Stream.Write メソッド

定義

オーバーロード

Write(ReadOnlySpan<Byte>)

派生クラスによってオーバーライドされた場合は、現在のストリームにバイト シーケンスを書き込み、書き込んだバイト数の分だけストリームの現在位置を進めます。

Write(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスによってオーバーライドされた場合は、現在のストリームにバイト シーケンスを書き込み、書き込んだバイト数の分だけストリームの現在位置を進めます。

Write(ReadOnlySpan<Byte>)

派生クラスによってオーバーライドされた場合は、現在のストリームにバイト シーケンスを書き込み、書き込んだバイト数の分だけストリームの現在位置を進めます。

public:
 virtual void Write(ReadOnlySpan<System::Byte> buffer);
public virtual void Write (ReadOnlySpan<byte> buffer);
abstract member Write : ReadOnlySpan<byte> -> unit
override this.Write : ReadOnlySpan<byte> -> unit
Public Overridable Sub Write (buffer As ReadOnlySpan(Of Byte))

パラメーター

buffer
ReadOnlySpan<Byte>

メモリの領域。 このメソッドでは、この領域のコンテンツが現在のストリームにコピーされます。

注釈

CanWrite現在のインスタンスが書き込みをサポートしているかどうかを判断するには、プロパティを使用します。 現在の WriteAsync ストリームに非同期に書き込むには、メソッドを使用します。

書き込み操作が成功した場合、ストリーム内の位置は、書き込まれたバイト数だけ進みます。 例外が発生した場合、ストリーム内の位置は変更されません。

適用対象

Write(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスによってオーバーライドされた場合は、現在のストリームにバイト シーケンスを書き込み、書き込んだバイト数の分だけストリームの現在位置を進めます。

public:
 abstract void Write(cli::array <System::Byte> ^ buffer, int offset, int count);
public abstract void Write (byte[] buffer, int offset, int count);
abstract member Write : byte[] * int * int -> unit
Public MustOverride Sub Write (buffer As Byte(), offset As Integer, count As Integer)

パラメーター

buffer
Byte[]

バイト配列。 このメソッドは、buffer から現在のストリームに、count で指定されたバイト数だけコピーします。

offset
Int32

現在のストリームへのバイトのコピーを開始する位置を示す buffer 内のバイト オフセット。インデックス番号は 0 から始まります。

count
Int32

現在のストリームに書き込むバイト数。

例外

offsetcount の合計が、バッファーの長さよりも大きくなっています。

buffernullです。

offset または count が負の値です。

指定したファイルが見つからないなど、I/O エラーが発生しました。

ストリームは書き込みをサポートしません。

ストリームが閉じた後で Write(Byte[], Int32, Int32) が呼び出されました。

注釈

CanWrite現在のインスタンスが書き込みをサポートしているかどうかを判断するには、プロパティを使用します。 現在の WriteAsync ストリームに非同期に書き込むには、メソッドを使用します。

書き込み操作が成功した場合、ストリーム内の位置は、書き込まれたバイト数だけ進みます。 例外が発生した場合、ストリーム内の位置は変更されません。

こちらもご覧ください

適用対象