NonSerializedAttribute クラス

定義

シリアル化できるクラスのフィールドをシリアル化しないことを示します。 このクラスは継承できません。

public ref class NonSerializedAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Field, Inherited=false)]
public sealed class NonSerializedAttribute : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Field, Inherited=true)]
public sealed class NonSerializedAttribute : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Field, Inherited=false)]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public sealed class NonSerializedAttribute : Attribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Field, Inherited=false)>]
type NonSerializedAttribute = class
    inherit Attribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Field, Inherited=true)>]
type NonSerializedAttribute = class
    inherit Attribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Field, Inherited=false)>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type NonSerializedAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class NonSerializedAttribute
Inherits Attribute
継承
NonSerializedAttribute
属性

次の例では、 属性でマークされたオブジェクトのシリアル化と、シリアル化された オブジェクトの でマークされたフィールド SerializableAttribute NonSerializedAttribute の動作を示します。

注意

このコードでは、 クラス SoapFormatter を使用して オブジェクトをシリアル化します。 クラスは、プロジェクトにsystem.runtime.serialization.formatters.soap.dll既定では読み込まれません。 コードを実行するには、DLL への参照をプロジェクトに追加する必要があります。

#using <system.dll>
#using <system.messaging.dll>
#using <System.Runtime.Serialization.Formatters.Soap.dll>

using namespace System;
using namespace System::IO;
using namespace System::Runtime::Serialization::Formatters::Soap;

// A test object that needs to be serialized.

[Serializable]
ref class TestSimpleObject
{
private:
   int member1;
   String^ member2;
   String^ member3;
   double member4;

public:

   // A field that is not serialized.

   [NonSerialized]
   String^ member5;
   TestSimpleObject()
   {
      member1 = 11;
      member2 = "hello";
      member3 = "hello";
      member4 = 3.14159265;
      member5 = "hello world!";
   }

   void Print()
   {
      Console::WriteLine( "member1 = ' {0}'", member1 );
      Console::WriteLine( "member2 = ' {0}'", member2 );
      Console::WriteLine( "member3 = ' {0}'", member3 );
      Console::WriteLine( "member4 = ' {0}'", member4 );
      Console::WriteLine( "member5 = ' {0}'", member5 );
   }

};

int main()
{
   // Creates a new TestSimpleObject object.
   TestSimpleObject^ obj = gcnew TestSimpleObject;
   Console::WriteLine( "Before serialization the Object* contains: " );
   obj->Print();

   // Opens a file and serializes the object into it in binary format.
   Stream^ stream = File::Open( "data.xml", FileMode::Create );
   SoapFormatter^ formatter = gcnew SoapFormatter;

   //BinaryFormatter* formatter = new BinaryFormatter();
   formatter->Serialize( stream, obj );
   stream->Close();

   // Empties obj.
   obj = nullptr;

   // Opens file S"data.xml" and deserializes the object from it.
   stream = File::Open( "data.xml", FileMode::Open );
   formatter = gcnew SoapFormatter;

   //formatter = new BinaryFormatter();
   obj = dynamic_cast<TestSimpleObject^>(formatter->Deserialize( stream ));
   stream->Close();
   Console::WriteLine( "" );
   Console::WriteLine( "After deserialization the object contains: " );
   obj->Print();
}
using System;
using System.IO;
using System.Runtime.Serialization;
using System.Runtime.Serialization.Formatters.Soap;
//using System.Runtime.Serialization.Formatters.Binary;

public class Test {
   public static void Main()  {

      // Creates a new TestSimpleObject object.
      TestSimpleObject obj = new TestSimpleObject();

      Console.WriteLine("Before serialization the object contains: ");
      obj.Print();

      // Opens a file and serializes the object into it in binary format.
      Stream stream = File.Open("data.xml", FileMode.Create);
      SoapFormatter formatter = new SoapFormatter();

      //BinaryFormatter formatter = new BinaryFormatter();

      formatter.Serialize(stream, obj);
      stream.Close();

      // Empties obj.
      obj = null;

      // Opens file "data.xml" and deserializes the object from it.
      stream = File.Open("data.xml", FileMode.Open);
      formatter = new SoapFormatter();

      //formatter = new BinaryFormatter();

      obj = (TestSimpleObject)formatter.Deserialize(stream);
      stream.Close();

      Console.WriteLine("");
      Console.WriteLine("After deserialization the object contains: ");
      obj.Print();
   }
}

// A test object that needs to be serialized.
[Serializable()]
public class TestSimpleObject  {

    public int member1;
    public string member2;
    public string member3;
    public double member4;

    // A field that is not serialized.
    [NonSerialized()] public string member5;

    public TestSimpleObject() {

        member1 = 11;
        member2 = "hello";
        member3 = "hello";
        member4 = 3.14159265;
        member5 = "hello world!";
    }

    public void Print() {

        Console.WriteLine("member1 = '{0}'", member1);
        Console.WriteLine("member2 = '{0}'", member2);
        Console.WriteLine("member3 = '{0}'", member3);
        Console.WriteLine("member4 = '{0}'", member4);
        Console.WriteLine("member5 = '{0}'", member5);
    }
}
Imports System.IO
Imports System.Runtime.Serialization
Imports System.Runtime.Serialization.Formatters.Soap




Public Class Test
   
   Public Shared Sub Main()
      
      ' Creates a new TestSimpleObject object.
      Dim obj As New TestSimpleObject()
      
      Console.WriteLine("Before serialization the object contains: ")
      obj.Print()
      
      ' Opens a file and serializes the object into it in binary format.
      Dim stream As Stream = File.Open("data.xml", FileMode.Create)
      Dim formatter As New SoapFormatter()
      


      formatter.Serialize(stream, obj)
      stream.Close()
      
      ' Empties obj.
      obj = Nothing
      
      ' Opens file "data.xml" and deserializes the object from it.
      stream = File.Open("data.xml", FileMode.Open)
      formatter = New SoapFormatter()



      obj = CType(formatter.Deserialize(stream), TestSimpleObject)
      stream.Close()
      
      Console.WriteLine("")
      Console.WriteLine("After deserialization the object contains: ")
      obj.Print()

   End Sub

End Class


' A test object that needs to be serialized.
<Serializable()> Public Class TestSimpleObject
   
   Public member1 As Integer
   Public member2 As String
   Public member3 As String
   Public member4 As Double
   
   ' A member that is not serialized.
   <NonSerialized()> Public member5 As String  
  
   
   Public Sub New()     
      member1 = 11
      member2 = "hello"
      member3 = "hello"
      member4 = 3.14159265
      member5 = "hello world!"
   End Sub
      
   
   Public Sub Print()      
      Console.WriteLine("member1 = '{0}'", member1)
      Console.WriteLine("member2 = '{0}'", member2)
      Console.WriteLine("member3 = '{0}'", member3)
      Console.WriteLine("member4 = '{0}'", member4)
      Console.WriteLine("member5 = '{0}'", member5)
   End Sub

End Class

注釈

クラスまたは クラス BinaryFormatterSoapFormatter 使用してオブジェクトをシリアル化する場合は、 属性を使用して、フィールドがシリアル NonSerializedAttribute 化されるのを防ぐ必要があります。 たとえば、この属性を使用すると、機密データのシリアル化を防止できます。

属性のターゲット オブジェクト NonSerializedAttribute は、シリアル化可能なクラスのパブリック フィールドとプライベート フィールドです。 既定では、 でマークされていない限り、クラスはシリアル化できません SerializableAttribute 。 シリアル化プロセス中に、クラスのすべてのパブリック フィールドとプライベート フィールドが既定でシリアル化されます。 でマークされたフィールド NonSerializedAttribute は、シリアル化中に除外されます。 クラスを使用してオブジェクトをシリアル化する場合は、 クラスを使用して XmlSerializer XmlIgnoreAttribute 同じ機能を取得します。 または、 インターフェイスを実装 ISerializable して、シリアル化プロセスを明示的に制御します。 を実装するクラスは、 ISerializable でマークする必要があります SerializableAttribute

クラスをイベント NonSerializedAttribute に適用するには、次の C# コードに示すように、属性の場所を field に設定します。

[field:NonSerializedAttribute()]   
public event ChangedEventHandler Changed;  

フィールドがシリアル化されていないが、逆シリアル化後に指定する必要がある既定値が必要な場合は、フィールドに値を指定するメソッドを作成し、 を メソッドに適用できます。 OnDeserializedAttribute

属性の使用の詳細については、「属性」を 参照してください

コンストラクター

NonSerializedAttribute()

NonSerializedAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。

(継承元 Attribute)

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

(継承元 Attribute)

適用対象

こちらもご覧ください