HttpWebRequest.PreAuthenticate プロパティ

定義

要求で Authorization ヘッダーを送信するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether to send an Authorization header with the request.

public:
 virtual property bool PreAuthenticate { bool get(); void set(bool value); };
public override bool PreAuthenticate { get; set; }
member this.PreAuthenticate : bool with get, set
Public Overrides Property PreAuthenticate As Boolean

プロパティ値

認証が行われた後で、要求と共に HTTP 認証ヘッダーを送信する場合は true。それ以外の場合は falsetrue to send an HTTP Authorization header with requests after authentication has taken place; otherwise, false. 既定値は、false です。The default is false.

注釈

特定の Uri に対するクライアント要求が正常に認証されると、PreAuthenticatetrue、資格情報が指定された場合、承認ヘッダーは、各要求と共に、過去の特定の Uri に一致するすべての Uri に送信されます。/.After a client request to a specific Uri is successfully authenticated, if PreAuthenticate is true and credentials are supplied, the Authorization header is sent with each request to any Uri that matches the specific Uri up to the last forward slash. クライアント要求が、次を含む特定の Uri に対して正常に認証された場合は、次のようになります。So if the client request successfully authenticated to a specific Uri that contains the following:

http://www.contoso.com/firstpath/

その後、事前認証の Authorization ヘッダーは、各要求と共に、次のいずれかの Uri インスタンスに送信されます。Then the Authorization header for preauthentication is sent with each request to any of the following Uri instances:

http://www.contoso.com/firstpath/

http://www.contoso.com/firstpath/default

http://www.contoso.com/firstpath/default.html

http://www.contoso.com/firstpath/sample.html

ただし、Authorization ヘッダーは、次のいずれかの Uri インスタンスに要求と共に送信されることはありません。However, the Authorization header is not sent with requests to any of the following Uri instances:

http://www.contoso.com/

http://www.contoso.com/firstpath

http://www.contoso.com/secondpath/

特定の Uri に対するクライアント要求が正常に認証されなかった場合、要求では標準の認証手順が使用されます。If the client request to a specific Uri is not successfully authenticated, the request uses standard authentication procedures.

最初の要求を除き、PreAuthenticate のプロパティは、次の要求と共に認証情報を送信するかどうかを指定します。これは、Uri Uri に対して、server.With the exception of the first request, the PreAuthenticate property indicates whether to send authentication information with subsequent requests to a Uri that matches the specific Uri up to the last forward slash without waiting to be challenged by the server.

クライアントとサーバーの間の次のダイアログは、このプロパティの効果を示しています。The following dialog between client and server illustrates the effect of this property. このダイアログでは、基本認証が使用されていることを前提としています。The dialog assumes that basic authentication is in use.

PreAuthenticatefalse:PreAuthenticate is false:

クライアント:Url の取得Client: GET someUrl

サーバー401 WWW-認証の基本Server: 401 WWW-Authenticate Basic

クライアント:Authorization ヘッダーを使用して取得するClient: GET with Authorization headers

サーバー200 OKServer: 200 OK

クライアント:Url の取得Client: GET someUrl

サーバー401 WWW-認証の基本Server: 401 WWW-Authenticate Basic

クライアント:Authorization ヘッダーを使用して取得するClient: GET with Authorization headers

サーバー200 OKServer: 200 OK

PreAuthenticatetrue:PreAuthenticate is true:

クライアント:Url の取得Client: GET someUrl

サーバー401 WWW-認証の基本Server: 401 WWW-Authenticate Basic

クライアント:Authorization ヘッダーを使用して取得するClient: GET with Authorization headers

サーバー200 OKServer: 200 OK

クライアント:承認ヘッダーを使用して Url を取得するClient: GET someUrl with Authorization headers

認証方式で事前認証がサポートされていない場合、このプロパティの値は無視されます。If the authentication scheme does not support preauthentication, the value of this property is ignored.

適用対象