BinaryReader コンストラクター

定義

BinaryReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。

オーバーロード

BinaryReader(Stream)

指定したストリームに基づき、UTF-8 エンコーディングを使用する BinaryReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。

BinaryReader(Stream, Encoding)

指定したストリームと文字エンコーディングに基づいて、BinaryReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。

BinaryReader(Stream, Encoding, Boolean)

指定したストリームと文字エンコーディングに基づいて BinaryReader クラスの新しいインスタンスを初期化し、必要に応じて、ストリームを開いたままにします。

BinaryReader(Stream)

指定したストリームに基づき、UTF-8 エンコーディングを使用する BinaryReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 BinaryReader(System::IO::Stream ^ input);
public BinaryReader (System.IO.Stream input);
new System.IO.BinaryReader : System.IO.Stream -> System.IO.BinaryReader
Public Sub New (input As Stream)

パラメーター

input
Stream

入力ストリーム。

例外

ストリームが読み取りをサポートしていないか、null であるか、既に閉じています。

次のコード例は、アプリケーション設定をファイルに格納して取得する方法を示しています。

using System;
using System.IO;
using System.Text;

class ConsoleApplication
{
    const string fileName = "AppSettings.dat";

    static void Main()
    {
        WriteDefaultValues();
        DisplayValues();
    }

    public static void WriteDefaultValues()
    {
        using (var stream = File.Open(fileName, FileMode.Create))
        {
            using (var writer = new BinaryWriter(stream, Encoding.UTF8, false))
            {
                writer.Write(1.250F);
                writer.Write(@"c:\Temp");
                writer.Write(10);
                writer.Write(true);
            }
        }
    }

    public static void DisplayValues()
    {
        float aspectRatio;
        string tempDirectory;
        int autoSaveTime;
        bool showStatusBar;

        if (File.Exists(fileName))
        {
            using (var stream = File.Open(fileName, FileMode.Open))
            {
                using (var reader = new BinaryReader(stream, Encoding.UTF8, false))
                {
                    aspectRatio = reader.ReadSingle();
                    tempDirectory = reader.ReadString();
                    autoSaveTime = reader.ReadInt32();
                    showStatusBar = reader.ReadBoolean();
                }
            }

            Console.WriteLine("Aspect ratio set to: " + aspectRatio);
            Console.WriteLine("Temp directory is: " + tempDirectory);
            Console.WriteLine("Auto save time set to: " + autoSaveTime);
            Console.WriteLine("Show status bar: " + showStatusBar);
        }
    }
}
open System.IO
open System.Text

let fileName = "AppSettings.dat"

let writeDefaultValues () =
    use stream = File.Open(fileName, FileMode.Create)
    use writer = new BinaryWriter(stream, Encoding.UTF8, false)
    writer.Write 1.250F
    writer.Write @"c:\Temp"
    writer.Write 10
    writer.Write true

let displayValues () =
    if File.Exists fileName then
        use stream = File.Open(fileName, FileMode.Open)
        use reader = new BinaryReader(stream, Encoding.UTF8, false)
        let aspectRatio = reader.ReadSingle()
        let tempDirectory = reader.ReadString()
        let autoSaveTime = reader.ReadInt32()
        let showStatusBar = reader.ReadBoolean()

        printfn $"Aspect ratio set to: {aspectRatio}"
        printfn $"Temp directory is: {tempDirectory}"
        printfn $"Auto save time set to: {autoSaveTime}"
        printfn $"Show status bar: {showStatusBar}"

writeDefaultValues ()
displayValues ()
Imports System.IO

Module Module1
    Const fileName As String = "AppSettings.dat"

    Sub Main()
        WriteDefaultValues()
        DisplayValues()
    End Sub

    Sub WriteDefaultValues()
        Using writer As BinaryWriter = New BinaryWriter(File.Open(fileName, FileMode.Create))
            writer.Write(1.25F)
            writer.Write("c:\Temp")
            writer.Write(10)
            writer.Write(True)
        End Using
    End Sub

    Sub DisplayValues()
        Dim aspectRatio As Single
        Dim tempDirectory As String
        Dim autoSaveTime As Integer
        Dim showStatusBar As Boolean

        If (File.Exists(fileName)) Then

            Using reader As BinaryReader = New BinaryReader(File.Open(fileName, FileMode.Open))
                aspectRatio = reader.ReadSingle()
                tempDirectory = reader.ReadString()
                autoSaveTime = reader.ReadInt32()
                showStatusBar = reader.ReadBoolean()
            End Using

            Console.WriteLine("Aspect ratio set to: " & aspectRatio)
            Console.WriteLine("Temp directory is: " & tempDirectory)
            Console.WriteLine("Auto save time set to: " & autoSaveTime)
            Console.WriteLine("Show status bar: " & showStatusBar)
        End If
    End Sub

End Module

注釈

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

BinaryReader(Stream, Encoding)

指定したストリームと文字エンコーディングに基づいて、BinaryReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 BinaryReader(System::IO::Stream ^ input, System::Text::Encoding ^ encoding);
public BinaryReader (System.IO.Stream input, System.Text.Encoding encoding);
new System.IO.BinaryReader : System.IO.Stream * System.Text.Encoding -> System.IO.BinaryReader
Public Sub New (input As Stream, encoding As Encoding)

パラメーター

input
Stream

入力ストリーム。

encoding
Encoding

使用する文字エンコーディング。

例外

ストリームが読み取りをサポートしていないか、null であるか、既に閉じています。

encodingnullです。

注釈

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

BinaryReader(Stream, Encoding, Boolean)

指定したストリームと文字エンコーディングに基づいて BinaryReader クラスの新しいインスタンスを初期化し、必要に応じて、ストリームを開いたままにします。

public:
 BinaryReader(System::IO::Stream ^ input, System::Text::Encoding ^ encoding, bool leaveOpen);
public BinaryReader (System.IO.Stream input, System.Text.Encoding encoding, bool leaveOpen);
new System.IO.BinaryReader : System.IO.Stream * System.Text.Encoding * bool -> System.IO.BinaryReader
Public Sub New (input As Stream, encoding As Encoding, leaveOpen As Boolean)

パラメーター

input
Stream

入力ストリーム。

encoding
Encoding

使用する文字エンコーディング。

leaveOpen
Boolean

BinaryReader オブジェクトを破棄した後にストリームを開いたままにする場合は true、それ以外の場合は false

例外

ストリームが読み取りをサポートしていないか、null であるか、既に閉じています。

encoding または inputnull です。

こちらもご覧ください

適用対象