FileSystemWatcher.SynchronizingObject プロパティ

定義

ディレクトリ変更の結果として発行されるイベント ハンドラー呼び出しをマーシャリングするために使用するオブジェクトを取得または設定します。

public:
 property System::ComponentModel::ISynchronizeInvoke ^ SynchronizingObject { System::ComponentModel::ISynchronizeInvoke ^ get(); void set(System::ComponentModel::ISynchronizeInvoke ^ value); };
public System.ComponentModel.ISynchronizeInvoke? SynchronizingObject { get; set; }
public System.ComponentModel.ISynchronizeInvoke SynchronizingObject { get; set; }
[System.IO.IODescription("FSW_SynchronizingObject")]
public System.ComponentModel.ISynchronizeInvoke SynchronizingObject { get; set; }
[System.IO.IODescription("FSW_SynchronizingObject")]
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
public System.ComponentModel.ISynchronizeInvoke SynchronizingObject { get; set; }
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
public System.ComponentModel.ISynchronizeInvoke SynchronizingObject { get; set; }
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
[System.IO.IODescription("The object used to marshal the event handler calls resulting from a directory change")]
public System.ComponentModel.ISynchronizeInvoke SynchronizingObject { get; set; }
member this.SynchronizingObject : System.ComponentModel.ISynchronizeInvoke with get, set
[<System.IO.IODescription("FSW_SynchronizingObject")>]
member this.SynchronizingObject : System.ComponentModel.ISynchronizeInvoke with get, set
[<System.IO.IODescription("FSW_SynchronizingObject")>]
[<System.ComponentModel.Browsable(false)>]
member this.SynchronizingObject : System.ComponentModel.ISynchronizeInvoke with get, set
[<System.ComponentModel.Browsable(false)>]
member this.SynchronizingObject : System.ComponentModel.ISynchronizeInvoke with get, set
[<System.ComponentModel.Browsable(false)>]
[<System.IO.IODescription("The object used to marshal the event handler calls resulting from a directory change")>]
member this.SynchronizingObject : System.ComponentModel.ISynchronizeInvoke with get, set
Public Property SynchronizingObject As ISynchronizeInvoke

プロパティ値

ISynchronizeInvoke

ディレクトリ変更の結果として発行されるイベント ハンドラー呼び出しをマーシャリングするために使用するオブジェクトを表す ISynchronizeInvoke。 既定値は、null です。

属性

注釈

とき、およびRenamedイベントを処理するCreatedChangedDeletedメソッドは、システム スレッド プールからスレッドで呼び出されます。SynchronizingObject null システム スレッド プールの詳細については、次を参照してください ThreadPool

ChangedCreatedDeletedおよびRenamedイベントがビジュアル Windows フォーム コンポーネントによって処理される場合 (たとえばButton、システム スレッド プールを介してコンポーネントにアクセスする) が機能しない場合や、例外が発生する可能性があります。 これを回避するには、Windows フォーム コンポーネントに設定SynchronizingObjectします。これにより、コンポーネントが作成されたのと同じスレッドで 、CreatedDeletedおよびRenamedイベントを処理Changedするメソッドが呼び出されます。

FileSystemWatcher Windows フォーム デザイナーで 2005 Visual Studio内で使用されている場合は、 SynchronizingObject FileSystemWatcher. たとえば、Form1 (継承Form元) SynchronizingObject のデザイナーに配置FileSystemWatcherした場合、そのプロパティFileSystemWatcherは Form1 のインスタンスに設定されます。

適用対象

こちらもご覧ください