字列 ("")、"N"、"D"、"B"、"P"、"X" ではありません。

注釈

パラメーター provider は将来使用するために予約され、このメソッドの実行には寄与しません。 メソッド呼び null 出しを渡します。

次の表に、 パラメーターに使用できる書式指定子を示 format します。 "0" は数字を表します。ハイフン ("-")、中かっこ ("{"、"}")、かっこ ("(",")") が次のように表示されます。

指定子 戻り値の形式
N 32 桁の数字:

00000000000000000000000000000000
D ハイフンで区切られた 32 桁の数字:

00000000-0000-0000-0000-000000000000
B ハイフンで区切られた 32 桁の数字。中かっこで囲みます。

{00000000-0000-0000-0000-000000000000}
P 32 桁の数字をハイフンで区切り、かっこで囲みます。

(00000000-0000-0000-0000-000000000000)
X 4つの16進値が中かっこで囲まれています。4番目の値は、中かっこで囲まれた8つの16進値のサブセットです。

{0x00000000, 0x0000, 0x0000, {0x00, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00}}

A から f までの16進数字は、返される文字列では小文字です。 大文字に変換するには、 String.ToUpper 返された文字列に対してメソッドを呼び出します。

providerパラメーターは無視されるため、カスタム書式指定ソリューションを提供するために使用することはできません。 Guid標準の GUID 書式指定文字列でサポートされていない形式の文字列として値を表すには、 String.Format(IFormatProvider, String, Object[]) provider インターフェイスとインターフェイスの両方を実装するオブジェクトを使用してメソッドを呼び出し ICustomFormatter IFormatProvider ます。 詳細については、「 型の書式設定 」の「ICustomFormatter を使用したカスタム書式設定」セクションを参照してください。

適用対象