MethodInfo クラス

定義

メソッドの属性を取得し、メソッドのメタデータにアクセスできるようにします。

public ref class MethodInfo abstract : System::Reflection::MethodBase
public ref class MethodInfo abstract : System::Reflection::MethodBase, System::Runtime::InteropServices::_MethodInfo
public abstract class MethodInfo : System.Reflection.MethodBase
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)]
[System.Serializable]
public abstract class MethodInfo : System.Reflection.MethodBase, System.Runtime.InteropServices._MethodInfo
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)]
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public abstract class MethodInfo : System.Reflection.MethodBase, System.Runtime.InteropServices._MethodInfo
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)]
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public abstract class MethodInfo : System.Reflection.MethodBase
type MethodInfo = class
    inherit MethodBase
[<System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)>]
[<System.Serializable>]
type MethodInfo = class
    inherit MethodBase
    interface _MethodInfo
[<System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)>]
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type MethodInfo = class
    inherit MethodBase
    interface _MethodInfo
[<System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)>]
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type MethodInfo = class
    inherit MethodBase
Public MustInherit Class MethodInfo
Inherits MethodBase
Public MustInherit Class MethodInfo
Inherits MethodBase
Implements _MethodInfo
継承
派生
属性
実装

注釈

クラス MethodInfo は、型のメソッドを表します。 オブジェクトを使用して MethodInfo 、オブジェクトが表すメソッドに関する情報を取得し、 メソッドを呼び出します。 次に例を示します。

  • メソッドの可視性を確認するには、および プロパティの値 IsFamilyAndAssembly IsFamilyOrAssembly IsPrivate を取得 IsPublic します。

  • プロパティの値を取得するか、 メソッドを呼び出すことによって、メソッドに適用される属性 Attributes を検出 GetCustomAttributes できます。

  • プロパティと プロパティの値を取得することで、メソッドがジェネリック メソッドか、オープンで構築されたジェネリック メソッドか、閉じて構築されたジェネリック メソッドかを IsGenericMethod 判断 ContainsGenericParameters できます。

  • メソッドのパラメーターと戻り値の型に関する情報は、 メソッドおよび 、、および GetParameters ReturnParameter ReturnType プロパティから取得 ReturnTypeCustomAttributes できます。

  • メソッドを呼び出すことによって、クラス インスタンスでメソッドを実行 Invoke できます。

  • メソッドを呼び出すことによって、ジェネリック メソッド定義を表すから構築されたジェネリック メソッドを表す オブジェクト MethodInfo をインスタンス化 MakeGenericMethod できます。

インスタンスをインスタンス化するには、 メソッドまたは メソッドを呼び出するか、ジェネリック メソッド定義を表す オブジェクトの メソッド MethodInfo Type.GetMethods Type.GetMethod MethodInfo.MakeGenericMethod MethodInfo を呼び出します。

ジェネリック メソッドに固有の用語の不変条件の一覧については、 プロパティを参照 IsGenericMethod してください。 ジェネリック リフレクションで使用される他の用語の不変条件の一覧については、 プロパティを参照 IsGenericType してください。

注意 (実装者)

から継承する場合は MethodInfoGetBaseDefinition() ReturnType ReturnTypeCustomAttributes をオーバーライド GetParameters() GetMethodImplementationFlags() MethodHandle Attributes Invoke(Object, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo) Name MemberType DeclaringType ReflectedType GetCustomAttributes(Boolean) する GetCustomAttributes(Type, Boolean) 必要があります IsDefined(Type, Boolean)

コンストラクター

MethodInfo()

MethodInfo クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Attributes

このメソッドに関連付けられている属性を取得します。

(継承元 MethodBase)
CallingConvention

このメソッドの呼び出し規約を示す値を取得します。

(継承元 MethodBase)
ContainsGenericParameters

ジェネリック メソッドに未割り当てのジェネリック型パラメーターが含まれているかどうかを示す値を取得します。

ContainsGenericParameters

ジェネリック メソッドに、割り当てられていないジェネリック型パラメーターが含まれているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 MethodBase)
CustomAttributes

このメンバーのカスタム属性を含むコレクションを取得します。

(継承元 MemberInfo)
DeclaringType

このメンバーを宣言するクラスを取得します。

(継承元 MemberInfo)
IsAbstract

メソッドが抽象メソッドかどうかを示す値を取得します。

(継承元 MethodBase)
IsAssembly

このメソッドまたはコンストラクターを参照できる範囲が Assembly によって示されるかどうかを表す値を取得します。ここで判定されるのは、このメソッドまたはコンストラクターが同じアセンブリ内の他の型でのみ参照でき、アセンブリ外部の派生型では参照できないものであることです。

(継承元 MethodBase)
IsCollectible

この MemberInfo オブジェクトが、収集可能な AssemblyLoadContext に保持されているアセンブリの一部であるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 MemberInfo)
IsConstructedGenericMethod (継承元 MethodBase)
IsConstructor

メソッドがコンストラクターかどうかを示す値を取得します。

(継承元 MethodBase)
IsFamily

このメソッドまたはコンストラクターへの参照範囲が Family によって正しく示されるかどうかを表す値を取得します。ここで判定されるのは、メソッドまたはコンストラクターはそれらのクラスと派生クラスの内側でのみ参照できるものであることです。

(継承元 MethodBase)
IsFamilyAndAssembly

このメソッドまたはコンストラクターへの参照範囲が FamANDAssem によって示されるかどうかを表す値を取得します。ここで判定されるのは、メソッドまたはコンストラクターは派生クラスから呼び出すことができるが、それらが同じアセンブリ内にある場合に限るものであることです。

(継承元 MethodBase)
IsFamilyOrAssembly

このメソッドまたはコンストラクターを参照可能な範囲が FamORAssem によって示されるかどうかを表す値を取得します。ここで判定されるのは、メソッドまたはコンストラクターは任意の場所にある派生クラスと、同じアセンブリ内のクラスから呼び出すことができるものであることです。

(継承元 MethodBase)
IsFinal

このメソッドが final かどうかを示す値を取得します。

(継承元 MethodBase)
IsGenericMethod

現在のメソッドがジェネリック メソッドかどうかを示す値を取得します。

IsGenericMethod

メソッドがジェネリック メソッドかどうかを示す値を取得します。

(継承元 MethodBase)
IsGenericMethodDefinition

現在の MethodInfo がジェネリック メソッドの定義を表しているかどうかを示す値を取得します。

IsGenericMethodDefinition

メソッドがジェネリック メソッドの定義かどうかを示す値を取得します。

(継承元 MethodBase)
IsHideBySig

派生クラスで、正確に同じシグネチャを持つ同じ種類のメンバーだけが隠しメンバーになるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 MethodBase)
IsPrivate

このメンバーがプライベートかどうかを示す値を取得します。

(継承元 MethodBase)
IsPublic

パブリック メソッドかどうかを示す値を取得します。

(継承元 MethodBase)
IsSecurityCritical

現在のメソッドまたはコンストラクターが、現在の信頼レベルでセキュリティ クリティカルまたはセキュリティ セーフ クリティカルであり、重要な操作を実行できるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 MethodBase)
IsSecuritySafeCritical

現在のメソッドまたはコンストラクターが、現在の信頼レベルでセキュリティ セーフ クリティカルであり、重要な操作を実行でき、透過的なコードからアクセスできるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 MethodBase)
IsSecurityTransparent

現在のメソッドまたはコンストラクターが、現在の信頼レベルで透過的であり、重要な操作を実行できないかどうかを示す値を取得します。

(継承元 MethodBase)
IsSpecialName

特別な名前のメソッドかどうかを示す値を取得します。

(継承元 MethodBase)
IsStatic

メソッドが static であるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 MethodBase)
IsVirtual

メソッドが virtual であるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 MethodBase)
MemberType

このメンバーがメソッドであることを示す MemberTypes 値を取得します。

MemberType

派生クラスでオーバーライドされると、メンバーの種類を示す MemberTypes 値を取得します。メソッド、コンストラクター、イベント、などです。

(継承元 MemberInfo)
MetadataToken

メタデータ要素を識別する値を取得します。

(継承元 MemberInfo)
MethodHandle

メソッドの内部メタデータ表現を識別するハンドルを取得します。

(継承元 MethodBase)
MethodImplementationFlags

メソッド実装の属性を指定する MethodImplAttributes フラグを取得します。

(継承元 MethodBase)
Module

現在の MemberInfo によって表されるメンバーを宣言する型が定義されているモジュールを取得します。

(継承元 MemberInfo)
Name

現在のメンバーの名前を取得します。

(継承元 MemberInfo)
ReflectedType

MemberInfo のこのインスタンスを取得するために使用したクラス オブジェクトを取得します。

(継承元 MemberInfo)
ReturnParameter

戻り値の型にカスタム修飾子があるかどうかなど、メソッドの戻り値の型に関する情報を格納している ParameterInfo オブジェクトを取得します。

ReturnType

このメソッドの戻り値の型を取得します。

ReturnTypeCustomAttributes

戻り値の型のカスタム属性を取得します。

メソッド

CreateDelegate(Type)

このメソッドから、指定した型のデリゲートを作成します。

CreateDelegate(Type, Object)

このメソッドから、指定した型のデリゲートを、指定したターゲットを使用して作成します。

CreateDelegate<T>()

このメソッドから T 型のデリゲートを作成します。

CreateDelegate<T>(Object)

このメソッドから、指定したターゲットを使用して、T 型のデリゲートを作成します。

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。

(継承元 MethodBase)
GetBaseDefinition()

派生クラスによってオーバーライドされた場合、このインスタンスが表すメソッドが最初に宣言された直接または間接基本クラスで、そのメソッドの MethodInfo オブジェクトを返します。

GetCustomAttributes(Boolean)

派生クラスでオーバーライドされた場合、このメンバーに適用されているすべてのカスタム属性の配列を返します。

(継承元 MemberInfo)
GetCustomAttributes(Type, Boolean)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、このメンバーに適用され、Type によって識別されるカスタム属性の配列を返します。

(継承元 MemberInfo)
GetCustomAttributesData()

ターゲット メンバーに適用されている属性に関するデータを表す CustomAttributeData オブジェクトのリストを返します。

(継承元 MemberInfo)
GetGenericArguments()

ジェネリック メソッドの型引数、またはジェネリック メソッドの定義の型パラメーターを表す Type オブジェクトの配列を返します。

GetGenericArguments()

ジェネリック メソッドの型引数、またはジェネリック メソッドの定義の型パラメーターを表す Type オブジェクトの配列を返します。

(継承元 MethodBase)
GetGenericMethodDefinition()

現在のメソッドを構築する元になるジェネリック メソッド定義を表す MethodInfo オブジェクトを返します。

GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

(継承元 MethodBase)
GetMethodBody()

派生クラスでオーバーライドされると、現在のメソッドの MSIL ストリーム、ローカル変数、および例外にアクセスできるようにする MethodBody オブジェクトを取得します。

(継承元 MethodBase)
GetMethodImplementationFlags()

派生クラスでオーバーライドされると、新しい MethodImplAttributes フラグを返します。

(継承元 MethodBase)
GetParameters()

派生クラスによってオーバーライドされた場合、指定したメソッドまたはコンストラクターのパラメーターを取得します。

(継承元 MethodBase)
GetType()

メソッドの属性を取得し、メソッドのメタデータにアクセスできるようにします。

GetType() (継承元 MethodBase)
HasSameMetadataDefinitionAs(MemberInfo) (継承元 MemberInfo)
Invoke(Object, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo)

派生クラスによってオーバーライドされた場合に、指定したパラメーターでリフレクションされたメソッドまたはコンストラクターを呼び出します。

(継承元 MethodBase)
Invoke(Object, Object[])

指定されたパラメーターを使用して、現在のインスタンスが表すメソッドまたはコンストラクターを呼び出します。

Invoke(Object, Object[])

指定されたパラメーターを使用して、現在のインスタンスが表すメソッドまたはコンストラクターを呼び出します。

(継承元 MethodBase)
IsDefined(Type, Boolean)

派生クラスでオーバーライドされた場合、このメンバーに、指定された型の属性またはその派生型の属性が 1 つ以上適用されているかどうかを示します。

(継承元 MemberInfo)
MakeGenericMethod(Type[])

現在のジェネリック メソッド定義の型パラメーターを型の配列要素に置き換え、その結果構築されるメソッドを表す MethodInfo オブジェクトを返します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

演算子

Equality(MethodInfo, MethodInfo)

2 つの MethodInfo オブジェクトが等しいかどうかを示します。

Inequality(MethodInfo, MethodInfo)

2 つの MethodInfo オブジェクトが等しくないかどうかを示します。

明示的なインターフェイスの実装

_MemberInfo.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。

(継承元 MemberInfo)
_MemberInfo.GetType()

Type クラスを表す MemberInfo オブジェクトを取得します。

(継承元 MemberInfo)
_MemberInfo.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この型情報を使用して、インターフェイスの型情報を取得できます。

(継承元 MemberInfo)
_MemberInfo.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

(継承元 MemberInfo)
_MemberInfo.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

(継承元 MemberInfo)
_MethodBase.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。

(継承元 MethodBase)
_MethodBase.GetType()

このメンバーの詳細については、「GetType()」をご覧ください。

(継承元 MethodBase)
_MethodBase.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この型情報を使用して、インターフェイスの型情報を取得できます。

(継承元 MethodBase)
_MethodBase.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

(継承元 MethodBase)
_MethodBase.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

(継承元 MethodBase)
_MethodBase.IsAbstract

このメンバーの詳細については、「IsAbstract」をご覧ください。

(継承元 MethodBase)
_MethodBase.IsAssembly

このメンバーの詳細については、「IsAssembly」をご覧ください。

(継承元 MethodBase)
_MethodBase.IsConstructor

このメンバーの詳細については、「IsConstructor」をご覧ください。

(継承元 MethodBase)
_MethodBase.IsFamily

このメンバーの詳細については、「IsFamily」をご覧ください。

(継承元 MethodBase)
_MethodBase.IsFamilyAndAssembly

このメンバーの詳細については、「IsFamilyAndAssembly」をご覧ください。

(継承元 MethodBase)
_MethodBase.IsFamilyOrAssembly

このメンバーの詳細については、「IsFamilyOrAssembly」をご覧ください。

(継承元 MethodBase)
_MethodBase.IsFinal

このメンバーの詳細については、「IsFinal」をご覧ください。

(継承元 MethodBase)
_MethodBase.IsHideBySig

このメンバーの詳細については、「IsHideBySig」をご覧ください。

(継承元 MethodBase)
_MethodBase.IsPrivate

このメンバーの詳細については、「IsPrivate」をご覧ください。

(継承元 MethodBase)
_MethodBase.IsPublic

このメンバーの詳細については、「IsPublic」をご覧ください。

(継承元 MethodBase)
_MethodBase.IsSpecialName

このメンバーの詳細については、「IsSpecialName」をご覧ください。

(継承元 MethodBase)
_MethodBase.IsStatic

このメンバーの詳細については、「IsStatic」をご覧ください。

(継承元 MethodBase)
_MethodBase.IsVirtual

このメンバーの詳細については、「IsVirtual」をご覧ください。

(継承元 MethodBase)
_MethodInfo.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。

_MethodInfo.GetType()

COM から GetType() メソッドにアクセスできるようにします。

_MethodInfo.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。

_MethodInfo.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

_MethodInfo.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

ICustomAttributeProvider.GetCustomAttributes(Boolean)

名前付きの属性を除く、このメンバーに定義されているすべてのカスタム属性の配列、またはカスタム属性がない場合は空の配列を返します。

(継承元 MemberInfo)
ICustomAttributeProvider.GetCustomAttributes(Type, Boolean)

型で識別された、このメンバーに定義されているカスタム属性の配列、または、この型のカスタム属性がない場合は空の配列を返します。

(継承元 MemberInfo)
ICustomAttributeProvider.IsDefined(Type, Boolean)

attributeType の 1 つ以上のインスタンスがこのメンバーで定義されているかどうかを示します。

(継承元 MemberInfo)

拡張メソッド

GetCustomAttribute(MemberInfo, Type)

指定したメンバーに適用される指定した型のカスタム属性を取得します。

GetCustomAttribute(MemberInfo, Type, Boolean)

指定したメンバーに適用される指定した型のカスタム属性を取得し、オプションでそのメンバーの先祖を調べます。

GetCustomAttribute<T>(MemberInfo)

指定したメンバーに適用される指定した型のカスタム属性を取得します。

GetCustomAttribute<T>(MemberInfo, Boolean)

指定したメンバーに適用される指定した型のカスタム属性を取得し、オプションでそのメンバーの先祖を調べます。

GetCustomAttributes(MemberInfo)

指定されたメンバーに適用されるカスタム属性のコレクションを取得します。

GetCustomAttributes(MemberInfo, Boolean)

指定されたメンバーに適用されるカスタム属性のコレクションを取得し、オプションでそのメンバーの先祖を調べます。

GetCustomAttributes(MemberInfo, Type)

指定されたメンバーに適用される指定された型のカスタム属性のコレクションを取得します。

GetCustomAttributes(MemberInfo, Type, Boolean)

指定されたメンバーに適用されている指定された型のカスタム属性のコレクションを取得し、オプションでそのメンバーの先祖を調べます。

GetCustomAttributes<T>(MemberInfo)

指定されたメンバーに適用される指定された型のカスタム属性のコレクションを取得します。

GetCustomAttributes<T>(MemberInfo, Boolean)

指定されたメンバーに適用されている指定された型のカスタム属性のコレクションを取得し、オプションでそのメンバーの先祖を調べます。

IsDefined(MemberInfo, Type)

指定された型のカスタム属性が指定されたメンバーに適用されているかどうかを示します。

IsDefined(MemberInfo, Type, Boolean)

指定された型のカスタム属性が指定されたメンバーに適用され、オプションで先祖に適用されているかどうかを示します。

GetMetadataToken(MemberInfo)

指定されたメンバーのメタデータ トークンを取得します (存在する場合)。

HasMetadataToken(MemberInfo)

指定されたメンバーに対してメタデータ トークンを使用できるかどうかを示す値を返します。

GetBaseDefinition(MethodInfo)
GetRuntimeBaseDefinition(MethodInfo)

メソッドが最初に宣言された直接基本クラスまたは間接基本クラスの指定したメソッドを表すオブジェクトを取得します。

適用対象

スレッド セーフ

この型はスレッド セーフです。

こちらもご覧ください