TextWriter.FormatProvider プロパティ

定義

書式を制御するオブジェクトを取得します。Gets an object that controls formatting.

public:
 virtual property IFormatProvider ^ FormatProvider { IFormatProvider ^ get(); };
public virtual IFormatProvider FormatProvider { get; }
member this.FormatProvider : IFormatProvider
Public Overridable ReadOnly Property FormatProvider As IFormatProvider

プロパティ値

IFormatProvider

特定のカルチャ設定の IFormatProvider オブジェクト、または他のカルチャ設定が指定されていない場合は現在のカルチャ設定の書式。An IFormatProvider object for a specific culture, or the formatting of the current culture if no other culture is specified.

注釈

プロパティの値は、 FormatProvider メソッドとメソッドを呼び出すときに使用されるカルチャ固有の書式を指定し Write WriteLine ます。The value of the FormatProvider property specifies the culture-specific formatting that is used when you call the Write and WriteLine methods. 書式プロバイダーを提供しない場合は、コンストラクターを使用してインスタンスを作成し TextWriter() ます。これにより、プロパティがに設定され FormatProvider null ます。If you do not want to provide a format provider, you create an instance by using the TextWriter() constructor, which sets the FormatProvider property to null. プロパティに FormatProvider が含まれている場合 null 、現在のスレッドのカルチャが書式設定に使用されます。When the FormatProvider property contains null, the culture of the current thread is used for formatting.

ファイルを作成し、ファイルにテキストを書き込む例については、「 方法: ファイルにテキストを書き込む」を参照してください。For an example of creating a file and writing text to a file, see How to: Write Text to a File. ファイルからテキストを読み取る例については、「 方法: ファイルからテキストを読み取る」を参照してください。For an example of reading text from a file, see How to: Read Text from a File. バイナリファイルの読み取りと書き込みの例については、「 方法: 新しく作成されたデータファイルに対して読み取りと書き込みを行う」を参照してください。For an example of reading from and writing to a binary file, see How to: Read and Write to a Newly Created Data File.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

適用対象

こちらもご覧ください