Vector3 構造体

定義

3 つの単精度浮動小数点値を持つベクトルを表します。

public value class Vector3 : IEquatable<System::Numerics::Vector3>, IFormattable
public struct Vector3 : IEquatable<System.Numerics.Vector3>, IFormattable
type Vector3 = struct
    interface IFormattable
Public Structure Vector3
Implements IEquatable(Of Vector3), IFormattable
継承
Vector3
実装

注釈

この Vector3 構造体は、ハードウェアアクセラレータのサポートを提供します。

行列変換の場合、インスタンス Vector2Vector3Vector4 が行を表します。マトリックス MvM の乗算によりベクター v が変換されます。

コンストラクター

Vector3(Single)

3 つの要素が同じ値を持つ新しい Vector3 オブジェクトを作成します。

Vector3(Single, Single, Single)

指定した値を要素とするベクトルを作成します。

Vector3(Vector2, Single)

指定した Vector2 オブジェクトと指定した値から、新しい Vector3 オブジェクトを作成します。

フィールド

X

ベクトルの X 成分。

Y

ベクトルの Y 成分。

Z

ベクトルの Z 成分。

プロパティ

One

3 つの要素が 1 に等しいベクトルを取得します。

UnitX

ベクトル (1,0,0) を取得します。

UnitY

ベクトル (0,1,0) を取得します。

UnitZ

ベクトル (0,0,1) を取得します。

Zero

3 つの要素が 0 に等しいベクトルを取得します。

メソッド

Abs(Vector3)

指定したベクトルの各要素の絶対値を要素とするベクトルを返します。

Add(Vector3, Vector3)

2 つのベクトルを加算します。

Clamp(Vector3, Vector3, Vector3)

ベクトルを最小値と最大値の間に制限します。

CopyTo(Single[])

ベクトルの要素を、指定された配列にコピーします。

CopyTo(Single[], Int32)

指定した配列に、指定したインデックス位置を開始位置として、ベクトルの要素をコピーします。

Cross(Vector3, Vector3)

2 つのベクターのクロス積を計算します。

Distance(Vector3, Vector3)

指定した 2 点間のユークリッド距離を計算します。

DistanceSquared(Vector3, Vector3)

指定した 2 点間のユークリッド距離の 2 乗を返します。

Divide(Vector3, Single)

指定したベクトルを、指定したスカラー値で除算します。

Divide(Vector3, Vector3)

最初のベクトルを 2 番目のベクトルで除算します。

Dot(Vector3, Vector3)

2 つのベクトルのドット積を返します。

Equals(Object)

このインスタンスと、指定したオブジェクトが等しいかどうかを示す値を返します。

Equals(Vector3)

このインスタンスと、別のベクトルが等しいかどうかを示す値を返します。

GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

Length()

このベクトル オブジェクトの長さを返します。

LengthSquared()

ベクトルの長さの 2 乗を返します。

Lerp(Vector3, Vector3, Single)

指定された重み付けに基づいて、2 つのベクトル間の線形補間を実行します。

Max(Vector3, Vector3)

指定した 2 つのベクトルの要素の各ペアの大きい方を要素とするベクトルを返します。

Min(Vector3, Vector3)

指定した 2 つのベクトルの要素の各ペアの小さい方を要素とするベクトルを返します。

Multiply(Single, Vector3)

指定したベクトルとスカラー値を乗算します。

Multiply(Vector3, Single)

ベクトルに、指定したスカラーを乗算します。

Multiply(Vector3, Vector3)

指定した 2 つのベクトルの要素の各ペアを乗算した値を値とする新しいベクトルを返します。

Negate(Vector3)

指定したベクトルの符号を反転します。

Normalize(Vector3)

指定したベクトルと方向が同じで、長さが 1 であるベクトルを返します。

Reflect(Vector3, Vector3)

指定した法線を持つ表面からのベクトルの反射を返します。

SquareRoot(Vector3)

指定したベクトルの各要素の平方根を要素として持つベクトルを返します。

Subtract(Vector3, Vector3)

最初のベクトルから 2 番目のベクトルを減算します。

ToString()

既定の書式設定を使用して現在のインスタンスの文字列表現を返します。

ToString(String)

指定した書式設定文字列を使用して個々の要素を書式設定することにより、現在のインスタンスの文字列表現を返します。

ToString(String, IFormatProvider)

指定した書式設定文字列を使用して個々の要素を書式設定し、また、指定した書式設定プロバイダーを使用してカルチャ固有書式設定を定義することによって、現在のインスタンスの文字列表現を返します。

Transform(Vector3, Matrix4x4)

指定した 4 x 4 行列でベクトルを変換します。

Transform(Vector3, Quaternion)

指定した四元数回転値によって、ベクトルを変換します。

TransformNormal(Vector3, Matrix4x4)

特定の 4 x 4 行列でベクトル法線を変換します。

演算子

Addition(Vector3, Vector3)

2 つのベクトルを加算します。

Division(Vector3, Single)

指定したベクトルを、指定したスカラー値で除算します。

Division(Vector3, Vector3)

最初のベクトルを 2 番目のベクトルで除算します。

Equality(Vector3, Vector3)

指定した 2 つのベクトルの要素の各ペアが等しいかどうかを示す値を返します。

Inequality(Vector3, Vector3)

指定した 2 つのベクトルが等しくないかどうかを示す値を返します。

Multiply(Single, Vector3)

スカラー値に、指定されたベクトルを乗算します。

Multiply(Vector3, Single)

指定したベクトルを、指定したスカラー値で乗算します。

Multiply(Vector3, Vector3)

指定した 2 つのベクトルの要素の各ペアを乗算した値を値とする新しいベクトルを返します。

Subtraction(Vector3, Vector3)

最初のベクトルから 2 番目のベクトルを減算します。

UnaryNegation(Vector3)

指定したベクトルを符号反転します。

拡張メソッド

AsVector128(Vector3)

新しい Vector128<T> として Vector3 を再解釈します。

適用対象