MethodImplAttributes MethodImplAttributes MethodImplAttributes MethodImplAttributes Enum

定義

メソッド実装の属性のフラグを指定します。Specifies flags for the attributes of a method implementation.

この列挙型には FlagsAttribute 属性があり、メンバー値ではビットごとの組み合わせを使用できます。

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

public enum class MethodImplAttributes
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Flags]
[System.Serializable]
public enum MethodImplAttributes
type MethodImplAttributes = 
Public Enum MethodImplAttributes
継承
MethodImplAttributesMethodImplAttributesMethodImplAttributesMethodImplAttributes
属性

フィールド

AggressiveInlining AggressiveInlining AggressiveInlining AggressiveInlining 256

可能な限りメソッドがインライン展開されることを指定します。Specifies that the method should be inlined wherever possible.

AggressiveOptimization AggressiveOptimization AggressiveOptimization AggressiveOptimization 512
CodeTypeMask CodeTypeMask CodeTypeMask CodeTypeMask 3

コードの種類に関してフラグを指定します。Specifies flags about code type.

ForwardRef ForwardRef ForwardRef ForwardRef 16

メソッドが定義されないことを指定します。Specifies that the method is not defined.

IL IL IL IL 0

メソッド実装が Microsoft intermediate language (MSIL) であることを指定します。Specifies that the method implementation is in Microsoft intermediate language (MSIL).

InternalCall InternalCall InternalCall InternalCall 4096

内部の呼び出しを指定します。Specifies an internal call.

Managed Managed Managed Managed 0

メソッドがマネージド コードで実装されることを指定します。Specifies that the method is implemented in managed code.

ManagedMask ManagedMask ManagedMask ManagedMask 4

メソッドがマネージド コードとアンマネージド コードのどちらで実装されるかを指定します。Specifies whether the method is implemented in managed or unmanaged code.

MaxMethodImplVal MaxMethodImplVal MaxMethodImplVal MaxMethodImplVal 65535

範囲チェックの値を指定します。Specifies a range check value.

Native Native Native Native 1

メソッド実装がネイティブであることを指定します。Specifies that the method implementation is native.

NoInlining NoInlining NoInlining NoInlining 8

メソッドがインライン化できないことを指定します。Specifies that the method cannot be inlined.

NoOptimization NoOptimization NoOptimization NoOptimization 64

コード生成の問題をデバッグする場合に、メソッドを最適化するために Just-In-Time (JIT) コンパイラまたはネイティブ コードによる生成を使用しないことを指定します (Ngen.exe を参照)。Specifies that the method is not optimized by the just-in-time (JIT) compiler or by native code generation (see Ngen.exe) when debugging possible code generation problems.

OPTIL OPTIL OPTIL OPTIL 2

メソッド実装が Optimized Intermediate Language (OPTIL) であることを指定します。Specifies that the method implementation is in Optimized Intermediate Language (OPTIL).

PreserveSig PreserveSig PreserveSig PreserveSig 128

メソッド シグネチャが宣言どおりにエクスポートされることを指定します。Specifies that the method signature is exported exactly as declared.

Runtime Runtime Runtime Runtime 3

ランタイムによりメソッド実装が提供されることを指定します。Specifies that the method implementation is provided by the runtime.

SecurityMitigations SecurityMitigations SecurityMitigations SecurityMitigations 1024

JIT コンパイラによってセキュリティ対策属性 (ユーザー定義の System.Runtime.CompilerServices.SecurityMitigationsAttribute など) が検索されるように指定します。Specifies that the JIT compiler should look for security mitigation attributes, such as the user-defined System.Runtime.CompilerServices.SecurityMitigationsAttribute. 見つかった場合は、JIT コンパイラによって、関連するセキュリティ対策が適用されます。If found, the JIT compiler applies any related security mitigations. .NET Framework 4.8 以降で使用できます。Available starting with .NET Framework 4.8.

Synchronized Synchronized Synchronized Synchronized 32

本体から、メソッドがシングル スレッドであることを指定します。Specifies that the method is single-threaded through the body. 静的メソッド (Visual Basic では Shared) は型をロックし、インスタンス メソッドはインスタンスをロックします。Static methods (Shared in Visual Basic) lock on the type, whereas instance methods lock on the instance. C# の lock ステートメントまたは Visual Basic の SyncLock ステートメントも、この目的に使用できます。You can also use the C# lock statement or the Visual Basic SyncLock statement for this purpose.

Unmanaged Unmanaged Unmanaged Unmanaged 4

メソッドがアンマネージ コードで実装されることを指定します。Specifies that the method is implemented in unmanaged code.

注釈

属性は、次のように、ビットごとの OR 演算を使用して結合されます。The attributes are combined using the bitwise OR operation as follows:

コード実装マスク。Code implementation masks:

  • CodeTypeMask

  • IL

  • Native

  • OPTIL

  • Runtime

マネージ マスク:Managed masks:

  • ManagedMask

  • Unmanaged

  • Managed

実装に関する情報と相互運用機能のマスク:Implementation information and interop masks:

  • ForwardRef

  • PreserveSig

  • InternalCall

  • Synchronized

  • NoInlining

  • NoOptimization

  • MaxMethodImplVal

  • SecurityMitigations (.NET Framework 4.8 以降使用可能)SecurityMitigations (Available starting with .NET Framework 4.8.)

注意

インスタンス上または型でのロックと同様、Synchronizedフラグは、自分以外のコードのパブリック型とインスタンスのロックがかかるため、パブリック型の場合は推奨されません。Locking on the instance or on the type, as with the Synchronized flag, is not recommended for public types, because code other than your own can take locks on public types and instances. デッドロックまたは他の同期の問題があります。This might cause deadlocks or other synchronization problems.

適用対象

こちらもご覧ください