PipeWriter クラス

定義

データを書き込めるパイプラインを提供するクラスを定義します。Defines a class that provides a pipeline to which data can be written.

public ref class PipeWriter abstract : System::Buffers::IBufferWriter<System::Byte>
public abstract class PipeWriter : System.Buffers.IBufferWriter<byte>
type PipeWriter = class
    interface IBufferWriter<byte>
Public MustInherit Class PipeWriter
Implements IBufferWriter(Of Byte)
継承
PipeWriter
実装

コンストラクター

PipeWriter()

クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the class.

メソッド

Advance(Int32)

PipeWriter バイトが出力 bytes または Span<T> に書き込まれたことを Memory<T> に通知します。Notifies the PipeWriter that bytes bytes were written to the output Span<T> or Memory<T>. さらにデータの書き込みを続けるには、Advance(Int32) を呼び出した後に新しいバッファーを要求する必要があります。前に取得したバッファーに書き込むことはできません。You must request a new buffer after calling Advance(Int32) to continue writing more data; you cannot write to a previously acquired buffer.

AsStream(Boolean)

Stream によってラップされた基になる PipeWriter を返します。Returns the underlying Stream wrapped by the PipeWriter.

CancelPendingFlush()

保留中の FlushAsync(CancellationToken) 操作をキャンセルします。Cancels the pending FlushAsync(CancellationToken) operation. ない場合は、FlushAsync(CancellationToken) を完了せずに、次の PipeWriter 操作をキャンセルします。If there is none, cancels next FlushAsync(CancellationToken) operation, without completing the PipeWriter.

Complete(Exception)

完了していると PipeWriter をマークします。これ以上の項目は書き込まれないという意味です。Marks the PipeWriter as being complete, meaning no more items will be written to it.

CompleteAsync(Exception)

現在のパイプの書き込み側のインスタンスを完了済みとしてマークします。これは、これ以上データが書き込まれなくなることを意味します。Marks the current pipe writer instance as being complete, meaning no more data will be written to it.

CopyFromAsync(Stream, CancellationToken)

指定したストリームからバイトを非同期に読み取り、PipeWriter に書き込みます。Asynchronously reads the bytes from the specified stream and writes them to the PipeWriter.

Create(Stream, StreamPipeWriterOptions)

指定した PipeWriter をラップする Stream を作成します。Creates a PipeWriter wrapping the specified Stream.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
FlushAsync(CancellationToken)

PipeReader に対して書き込みバイト数を使用できるようにし、ReadAsync(CancellationToken) 継続を実行します。Makes bytes written available to PipeReader and runs ReadAsync(CancellationToken) continuation.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetMemory(Int32)

少なくとも Memory<T> パラメーターで指定した要求されたサイズを持つ、書き込み先の sizeHint を返します。Returns a Memory<T> to write to that is at least the requested size, as specified by the sizeHint parameter.

GetSpan(Int32)

少なくとも Span<T> パラメーターで指定した要求されたサイズを持つ、書き込み先の sizeHint を返します。Returns a Span<T> to write to that is at least the requested size, as specified by the sizeHint parameter.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
OnReaderCompleted(Action<Exception,Object>, Object)

パイプの PipeReader 側が完了すると実行されるコールバックを登録します。Registers a callback that executes when the PipeReader side of the pipe is completed.

ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
WriteAsync(ReadOnlyMemory<Byte>, CancellationToken)

指定されたバイト メモリ範囲をパイプに書き込み、PipeReader がデータにアクセスできるようにします。Writes the specified byte memory range to the pipe and makes data accessible to the PipeReader.

適用対象