NameChangedEventArgs クラス

定義

NameChanged イベントが発生したときに、コールバック メソッドに限定情報を提供します。Provides qualifying information to a callback method when a NameChanged event occurs.

public ref class NameChangedEventArgs : EventArgs
public class NameChangedEventArgs : EventArgs
type NameChangedEventArgs = class
    inherit EventArgs
Public Class NameChangedEventArgs
Inherits EventArgs
継承
NameChangedEventArgs

プロパティ

Name

Name の新しい PeerEndPoint を取得します。Gets the new Name for the PeerEndPoint.

PeerContact

PeerContact に関連付けられている PeerEndPoint を取得します。Gets the PeerContact associated with the PeerEndPoint.

PeerEndPoint

PeerEndPoint に関連付けられている Name を取得します。Gets the PeerEndPoint associated with the Name.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください