MemberInfo.MetadataToken プロパティ

定義

メタデータ要素を識別する値を取得します。Gets a value that identifies a metadata element.

public:
 virtual property int MetadataToken { int get(); };
public virtual int MetadataToken { get; }
member this.MetadataToken : int
Public Overridable ReadOnly Property MetadataToken As Integer

プロパティ値

Module との組み合わせで、メタデータ要素を一意に識別する値。A value which, in combination with Module, uniquely identifies a metadata element.

例外

現在の MemberInfo は、要素型が完了していない動的な型の配列型で、Address などの配列メソッドを表します。The current MemberInfo represents an array method, such as Address, on an array type whose element type is a dynamic type that has not been completed. ここでメタデータ トークンを取得するには、MemberInfo オブジェクトを GetMethodToken(MethodInfo) メソッドに渡すか、GetArrayMethod(Type, String, CallingConventions, Type, Type[]) メソッドを使用して最初に MethodInfo を取得する代わりに、GetArrayMethodToken(Type, String, CallingConventions, Type, Type[]) メソッドを使用して直接トークンを取得します。To get a metadata token in this case, pass the MemberInfo object to the GetMethodToken(MethodInfo) method; or use the GetArrayMethodToken(Type, String, CallingConventions, Type, Type[]) method to get the token directly, instead of using the GetArrayMethod(Type, String, CallingConventions, Type, Type[]) method to get a MethodInfo first.

注釈

このプロパティを使用して取得したトークンは、アンマネージリフレクション API に渡すことができます。The tokens obtained using this property can be passed to the unmanaged reflection API. 詳細については、「アンマネージリフレクション API」を参照してください。For more information, please see Unmanaged Reflection API.

注意

アンマネージリフレクション API を使用するには、共通言語基盤 (CLI) のドキュメント (特に "Partition II:Metadata Definition and Semantics」(パーティション II: メタデータの定義とセマンティクス) および「Partition III:CIL Instruction Set」(パーティション III: CIL 命令セット) を参照してください。Using the unmanaged reflection API requires familiarity with the Common Language Infrastructure (CLI) documentation, especially "Partition II: Metadata Definition and Semantics" and "Partition III: CIL Instruction Set". ドキュメントはオンラインで入手できます。MSDN の「ECMA C# and Common Language Infrastructure Standards」 (ECMA の C# および共通言語基盤の標準規格) と、ECMA のインターナショナル Web サイトにある「Standard ECMA-335 - Common Language Infrastructure (CLI)」を参照してください。The documentation is available online; see ECMA C# and Common Language Infrastructure Standards on MSDN and Standard ECMA-335 - Common Language Infrastructure (CLI) on the Ecma International Web site.

適用対象