Stream.Close メソッド

定義

現在のストリームを閉じ、現在のストリームに関連付けられているすべてのリソース (ソケット、ファイル ハンドルなど) を解放します。 このメソッドを呼び出す代わりに、ストリームが適切に破棄されていることを確認します。

public:
 virtual void Close();
public virtual void Close ();
abstract member Close : unit -> unit
override this.Close : unit -> unit
Public Overridable Sub Close ()

注釈

このメソッドは、すべてのリソースを解放することを指定してtrue呼び出しますDispose。 メソッドを具体的に呼び出す Close 必要はありません。 代わりに、すべての Stream オブジェクトが適切に破棄されていることを確認します。 ブロック内のオブジェクト (または Using Visual Basic のブロック) 内usingでオブジェクトを宣言Streamして、ストリームとそのすべてのリソースが確実に破棄されるようにするか、メソッドをDispose明示的に呼び出すことができます。

ストリームをフラッシュしても、明示的に実装をClose呼び出さない限り、基になるエンコーダーはFlushフラッシュされません。 バッファーからストリームにtrueデータがフラッシュされますが、エンコーダーの状態はフラッシュされないことを意味するように設定AutoFlushします。 これにより、エンコーダーは状態 (部分的な文字) を保持して、次の文字ブロックを正しくエンコードできます。 このシナリオは UTF8 と UTF7 に影響を与え、エンコーダーが隣接する文字または文字を受信した後でのみ特定の文字をエンコードできます。

ストリームが閉じられた後にストリームを操作しようとすると、次の値がスロー ObjectDisposedExceptionされる可能性があります。

注意 (継承者)

派生クラスでは、メソッドを Close() オーバーライドしないでください。代わりに、すべてのクリーンアップ ロジックを Stream メソッドに Dispose(Boolean) 配置します。 詳細については、「 Dispose メソッドの実装」を参照してください。

適用対象

こちらもご覧ください