DirectoryInfo.CreateSubdirectory DirectoryInfo.CreateSubdirectory DirectoryInfo.CreateSubdirectory DirectoryInfo.CreateSubdirectory Method

定義

指定したパスに 1 つ以上のサブディレクトリを作成します。Creates a subdirectory or subdirectories on the specified path. パスは、この DirectoryInfo クラスのインスタンスに対する相対パスで指定できます。The specified path can be relative to this instance of the DirectoryInfo class.

オーバーロード

CreateSubdirectory(String) CreateSubdirectory(String) CreateSubdirectory(String) CreateSubdirectory(String)

指定したパスに 1 つ以上のサブディレクトリを作成します。Creates a subdirectory or subdirectories on the specified path. パスは、この DirectoryInfo クラスのインスタンスに対する相対パスで指定できます。The specified path can be relative to this instance of the DirectoryInfo class.

CreateSubdirectory(String, DirectorySecurity) CreateSubdirectory(String, DirectorySecurity) CreateSubdirectory(String, DirectorySecurity)

適用するセキュリティを指定して、指定したパスに 1 つ以上のサブディレクトリを作成します。Creates a subdirectory or subdirectories on the specified path with the specified security. パスは、この DirectoryInfo クラスのインスタンスに対する相対パスで指定できます。The specified path can be relative to this instance of the DirectoryInfo class.

CreateSubdirectory(String) CreateSubdirectory(String) CreateSubdirectory(String) CreateSubdirectory(String)

指定したパスに 1 つ以上のサブディレクトリを作成します。Creates a subdirectory or subdirectories on the specified path. パスは、この DirectoryInfo クラスのインスタンスに対する相対パスで指定できます。The specified path can be relative to this instance of the DirectoryInfo class.

public:
 System::IO::DirectoryInfo ^ CreateSubdirectory(System::String ^ path);
public System.IO.DirectoryInfo CreateSubdirectory (string path);
member this.CreateSubdirectory : string -> System.IO.DirectoryInfo
Public Function CreateSubdirectory (path As String) As DirectoryInfo

パラメーター

path
String String String String

指定するパス。The specified path. 異なるディスク ボリュームまたは UNC (Universal Naming Convention) 名は指定できません。This cannot be a different disk volume or Universal Naming Convention (UNC) name.

戻り値

path に指定された最後のディレクトリ。The last directory specified in path.

例外

path は有効なファイル パスを指定していないか、または無効な DirectoryInfo 文字を含んでいます。path does not specify a valid file path or contains invalid DirectoryInfo characters.

マップされていないドライブにあるなど、指定されたパスが無効です。The specified path is invalid, such as being on an unmapped drive.

サブディレクトリを作成できません。The subdirectory cannot be created.

または-or- path で指定された名前がファイルまたはディレクトリに既にあります。A file or directory already has the name specified by path.

指定したパス、ファイル名、またはその両方がシステム定義の最大長を超えています。The specified path, file name, or both exceed the system-defined maximum length.

呼び出し元には、ディレクトリを作成するためのコード アクセス許可がありません。The caller does not have code access permission to create the directory.

- または --or- 呼び出し元には、返された DirectoryInfo オブジェクトで記述されているディレクトリを読み取るためのコード アクセス許可がありません。The caller does not have code access permission to read the directory described by the returned DirectoryInfo object. path パラメーターが既存のディレクトリを記述する場合、これが発生する可能性があります。This can occur when the path parameter describes an existing directory.

path に、ドライブ ラベル ("C:\") の一部ではないコロン文字 (:) が含まれています。path contains a colon character (:) that is not part of a drive label ("C:\").

次の例は、サブディレクトリを作成する方法を示しています。The following example demonstrates creating a subdirectory. この例では、作成されたディレクトリは作成後に削除されます。In this example, the created directories are removed once created. したがって、このサンプルをテストするには、コード内の削除行をコメントアウトします。Therefore, to test this sample, comment out the delete lines in the code.

using namespace System;
using namespace System::IO;
int main()
{
   
   // Create a reference to a directory.
   DirectoryInfo^ di = gcnew DirectoryInfo( "TempDir" );
   
   // Create the directory only if it does not already exist.
   if ( di->Exists == false )
      di->Create();

   
   // Create a subdirectory in the directory just created.
   DirectoryInfo^ dis = di->CreateSubdirectory( "SubDir" );
   
   // Process that directory as required.
   // ...
   // Delete the subdirectory.
   dis->Delete( true );
   
   // Delete the directory.
   di->Delete( true );
}

using System;
using System.IO;

public class CreateSubTest 
{
    public static void Main() 
    {
        // Create a reference to a directory.
        DirectoryInfo di = new DirectoryInfo("TempDir");

        // Create the directory only if it does not already exist.
        if (di.Exists == false)
            di.Create();

        // Create a subdirectory in the directory just created.
        DirectoryInfo dis = di.CreateSubdirectory("SubDir");

        // Process that directory as required.
        // ...

        // Delete the subdirectory.
        dis.Delete(true);

        // Delete the directory.
        di.Delete(true);
    }
}
Imports System.IO

Public Class CreateSubTest

    Public Shared Sub Main()
        ' Make a reference to a directory.
        Dim di As New DirectoryInfo("TempDir")

        ' Create the directory only if it does not already exist.
        If di.Exists = False Then
            di.Create()
        End If

        ' Create a subdirectory in the directory just created.
        Dim dis As DirectoryInfo = di.CreateSubdirectory("SubDir")

        ' Process that directory as required.
        ' ...

        ' Delete the subdirectory.
        dis.Delete(True)

        ' Delete the directory.
        di.Delete(True)
    End Sub
End Class

注釈

pathpath一部が無効な場合を除き、に指定されたすべてのディレクトリが作成されます。Any and all directories specified in path are created, unless some part of path is invalid. パラメーター pathは、ファイルパスではなく、ディレクトリパスを指定します。The path parameter specifies a directory path, not a file path. サブディレクトリが既に存在する場合、このメソッドは何も行いません。If the subdirectory already exists, this method does nothing.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

セキュリティ

FileIOPermission
ファイルの読み取りと書き込みを行います。for reading and writing files. 関連付けられReadた列挙型:、WriteAssociated enumerations: Read, Write

こちらもご覧ください

CreateSubdirectory(String, DirectorySecurity) CreateSubdirectory(String, DirectorySecurity) CreateSubdirectory(String, DirectorySecurity)

適用するセキュリティを指定して、指定したパスに 1 つ以上のサブディレクトリを作成します。Creates a subdirectory or subdirectories on the specified path with the specified security. パスは、この DirectoryInfo クラスのインスタンスに対する相対パスで指定できます。The specified path can be relative to this instance of the DirectoryInfo class.

public:
 System::IO::DirectoryInfo ^ CreateSubdirectory(System::String ^ path, System::Security::AccessControl::DirectorySecurity ^ directorySecurity);
public System.IO.DirectoryInfo CreateSubdirectory (string path, System.Security.AccessControl.DirectorySecurity directorySecurity);
member this.CreateSubdirectory : string * System.Security.AccessControl.DirectorySecurity -> System.IO.DirectoryInfo

パラメーター

path
String String String String

指定するパス。The specified path. 異なるディスク ボリュームまたは UNC (Universal Naming Convention) 名は指定できません。This cannot be a different disk volume or Universal Naming Convention (UNC) name.

directorySecurity
DirectorySecurity DirectorySecurity DirectorySecurity DirectorySecurity

適用するセキュリティ。The security to apply.

戻り値

path に指定された最後のディレクトリ。The last directory specified in path.

例外

path は有効なファイル パスを指定していないか、または無効な DirectoryInfo 文字を含んでいます。path does not specify a valid file path or contains invalid DirectoryInfo characters.

マップされていないドライブにあるなど、指定されたパスが無効です。The specified path is invalid, such as being on an unmapped drive.

サブディレクトリを作成できません。The subdirectory cannot be created.

または-or- path で指定された名前がファイルまたはディレクトリに既にあります。A file or directory already has the name specified by path.

指定したパス、ファイル名、またはその両方がシステム定義の最大長を超えています。The specified path, file name, or both exceed the system-defined maximum length.

呼び出し元には、ディレクトリを作成するためのコード アクセス許可がありません。The caller does not have code access permission to create the directory.

または-or- 呼び出し元には、返された DirectoryInfo オブジェクトで記述されているディレクトリを読み取るためのコード アクセス許可がありません。The caller does not have code access permission to read the directory described by the returned DirectoryInfo object. path パラメーターが既存のディレクトリを記述する場合、これが発生する可能性があります。This can occur when the path parameter describes an existing directory.

path に、ドライブ ラベル ("C:\") の一部ではないコロン文字 (:) が含まれています。path contains a colon character (:) that is not part of a drive label ("C:\").

注釈

pathpath一部が無効な場合を除き、に指定されたすべてのディレクトリが作成されます。Any and all directories specified in path are created, unless some part of path is invalid. パラメーター pathは、ファイルパスではなく、ディレクトリパスを指定します。The path parameter specifies a directory path, not a file path. サブディレクトリが既に存在する場合、このメソッドは何も行いません。If the subdirectory already exists, this method does nothing.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

セキュリティ

FileIOPermission
ファイルの読み取りと書き込みを行います。for reading and writing files. 関連付けられReadた列挙型:、WriteAssociated enumerations: Read, Write

適用対象