AnonymousPipeServerStream クラス

定義

同期と非同期の読み書き操作をサポートする匿名パイプに関連するストリームを公開します。Exposes a stream around an anonymous pipe, which supports both synchronous and asynchronous read and write operations.

public ref class AnonymousPipeServerStream sealed : System::IO::Pipes::PipeStream
public sealed class AnonymousPipeServerStream : System.IO.Pipes.PipeStream
type AnonymousPipeServerStream = class
    inherit PipeStream
Public NotInheritable Class AnonymousPipeServerStream
Inherits PipeStream
継承
AnonymousPipeServerStream
継承
AnonymousPipeServerStream

次の例では、匿名パイプを使用して、親プロセスから子プロセスに文字列を送信します。The following example sends a string from a parent process to a child process using anonymous pipes. この例では、AnonymousPipeServerStreamPipeDirection 値を使用して、親プロセス内に PipeDirection.Out オブジェクトを作成しています。This example creates an AnonymousPipeServerStream object in a parent process with a PipeDirection value of PipeDirection.Out. また、PipeDirection の値が PipeDirection.Inの子プロセスに AnonymousPipeClientStream オブジェクトを作成します。It also creates an AnonymousPipeClientStream object in a child process with a PipeDirection value of PipeDirection.In. 次に、親プロセスはユーザー指定の文字列を子プロセスに送信します。The parent process then sends a user-supplied string to the child process. 文字列がコンソールに表示されます。The string is displayed to the console.

この例は、AnonymousPipeServerStream クラスを使用するサーバープロセス用です。This example is for the server process, which uses the AnonymousPipeServerStream class. パイプクライアントとサーバーの両方のコードを含む、コード例全体については、「方法: ローカルのプロセス間通信で匿名パイプを使用する」を参照してください。For the entire code example, including the code for both the pipe client and server, see How to: Use Anonymous Pipes for Local Interprocess Communication.

//<snippet01>
#using <System.dll>
#using <System.Core.dll>

using namespace System;
using namespace System::IO;
using namespace System::IO::Pipes;
using namespace System::Diagnostics;

ref class PipeServer
{
public:
    static void Main()
    {
        Process^ pipeClient = gcnew Process();

        pipeClient->StartInfo->FileName = "pipeClient.exe";

        AnonymousPipeServerStream^ pipeServer =
            gcnew AnonymousPipeServerStream(PipeDirection::Out,
            HandleInheritability::Inheritable);

        Console::WriteLine("[SERVER] Current TransmissionMode: {0}.",
            pipeServer->TransmissionMode);

        // Pass the client process a handle to the server.
        pipeClient->StartInfo->Arguments =
            pipeServer->GetClientHandleAsString();
        pipeClient->StartInfo->UseShellExecute = false;
        pipeClient->Start();

        pipeServer->DisposeLocalCopyOfClientHandle();

        try
        {
            // Read user input and send that to the client process.
            StreamWriter^ sw = gcnew StreamWriter(pipeServer);

            sw->AutoFlush = true;
            // Send a 'sync message' and wait for client to receive it.
            sw->WriteLine("SYNC");
            pipeServer->WaitForPipeDrain();
            // Send the console input to the client process.
            Console::Write("[SERVER] Enter text: ");
            sw->WriteLine(Console::ReadLine());
            sw->Close();
        }
        // Catch the IOException that is raised if the pipe is broken
        // or disconnected.
        catch (IOException^ e)
        {
            Console::WriteLine("[SERVER] Error: {0}", e->Message);
        }
        pipeServer->Close();
        pipeClient->WaitForExit();
        pipeClient->Close();
        Console::WriteLine("[SERVER] Client quit. Server terminating.");
    }
};

int main()
{
    PipeServer::Main();
}
//</snippet01>
//<snippet01>
using System;
using System.IO;
using System.IO.Pipes;
using System.Diagnostics;

class PipeServer
{
    static void Main()
    {
        Process pipeClient = new Process();

        pipeClient.StartInfo.FileName = "pipeClient.exe";

        using (AnonymousPipeServerStream pipeServer =
            new AnonymousPipeServerStream(PipeDirection.Out,
            HandleInheritability.Inheritable))
        {
            Console.WriteLine("[SERVER] Current TransmissionMode: {0}.",
                pipeServer.TransmissionMode);

            // Pass the client process a handle to the server.
            pipeClient.StartInfo.Arguments =
                pipeServer.GetClientHandleAsString();
            pipeClient.StartInfo.UseShellExecute = false;
            pipeClient.Start();

            pipeServer.DisposeLocalCopyOfClientHandle();

            try
            {
                // Read user input and send that to the client process.
                using (StreamWriter sw = new StreamWriter(pipeServer))
                {
                    sw.AutoFlush = true;
                    // Send a 'sync message' and wait for client to receive it.
                    sw.WriteLine("SYNC");
                    pipeServer.WaitForPipeDrain();
                    // Send the console input to the client process.
                    Console.Write("[SERVER] Enter text: ");
                    sw.WriteLine(Console.ReadLine());
                }
            }
            // Catch the IOException that is raised if the pipe is broken
            // or disconnected.
            catch (IOException e)
            {
                Console.WriteLine("[SERVER] Error: {0}", e.Message);
            }
        }

        pipeClient.WaitForExit();
        pipeClient.Close();
        Console.WriteLine("[SERVER] Client quit. Server terminating.");
    }
}
//</snippet01>
'<snippet01>
Imports System.IO
Imports System.IO.Pipes
Imports System.Diagnostics

Class PipeServer
    Shared Sub Main()
        Dim pipeClient As New Process()

        pipeClient.StartInfo.FileName = "pipeClient.exe"

        Using pipeServer As New AnonymousPipeServerStream(PipeDirection.Out, _
            HandleInheritability.Inheritable)

            Console.WriteLine("[SERVER] Current TransmissionMode: {0}.",
                pipeServer.TransmissionMode)

            ' Pass the client process a handle to the server.
            pipeClient.StartInfo.Arguments = pipeServer.GetClientHandleAsString()
            pipeClient.StartInfo.UseShellExecute = false
            pipeClient.Start()

            pipeServer.DisposeLocalCopyOfClientHandle()

            Try
                ' Read user input and send that to the client process.
                Using sw As New StreamWriter(pipeServer)
                    sw.AutoFlush = true
                    ' Send a 'sync message' and wait for client to receive it.
                    sw.WriteLine("SYNC")
                    pipeServer.WaitForPipeDrain()
                    ' Send the console input to the client process.
                    Console.Write("[SERVER] Enter text: ")
                    sw.WriteLine(Console.ReadLine())
                End Using
            Catch e As IOException
                ' Catch the IOException that is raised if the pipe is broken
                ' or disconnected.
                Console.WriteLine("[SERVER] Error: {0}", e.Message)
            End Try
        End Using

        pipeClient.WaitForExit()
        pipeClient.Close()
        Console.WriteLine("[SERVER] Client quit. Server terminating.")
    End Sub
End Class
'</snippet01>

注釈

匿名パイプは、子プロセスと親プロセス間の安全で安全なプロセス間通信を提供するのに役立ちます。Anonymous pipes help provide safe and secure interprocess communication between child and parent processes. AnonymousPipeServerStream クラスを使用すると、親プロセスで子プロセスとの間で情報を送受信できます。The AnonymousPipeServerStream class enables a parent process to send or receive information from a child process.

匿名パイプは、通常、親プロセスと子プロセスの間でデータを転送する、名前のない一方向パイプです。Anonymous pipes are unnamed, one-way pipes that typically transfer data between parent and child processes. 匿名パイプは常にローカルです。ネットワーク経由で使用することはできません。Anonymous pipes are always local; they cannot be used over a network. 匿名パイプは一方向に定義されているため、InOutPipeDirection 値はサポートされていません。A PipeDirection value of InOut is not supported because anonymous pipes are defined to be one-way.

匿名パイプでは、PipeTransmissionMode.Message 読み取りモードはサポートされていません。Anonymous pipes do not support the PipeTransmissionMode.Message read mode.

匿名パイプのクライアント側は、GetClientHandleAsString メソッドを呼び出すことによって、サーバー側によって提供されるパイプハンドルから作成する必要があります。The client side of an anonymous pipe must be created from a pipe handle provided by the server side by calling the GetClientHandleAsString method. 次に、クライアントプロセスを作成するときに、文字列がパラメーターとして渡されます。The string is then passed as a parameter when creating the client process. 次に、クライアントプロセスから、pipeHandleAsString パラメーターとして AnonymousPipeClientStream コンストラクターに渡されます。From the client process, it is then passed to the AnonymousPipeClientStream constructor as the pipeHandleAsString parameter.

AnonymousPipeServerStream オブジェクトは、クライアントが終了したときに通知を受けるために、DisposeLocalCopyOfClientHandle メソッドを使用してクライアントハンドルを破棄する必要があります。The AnonymousPipeServerStream object must dispose the client handle using the DisposeLocalCopyOfClientHandle method in order to be notified when the client exits.

コンストラクター

AnonymousPipeServerStream()

AnonymousPipeServerStream クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the AnonymousPipeServerStream class.

AnonymousPipeServerStream(PipeDirection)

パイプの方向を指定して AnonymousPipeServerStream クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the AnonymousPipeServerStream class with the specified pipe direction.

AnonymousPipeServerStream(PipeDirection, HandleInheritability)

パイプの方向と継承性のモードを指定して、AnonymousPipeServerStream クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the AnonymousPipeServerStream class with the specified pipe direction and inheritability mode.

AnonymousPipeServerStream(PipeDirection, HandleInheritability, Int32)

パイプの方向、継承性のモード、バッファー サイズを指定して、AnonymousPipeServerStream クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the AnonymousPipeServerStream class with the specified pipe direction, inheritability mode, and buffer size.

AnonymousPipeServerStream(PipeDirection, HandleInheritability, Int32, PipeSecurity)

パイプの方向、継承性のモード、バッファー サイズ、パイプのセキュリティを指定して、AnonymousPipeServerStream クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the AnonymousPipeServerStream class with the specified pipe direction, inheritability mode, buffer size, and pipe security.

AnonymousPipeServerStream(PipeDirection, SafePipeHandle, SafePipeHandle)

指定したパイプ ハンドルから AnonymousPipeServerStream クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the AnonymousPipeServerStream class from the specified pipe handles.

プロパティ

CanRead

現在のストリームが読み取り操作をサポートしているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the current stream supports read operations.

(継承元 PipeStream)
CanSeek

現在のストリームがシーク操作をサポートしているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the current stream supports seek operations.

(継承元 PipeStream)
CanTimeout

現在のストリームがタイムアウトできるかどうかを決定する値を取得します。Gets a value that determines whether the current stream can time out.

(継承元 Stream)
CanWrite

現在のストリームが書き込み操作をサポートしているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the current stream supports write operations.

(継承元 PipeStream)
ClientSafePipeHandle

現在 AnonymousPipeServerStream オブジェクトに接続されている AnonymousPipeClientStream オブジェクトのセーフ ハンドルを取得します。Gets the safe handle for the AnonymousPipeClientStream object that is currently connected to the AnonymousPipeServerStream object.

InBufferSize

パイプの着信バッファーのサイズ (バイト単位) を取得します。Gets the size, in bytes, of the inbound buffer for a pipe.

(継承元 PipeStream)
IsAsync

PipeStream オブジェクトが非同期的に開かれたか、同期的に開かれたかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether a PipeStream object was opened asynchronously or synchronously.

(継承元 PipeStream)
IsConnected

PipeStream オブジェクトが接続されているかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether a PipeStream object is connected.

(継承元 PipeStream)
IsHandleExposed

PipeStream オブジェクトのハンドルが公開されているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether a handle to a PipeStream object is exposed.

(継承元 PipeStream)
IsMessageComplete

最後に実行された読み取り操作から返されたメッセージに他のデータが存在するかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether there is more data in the message returned from the most recent read operation.

(継承元 PipeStream)
Length

ストリーム長 (バイト単位) を取得します。Gets the length of a stream, in bytes.

(継承元 PipeStream)
OutBufferSize

パイプの発信バッファーのサイズ (バイト単位) を取得します。Gets the size, in bytes, of the outbound buffer for a pipe.

(継承元 PipeStream)
Position

現在のストリームの現在位置を取得または設定します。Gets or sets the current position of the current stream.

(継承元 PipeStream)
ReadMode

AnonymousPipeServerStream オブジェクトの読み取りモードを設定します。Sets the reading mode for the AnonymousPipeServerStream object. 匿名パイプでは、送信モードを Byte にする必要があります。For anonymous pipes, transmission mode must be Byte.

ReadTimeout

ストリームがタイムアウト前に読み取りを試みる期間を決定する値 (ミリ秒単位) を取得または設定します。Gets or sets a value, in milliseconds, that determines how long the stream will attempt to read before timing out.

(継承元 Stream)
SafePipeHandle

現在の PipeStream オブジェクトによってカプセル化されるパイプのローカルの終端のセーフ ハンドルを取得します。Gets the safe handle for the local end of the pipe that the current PipeStream object encapsulates.

(継承元 PipeStream)
TransmissionMode

現在のパイプでサポートされるパイプ送信モードを取得します。Gets the pipe transmission mode that is supported by the current pipe.

WriteTimeout

ストリームがタイムアウト前に書き込みを試行する期間を決定する値 (ミリ秒単位) を取得または設定します。Gets or sets a value, in milliseconds, that determines how long the stream will attempt to write before timing out.

(継承元 Stream)

メソッド

BeginRead(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object)

非同期の読み取り操作を開始します。Begins an asynchronous read operation.

(継承元 PipeStream)
BeginWrite(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object)

非同期の書き込み操作を開始します。Begins an asynchronous write operation.

(継承元 PipeStream)
CheckPipePropertyOperations()

パイプがプロパティの取得または設定に対して適切な状態にあることを確認します。Verifies that the pipe is in a proper state for getting or setting properties.

(継承元 PipeStream)
CheckReadOperations()

パイプが読み取り操作に対して接続状態にあることを確認します。Verifies that the pipe is in a connected state for read operations.

(継承元 PipeStream)
CheckWriteOperations()

パイプが書き込み操作に対して接続状態にあることを確認します。Verifies that the pipe is in a connected state for write operations.

(継承元 PipeStream)
Close()

現在のストリームを閉じ、現在のストリームに関連付けられているすべてのリソース (ソケット、ファイル ハンドルなど) を解放します。Closes the current stream and releases any resources (such as sockets and file handles) associated with the current stream. このメソッドを呼び出す代わりに、ストリームが適切に破棄されていることを確認します。Instead of calling this method, ensure that the stream is properly disposed.

(継承元 Stream)
CopyTo(ReadOnlySpanAction<Byte,Object>, Object, Int32) (継承元 Stream)
CopyTo(Stream)

現在のストリームからバイトを読み取り、別のストリームに書き込みます。Reads the bytes from the current stream and writes them to another stream.

(継承元 Stream)
CopyTo(Stream, Int32)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを読み取り、別のストリームに書き込みます。Reads the bytes from the current stream and writes them to another stream, using a specified buffer size.

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Func<ReadOnlyMemory<Byte>,Object,CancellationToken,ValueTask>, Object, Int32, CancellationToken) (継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream)

現在のストリームからすべてのバイトを非同期に読み取り、別のストリームに書き込みます。Asynchronously reads the bytes from the current stream and writes them to another stream.

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream, CancellationToken)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、指定されたキャンセル トークンを使用して、別のストリームに書き込みます。Asynchronously reads the bytes from the current stream and writes them to another stream, using a specified cancellation token.

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream, Int32)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、別のストリームに書き込みます。Asynchronously reads the bytes from the current stream and writes them to another stream, using a specified buffer size.

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream, Int32, CancellationToken)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、指定されたバッファー サイズとキャンセル トークンを使用して、別のストリームに書き込みます。Asynchronously reads the bytes from the current stream and writes them to another stream, using a specified buffer size and cancellation token.

(継承元 Stream)
CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(継承元 MarshalByRefObject)
CreateWaitHandle()

WaitHandle オブジェクトを割り当てます。Allocates a WaitHandle object.

(継承元 Stream)
Dispose()

Stream で使用されるすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the Stream.

(継承元 Stream)
Dispose(Boolean)

PipeStream クラスによって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the PipeStream class and optionally releases the managed resources.

(継承元 PipeStream)
DisposeAsync()

Stream によって使用されているアンマネージ リソースを非同期に解放します。Asynchronously releases the unmanaged resources used by the Stream.

(継承元 Stream)
DisposeLocalCopyOfClientHandle()

AnonymousPipeClientStream オブジェクトのハンドルのローカル コピーを閉じます。Closes the local copy of the AnonymousPipeClientStream object's handle.

EndRead(IAsyncResult)

非同期読み込み要求の保留状態を終了します。Ends a pending asynchronous read request.

(継承元 PipeStream)
EndWrite(IAsyncResult)

保留中の非同期書き込み要求を終了します。Ends a pending asynchronous write request.

(継承元 PipeStream)
Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
Finalize()

AnonymousPipeServerStream インスタンスがガベージ コレクションによって回収される前に、アンマネージ リソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行します。Releases unmanaged resources and performs other cleanup operations before the AnonymousPipeServerStream instance is reclaimed by garbage collection.

Flush()

現在のストリームに対応するバッファーをクリアし、バッファー内のすべてのデータを、基になるデバイスに書き込みます。Clears the buffer for the current stream and causes any buffered data to be written to the underlying device.

(継承元 PipeStream)
FlushAsync()

ストリームに対応するすべてのバッファーを非同期にクリアし、バッファー内のデータを基になるデバイスに書き込みます。Asynchronously clears all buffers for this stream and causes any buffered data to be written to the underlying device.

(継承元 Stream)
FlushAsync(CancellationToken) (継承元 PipeStream)
GetAccessControl()

現在の PipeSecurity オブジェクトが示すパイプのアクセス制御リスト (ACL) エントリをカプセル化する PipeStream オブジェクトを取得します。Gets a PipeSecurity object that encapsulates the access control list (ACL) entries for the pipe described by the current PipeStream object.

(継承元 PipeStream)
GetClientHandleAsString()

接続されている AnonymousPipeClientStream オブジェクトのハンドルを文字列として取得します。Gets the connected AnonymousPipeClientStream object's handle as a string.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitializeHandle(SafePipeHandle, Boolean, Boolean)

指定した PipeStream オブジェクトから、SafePipeHandle オブジェクトを初期化します。Initializes a PipeStream object from the specified SafePipeHandle object.

(継承元 PipeStream)
InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(継承元 MarshalByRefObject)
ObjectInvariant()

Contract のサポートを提供します。Provides support for a Contract.

(継承元 Stream)
Read(Byte[], Int32, Int32)

ストリームからバイトのブロックを読み取り、指定した長さの指定した位置を開始位置として、指定したバッファーにデータを書き込みます。Reads a block of bytes from a stream and writes the data to a specified buffer starting at a specified position for a specified length.

(継承元 PipeStream)
Read(Span<Byte>)

現在のストリームからバイト シーケンスを読み取り、バイト配列に書き込んで、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進めます。Reads a sequence of bytes from the current stream, writes them to a byte array, and advances the position within the stream by the number of bytes read.

(継承元 PipeStream)
ReadAsync(Byte[], Int32, Int32)

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進めます。Asynchronously reads a sequence of bytes from the current stream and advances the position within the stream by the number of bytes read.

(継承元 Stream)
ReadAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

現在のストリームからバイト シーケンスを、指定したバイト数の指定した位置を開始位置としてバイト配列に非同期に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進め、キャンセル要求を監視します。Asynchronously reads a sequence of bytes from the current stream to a byte array starting at a specified position for a specified number of bytes, advances the position within the stream by the number of bytes read, and monitors cancellation requests.

(継承元 PipeStream)
ReadAsync(Memory<Byte>, CancellationToken)

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、バイト メモリの範囲に書き込んで、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進め、キャンセル要求を監視します。Asynchronously reads a sequence of bytes from the current stream, writes them to a byte memory range, advances the position within the stream by the number of bytes read, and monitors cancellation requests.

(継承元 PipeStream)
ReadByte()

パイプからバイトを読み取ります。Reads a byte from a pipe.

(継承元 PipeStream)
Seek(Int64, SeekOrigin)

現在のストリームの現在位置を、指定した値に設定します。Sets the current position of the current stream to the specified value.

(継承元 PipeStream)
SetAccessControl(PipeSecurity)

PipeSecurity オブジェクトで指定されたアクセス制御リスト (ACL) エントリを、現在の PipeStream オブジェクトで指定されたパイプに適用します。Applies the access control list (ACL) entries specified by a PipeSecurity object to the pipe specified by the current PipeStream object.

(継承元 PipeStream)
SetLength(Int64)

現在のストリーム長を指定した値に設定します。Sets the length of the current stream to the specified value.

(継承元 PipeStream)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
WaitForPipeDrain()

パイプのもう一方の終端が、送信されたすべてのバイトを読み取るまで待機します。Waits for the other end of the pipe to read all sent bytes.

(継承元 PipeStream)
Write(Byte[], Int32, Int32)

バッファーのデータを使用して、現在のストリームにバイトのブロックを書き込みます。Writes a block of bytes to the current stream using data from a buffer.

(継承元 PipeStream)
Write(ReadOnlySpan<Byte>)

現在のストリームにバイト シーケンスを書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進めます。Writes a sequence of bytes to the current stream and advances the current position within this stream by the number of bytes written.

(継承元 PipeStream)
WriteAsync(Byte[], Int32, Int32)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進めます。Asynchronously writes a sequence of bytes to the current stream and advances the current position within this stream by the number of bytes written.

(継承元 Stream)
WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

指定した位置を開始位置としてバイト配列から指定したバイト数を非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけこのストリーム内の現在の位置を進め、キャンセル要求を監視します。Asynchronously writes a specified number of bytes from a byte array starting at a specified position, advances the current position within this stream by the number of bytes written, and monitors cancellation requests.

(継承元 PipeStream)
WriteAsync(ReadOnlyMemory<Byte>, CancellationToken)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進め、キャンセル要求を監視します。Asynchronously writes a sequence of bytes to the current stream, advances the current position within this stream by the number of bytes written, and monitors cancellation requests.

(継承元 PipeStream)
WriteByte(Byte)

現在のストリームにバイトを書き込みます。Writes a byte to the current stream.

(継承元 PipeStream)

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

Stream で使用されるすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the Stream.

(継承元 Stream)

拡張メソッド

GetAccessControl(PipeStream)

パイプ ストリームのセキュリティ情報を返します。Returns the security information of a pipe stream.

SetAccessControl(PipeStream, PipeSecurity)

既存のパイプ ストリームのセキュリティ属性を変更します。Changes the security attributes of an existing pipe stream.

適用対象