PropertyInfo クラス

定義

プロパティの属性を取得し、プロパティのメタデータにアクセスできるようにします。

public ref class PropertyInfo abstract : System::Reflection::MemberInfo
public ref class PropertyInfo abstract : System::Reflection::MemberInfo, System::Runtime::InteropServices::_PropertyInfo
public abstract class PropertyInfo : System.Reflection.MemberInfo
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)]
[System.Serializable]
public abstract class PropertyInfo : System.Reflection.MemberInfo, System.Runtime.InteropServices._PropertyInfo
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)]
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public abstract class PropertyInfo : System.Reflection.MemberInfo, System.Runtime.InteropServices._PropertyInfo
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)]
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public abstract class PropertyInfo : System.Reflection.MemberInfo
type PropertyInfo = class
    inherit MemberInfo
[<System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)>]
[<System.Serializable>]
type PropertyInfo = class
    inherit MemberInfo
    interface _PropertyInfo
[<System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)>]
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type PropertyInfo = class
    inherit MemberInfo
    interface _PropertyInfo
[<System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)>]
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type PropertyInfo = class
    inherit MemberInfo
Public MustInherit Class PropertyInfo
Inherits MemberInfo
Public MustInherit Class PropertyInfo
Inherits MemberInfo
Implements _PropertyInfo
継承
PropertyInfo
派生
属性
実装

この例では、さまざまなリフレクション クラスを使用して、アセンブリに含まれるメタデータを分析する方法を示します。

注意

この例では、約 55,000 行のデータが生成されます。このデータは、コマンド プロンプトでテキスト ファイルにリダイレクトできます。次のように example.exe > propertyinfo.txt

using namespace System;
using namespace System::Reflection;

static void Display(Int32 indent, String^ format, ... array<Object^>^param) 
{
    Console::Write("{0}", gcnew String (' ', indent));
    Console::WriteLine(format, param);
}
    
// Displays the custom attributes applied to the specified member.
static void DisplayAttributes(Int32 indent, MemberInfo^ mi)
{
    // Get the set of custom attributes; if none exist, just return.
    array<Object^>^attrs = mi->GetCustomAttributes(false);
        
    if (attrs->Length==0)
    {
        return;          
    }
        
    // Display the custom attributes applied to this member.
    Display(indent+1, "Attributes:");
    for each ( Object^ o in attrs )
    {
        Display(indent*2, "{0}", o);
    }				
}

void main()
{
    try
    {
        // This variable holds the amount of indenting that 
        // should be used when displaying each line of information.
        Int32 indent = 0; 
        // Display information about the EXE assembly.
        Assembly^ a = System::Reflection::Assembly::GetExecutingAssembly();
        
        Display(indent, "Assembly identity={0}", gcnew array<Object^> {a->FullName});
        Display(indent+1, "Codebase={0}", gcnew array<Object^> {a->CodeBase});

        // Display the set of assemblies our assemblies reference.
  
        Display(indent, "Referenced assemblies:"); 

        for each ( AssemblyName^ an in a->GetReferencedAssemblies() )
        {
            Display(indent + 1, "Name={0}, Version={1}, Culture={2}, PublicKey token={3}", gcnew array<Object^> {an->Name, an->Version, an->CultureInfo, (BitConverter::ToString(an->GetPublicKeyToken()))});
        }
        Display(indent, "");  
        // Display information about each assembly loading into this AppDomain. 
        for each ( Assembly^ b in AppDomain::CurrentDomain->GetAssemblies()) 
        {
            Display(indent, "Assembly: {0}", gcnew array<Object^> {b});
            // Display information about each module of this assembly.
 
            for each ( Module^ m in b->GetModules(true) ) 
            {
                Display(indent+1, "Module: {0}", gcnew array<Object^> {m->Name});
            }
            // Display information about each type exported from this assembly.
           
            indent += 1; 
            for each ( Type^ t in b->GetExportedTypes() ) 
            {
                Display(0, "");  
                Display(indent, "Type: {0}", gcnew array<Object^> {t}); 

                // For each type, show its members & their custom attributes.
           
                indent += 1; 
                for each (MemberInfo^ mi in t->GetMembers() )
                {
                    Display(indent, "Member: {0}", gcnew array<Object^> {mi->Name}); 
                    DisplayAttributes(indent, mi);

                    // If the member is a method, display information about its parameters.         
                    if (mi->MemberType==MemberTypes::Method) 
                    {
                    
                        for each ( ParameterInfo^ pi in (((MethodInfo^) mi)->GetParameters()))
                        {
                            Display(indent+1, "Parameter: Type={0}, Name={1}", gcnew array<Object^> {pi->ParameterType, pi->Name}); 
                        }
                    }

                    // If the member is a property, display information about the property's accessor methods.
                    if (mi->MemberType==MemberTypes::Property) 
                    {
                        for each ( MethodInfo^ am in (((PropertyInfo^) mi)->GetAccessors()) )
                        {
                            Display(indent+1, "Accessor method: {0}", gcnew array<Object^> {am});
                        }
                    }
                }
                // Display a formatted string indented by the specified amount.               
                indent -= 1;
            }
            indent -= 1;
        }
    }
    catch (Exception^ e)
    {
        Console::WriteLine(e->Message);
    }
}

// The output shown below is abbreviated.
//
//Assembly identity=Reflection, Version=0.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null
//  Codebase=file:///C:/Reflection.exe
//Referenced assemblies:
//  Name=mscorlib, Version=1.0.5000.0, Culture=, PublicKey token=B7-7A-5C-56-19-34-E0-89
//  Name=Microsoft.VisualBasic, Version=7.0.5000.0, Culture=, PublicKey token=B0-3F-5F-7F-11-D5-0A-3A
//
//Assembly: mscorlib, Version=1.0.5000.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089
//  Module: mscorlib.dll
//  Module: prc.nlp
//  Module: prcp.nlp
//  Module: ksc.nlp
//  Module: ctype.nlp
//  Module: xjis.nlp
//  Module: bopomofo.nlp
//  Module: culture.nlp
//  Module: region.nlp
//  Module: sortkey.nlp
//  Module: charinfo.nlp
//  Module: big5.nlp
//  Module: sorttbls.nlp
//  Module: l_intl.nlp
//  Module: l_except.nlp
//
//  Type: System.Object
//    Member: GetHashCode
//    Member: Equals
//      Parameter: Type=System.Object, Name=obj
//    Member: ToString
//    Member: Equals
//      Parameter: Type=System.Object, Name=objA
//      Parameter: Type=System.Object, Name=objB
//    Member: ReferenceEquals
//      Parameter: Type=System.Object, Name=objA
//      Parameter: Type=System.Object, Name=objB
//    Member: GetType
//    Member: .ctor
//
//  Type: System.ICloneable
//    Member: Clone
//
//  Type: System.Collections.IEnumerable
//    Member: GetEnumerator
//      Attributes:
//        System.Runtime.InteropServices.DispIdAttribute
//
//  Type: System.Collections.ICollection
//    Member: get_IsSynchronized
//    Member: get_SyncRoot
//    Member: get_Count
//    Member: CopyTo
//      Parameter: Type=System.Array, Name=array
//      Parameter: Type=System.Int32, Name=index
//    Member: Count
//      Accessor method: Int32 get_Count()
//    Member: SyncRoot
//      Accessor method: System.Object get_SyncRoot()
//    Member: IsSynchronized
//      Accessor method: Boolean get_IsSynchronized()
//
using System;
using System.Reflection;

class Module1
{
    public static void Main()
    {
        // This variable holds the amount of indenting that
        // should be used when displaying each line of information.
        Int32 indent = 0;
        // Display information about the EXE assembly.
        Assembly a = typeof(Module1).Assembly;
        Display(indent, "Assembly identity={0}", a.FullName);
        Display(indent+1, "Codebase={0}", a.CodeBase);

        // Display the set of assemblies our assemblies reference.

        Display(indent, "Referenced assemblies:");
        foreach (AssemblyName an in a.GetReferencedAssemblies() )
        {
             Display(indent + 1, "Name={0}, Version={1}, Culture={2}, PublicKey token={3}", an.Name, an.Version, an.CultureInfo.Name, (BitConverter.ToString (an.GetPublicKeyToken())));
        }
        Display(indent, "");

        // Display information about each assembly loading into this AppDomain.
        foreach (Assembly b in AppDomain.CurrentDomain.GetAssemblies())
        {
            Display(indent, "Assembly: {0}", b);

            // Display information about each module of this assembly.
            foreach ( Module m in b.GetModules(true) )
            {
                Display(indent+1, "Module: {0}", m.Name);
            }

            // Display information about each type exported from this assembly.

            indent += 1;
            foreach ( Type t in b.GetExportedTypes() )
            {
                Display(0, "");
                Display(indent, "Type: {0}", t);

                // For each type, show its members & their custom attributes.

                indent += 1;
                foreach (MemberInfo mi in t.GetMembers() )
                {
                    Display(indent, "Member: {0}", mi.Name);
                    DisplayAttributes(indent, mi);

                    // If the member is a method, display information about its parameters.

                    if (mi.MemberType==MemberTypes.Method)
                    {
                        foreach ( ParameterInfo pi in ((MethodInfo) mi).GetParameters() )
                        {
                            Display(indent+1, "Parameter: Type={0}, Name={1}", pi.ParameterType, pi.Name);
                        }
                    }

                    // If the member is a property, display information about the property's accessor methods.
                    if (mi.MemberType==MemberTypes.Property)
                    {
                        foreach ( MethodInfo am in ((PropertyInfo) mi).GetAccessors() )
                        {
                            Display(indent+1, "Accessor method: {0}", am);
                        }
                    }
                }
                indent -= 1;
            }
            indent -= 1;
        }
    }

    // Displays the custom attributes applied to the specified member.
    public static void DisplayAttributes(Int32 indent, MemberInfo mi)
    {
        // Get the set of custom attributes; if none exist, just return.
        object[] attrs = mi.GetCustomAttributes(false);
        if (attrs.Length==0) {return;}

        // Display the custom attributes applied to this member.
        Display(indent+1, "Attributes:");
        foreach ( object o in attrs )
        {
            Display(indent+2, "{0}", o.ToString());
        }
    }

    // Display a formatted string indented by the specified amount.
    public static void Display(Int32 indent, string format, params object[] param)

    {
        Console.Write(new string(' ', indent*2));
        Console.WriteLine(format, param);
    }
}

//The output shown below is abbreviated.
//
//Assembly identity=ReflectionCS, Version=1.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null
//  Codebase=file:///C:/Documents and Settings/test/My Documents/Visual Studio 2005/Projects/Reflection/Reflection/obj/Debug/Reflection.exe
//Referenced assemblies:
//  Name=mscorlib, Version=2.0.0.0, Culture=, PublicKey token=B7-7A-5C-56-19-34-E0-89
//
//Assembly: mscorlib, Version=2.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089
//  Module: mscorlib.dll
//  Module: mscorlib.dll
//  Module: mscorlib.dll
//  Module: mscorlib.dll
//  Module: mscorlib.dll
//  Module: mscorlib.dll
//  Module: mscorlib.dll
//  Module: mscorlib.dll
//  Module: mscorlib.dll
//  Module: mscorlib.dll
//  Module: mscorlib.dll
//  Module: mscorlib.dll
//  Module: mscorlib.dll
//  Module: mscorlib.dll
//
//  Type: System.Object
//    Member: GetType
//    Member: ToString
//    Member: Equals
//      Parameter: Type=System.Object, Name=obj
//    Member: Equals
//      Parameter: Type=System.Object, Name=objA
//      Parameter: Type=System.Object, Name=objB
//    Member: ReferenceEquals
//      Attributes:
//        System.Runtime.ConstrainedExecution.ReliabilityContractAttribute
//      Parameter: Type=System.Object, Name=objA
//      Parameter: Type=System.Object, Name=objB
//    Member: GetHashCode
//    Member: .ctor
//      Attributes:
//        System.Runtime.ConstrainedExecution.ReliabilityContractAttribute
//
//  Type: System.ICloneable
//    Member: Clone
//
//  Type: System.Collections.IEnumerable
//    Member: GetEnumerator
//      Attributes:
//        System.Runtime.InteropServices.DispIdAttribute
//
//  Type: System.Collections.ICollection
//    Member: CopyTo
//      Parameter: Type=System.Array, Name=array
//      Parameter: Type=System.Int32, Name=index
//    Member: get_Count
//    Member: get_SyncRoot
//    Member: get_IsSynchronized
//    Member: Count
//      Accessor method: Int32 get_Count()
//    Member: SyncRoot
//      Accessor method: System.Object get_SyncRoot()
//    Member: IsSynchronized
//      Accessor method: Boolean get_IsSynchronized()
//
//  Type: System.Collections.IList
//    Member: get_Item
//      Parameter: Type=System.Int32, Name=index
//    Member: set_Item
//      Parameter: Type=System.Int32, Name=index
//      Parameter: Type=System.Object, Name=value
//    Member: Add
//      Parameter: Type=System.Object, Name=value
//    Member: Contains
//      Parameter: Type=System.Object, Name=value
//    Member: Clear
//    Member: get_IsReadOnly
//    Member: get_IsFixedSize
//    Member: IndexOf
//      Parameter: Type=System.Object, Name=value
//    Member: Insert
//      Parameter: Type=System.Int32, Name=index
//      Parameter: Type=System.Object, Name=value
//    Member: Remove
//      Parameter: Type=System.Object, Name=value
//    Member: RemoveAt
//      Parameter: Type=System.Int32, Name=index
//    Member: Item
//      Accessor method: System.Object get_Item(Int32)
//      Accessor method: Void set_Item(Int32, System.Object)
//    Member: IsReadOnly
//      Accessor method: Boolean get_IsReadOnly()
//    Member: IsFixedSize
//      Accessor method: Boolean get_IsFixedSize()
//
//  Type: System.Array
//    Member: IndexOf
//      Parameter: Type=T[], Name=array
//      Parameter: Type=T, Name=value
//    Member: AsReadOnly
//      Parameter: Type=T[], Name=array
//    Member: Resize
//      Attributes:
//        System.Runtime.ConstrainedExecution.ReliabilityContractAttribute
//      Parameter: Type=T[]&, Name=array
//      Parameter: Type=System.Int32, Name=newSize
//    Member: BinarySearch
//      Attributes:
//        System.Runtime.ConstrainedExecution.ReliabilityContractAttribute
//      Parameter: Type=T[], Name=array
//      Parameter: Type=T, Name=value
//    Member: BinarySearch
//      Attributes:
//        System.Runtime.ConstrainedExecution.ReliabilityContractAttribute
//      Parameter: Type=T[], Name=array
//      Parameter: Type=T, Name=value
//      Parameter: Type=System.Collections.Generic.IComparer`1[T], Name=comparer
Imports System.Reflection

Module Module1
    Sub Main()
        ' This variable holds the amount of indenting that 
        ' should be used when displaying each line of information.
        Dim indent As Int32 = 0
        ' Display information about the EXE assembly.
        Dim a As Assembly = GetType(Module1).Assembly
        Display(indent, "Assembly identity={0}", a.FullName)
        Display(indent + 1, "Codebase={0}", a.CodeBase)

        ' Display the set of assemblies our assemblies reference.
        Dim an As AssemblyName
        Display(indent, "Referenced assemblies:")
        For Each an In a.GetReferencedAssemblies()
            Display(indent + 1, "Name={0}, Version={1}, Culture={2}, PublicKey token={3}", _
                an.Name, an.Version, an.CultureInfo.Name, BitConverter.ToString(an.GetPublicKeyToken))
        Next
        Display(indent, "")

        ' Display information about each assembly loading into this AppDomain.
        For Each a In AppDomain.CurrentDomain.GetAssemblies()
            Display(indent, "Assembly: {0}", a)

            ' Display information about each module of this assembly.
            Dim m As [Module]
            For Each m In a.GetModules(True)
                Display(indent + 1, "Module: {0}", m.Name)
            Next

            ' Display information about each type exported from this assembly.
            Dim t As Type
            indent += 1
            For Each t In a.GetExportedTypes()
                Display(0, "")
                Display(indent, "Type: {0}", t)

                ' For each type, show its members & their custom attributes.
                Dim mi As MemberInfo
                indent += 1
                For Each mi In t.GetMembers()
                    Display(indent, "Member: {0}", mi.Name)
                    DisplayAttributes(indent, mi)

                    ' If the member is a method, display information about its parameters.
                    Dim pi As ParameterInfo
                    If mi.MemberType = MemberTypes.Method Then
                        For Each pi In CType(mi, MethodInfo).GetParameters()
                            Display(indent + 1, "Parameter: Type={0}, Name={1}", pi.ParameterType, pi.Name)
                        Next
                    End If

                    ' If the member is a property, display information about the property's accessor methods.
                    If mi.MemberType = MemberTypes.Property Then
                        Dim am As MethodInfo
                        For Each am In CType(mi, PropertyInfo).GetAccessors()
                            Display(indent + 1, "Accessor method: {0}", am)
                        Next
                    End If
                Next
                indent -= 1
            Next
            indent -= 1
        Next
    End Sub

    ' Displays the custom attributes applied to the specified member.
    Sub DisplayAttributes(ByVal indent As Int32, ByVal mi As MemberInfo)
        ' Get the set of custom attributes; if none exist, just return.
        Dim attrs() As Object = mi.GetCustomAttributes(False)
        If attrs.Length = 0 Then Return

        ' Display the custom attributes applied to this member.
        Display(indent + 1, "Attributes:")
        Dim o As Object
        For Each o In attrs
            Display(indent + 2, "{0}", o.ToString())
        Next
    End Sub

    ' Display a formatted string indented by the specified amount.
    Sub Display(ByVal indent As Int32, ByVal format As String, ByVal ParamArray params() As Object)
        Console.Write(New String(" "c, indent * 2))
        Console.WriteLine(format, params)
    End Sub
End Module

'The output shown below is abbreviated.
'
'Assembly identity=Reflection, Version=0.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null
'  Codebase=file:///C:/Reflection.exe
'Referenced assemblies:
'  Name=mscorlib, Version=1.0.5000.0, Culture=, PublicKey token=B7-7A-5C-56-19-34-E0-89
'  Name=Microsoft.VisualBasic, Version=7.0.5000.0, Culture=, PublicKey token=B0-3F-5F-7F-11-D5-0A-3A
'
'Assembly: mscorlib, Version=1.0.5000.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089
'  Module: mscorlib.dll
'  Module: prc.nlp
'  Module: prcp.nlp
'  Module: ksc.nlp
'  Module: ctype.nlp
'  Module: xjis.nlp
'  Module: bopomofo.nlp
'  Module: culture.nlp
'  Module: region.nlp
'  Module: sortkey.nlp
'  Module: charinfo.nlp
'  Module: big5.nlp
'  Module: sorttbls.nlp
'  Module: l_intl.nlp
'  Module: l_except.nlp
'
'  Type: System.Object
'    Member: GetHashCode
'    Member: Equals
'      Parameter: Type=System.Object, Name=obj
'    Member: ToString
'    Member: Equals
'      Parameter: Type=System.Object, Name=objA
'      Parameter: Type=System.Object, Name=objB
'    Member: ReferenceEquals
'      Parameter: Type=System.Object, Name=objA
'      Parameter: Type=System.Object, Name=objB
'    Member: GetType
'    Member: .ctor
'
'  Type: System.ICloneable
'    Member: Clone
'
'  Type: System.Collections.IEnumerable
'    Member: GetEnumerator
'      Attributes:
'        System.Runtime.InteropServices.DispIdAttribute
'
'  Type: System.Collections.ICollection
'    Member: get_IsSynchronized
'    Member: get_SyncRoot
'    Member: get_Count
'    Member: CopyTo
'      Parameter: Type=System.Array, Name=array
'      Parameter: Type=System.Int32, Name=index
'    Member: Count
'      Accessor method: Int32 get_Count()
'    Member: SyncRoot
'      Accessor method: System.Object get_SyncRoot()
'    Member: IsSynchronized
'      Accessor method: Boolean get_IsSynchronized()
'

注釈

プロパティは、フィールドと論理的に同じです。 プロパティは、通常、値がアクセサーを介してget``setアクセスできるオブジェクトの状態の名前付き側面です。 プロパティは読み取り専用である場合があります。その場合、セット ルーチンはサポートされていません。

注意

プロパティがあるかどうかを判断するには、for staticor アクセサーまたはsetメソッドをMethodInfoget呼び出GetGetMethodして取得し、そのIsStaticプロパティをGetSetMethod調べる必要があります。

このクラスのいくつかのメソッドでは、プロパティの get アクセサーメソッドと set アクセサーメソッドに特定の形式があることを前提としています。 メソッドのsetシグネチャgetは、次の規則に一致する必要があります。

  • メソッドの戻り値の get 型とメソッドの最後の set 引数は同じである必要があります。 これは、プロパティの型です。

  • およびsetメソッドはget、インデックスの数、型、順序が同じである必要があります。

この形式に従わない場合、and SetValue メソッドのGetValue動作は未定義です。

PropertyInfo is のtrue``GetCustomAttributesパラメーターがinherit型階層を歩かない場合に呼び出ICustomAttributeProvider.GetCustomAttributesします。 カスタム属性を継承するために使用 System.Attribute します。

注意 (実装者)

継承PropertyInfoする場合は、次のメンバーをオーバーライドする必要があります。 GetAccessors(Boolean)GetValue(Object, Object[])SetValue(Object, Object, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo)GetGetMethod(Boolean)GetSetMethod(Boolean)GetIndexParameters()

コンストラクター

PropertyInfo()

PropertyInfo クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Attributes

このプロパティの属性を取得します。

CanRead

プロパティを読み取ることができるかどうかを示す値を取得します。

CanWrite

プロパティに書き込むことができるかどうかを示す値を取得します。

CustomAttributes

このメンバーのカスタム属性を含むコレクションを取得します。

(継承元 MemberInfo)
DeclaringType

このメンバーを宣言するクラスを取得します。

(継承元 MemberInfo)
GetMethod

このプロパティの get アクセサーを取得します。

IsCollectible

この MemberInfo オブジェクトが、収集可能な AssemblyLoadContext に保持されているアセンブリの一部であるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 MemberInfo)
IsSpecialName

特別な名前のプロパティかどうかを示す値を取得します。

MemberType

このメンバーがプロパティであることを示す MemberTypes 値を取得します。

MemberType

派生クラスでオーバーライドされると、メンバーの種類を示す MemberTypes 値を取得します。メソッド、コンストラクター、イベント、などです。

(継承元 MemberInfo)
MetadataToken

メタデータ要素を識別する値を取得します。

(継承元 MemberInfo)
Module

現在の MemberInfo によって表されるメンバーを宣言する型が定義されているモジュールを取得します。

(継承元 MemberInfo)
Name

現在のメンバーの名前を取得します。

(継承元 MemberInfo)
PropertyType

このプロパティの型を取得します。

ReflectedType

MemberInfo のこのインスタンスを取得するために使用したクラス オブジェクトを取得します。

(継承元 MemberInfo)
SetMethod

このプロパティの set アクセサーを取得します。

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。

(継承元 MemberInfo)
GetAccessors()

現在のインスタンスがリフレクションしているプロパティの、パブリックな get アクセサー、および set アクセサーをリフレクションする要素で構成される配列を返します。

GetAccessors(Boolean)

現在のインスタンスがリフレクションしているプロパティのパブリックな (指定された場合は非パブリックも) get アクセサー、および set アクセサーをリフレクションする要素で構成される配列を返します。

GetConstantValue()

コンパイラによってプロパティに関連付けられているリテラル値を返します。

GetCustomAttributes(Boolean)

派生クラスでオーバーライドされた場合、このメンバーに適用されているすべてのカスタム属性の配列を返します。

(継承元 MemberInfo)
GetCustomAttributes(Type, Boolean)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、このメンバーに適用され、Type によって識別されるカスタム属性の配列を返します。

(継承元 MemberInfo)
GetCustomAttributesData()

ターゲット メンバーに適用されている属性に関するデータを表す CustomAttributeData オブジェクトのリストを返します。

(継承元 MemberInfo)
GetGetMethod()

このプロパティのパブリックな get アクセサーを返します。

GetGetMethod(Boolean)

派生クラス内でオーバーライドされた場合に、このプロパティのパブリックまたは非パブリックな get アクセサーを返します。

GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

(継承元 MemberInfo)
GetIndexParameters()

派生クラスによってオーバーライドされた場合に、プロパティのすべてのインデックス パラメーターの配列を返します。

GetOptionalCustomModifiers()

プロパティのオプションのカスタム修飾子を表す型の配列を返します。

GetRawConstantValue()

コンパイラによってプロパティに関連付けられているリテラル値を返します。

GetRequiredCustomModifiers()

プロパティの必須のカスタム修飾子を表す型の配列を返します。

GetSetMethod()

このプロパティのパブリックな set アクセサーを返します。

GetSetMethod(Boolean)

派生クラス内でオーバーライドされた場合に、このプロパティの set アクセサーを返します。

GetType()

プロパティの属性を取得し、プロパティのメタデータにアクセスできるようにします。

GetType()

メンバーの属性を取得し、メンバーのメタデータにアクセスできるようにします。

(継承元 MemberInfo)
GetValue(Object)

指定されたオブジェクトのプロパティの値を返します。

GetValue(Object, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したバインディング、インデックス、およびカルチャ固有の情報を含む指定されたオブジェクトのプロパティ値を返します。

GetValue(Object, Object[])

指定したオブジェクトのプロパティの値を返します。インデックス付きプロパティの場合は、オプションでインデックス値を設定できます。

HasSameMetadataDefinitionAs(MemberInfo) (継承元 MemberInfo)
IsDefined(Type, Boolean)

派生クラスでオーバーライドされた場合、このメンバーに、指定された型の属性またはその派生型の属性が 1 つ以上適用されているかどうかを示します。

(継承元 MemberInfo)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
SetValue(Object, Object)

指定されたオブジェクトのプロパティの値を設定します。

SetValue(Object, Object, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したバインディング、インデックス、およびカルチャ固有の情報を含む指定されたオブジェクトのプロパティ値を設定します。

SetValue(Object, Object, Object[])

指定したオブジェクトのプロパティの値を設定します。インデックス プロパティの場合は、オプションでインデックス値を設定できます。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

演算子

Equality(PropertyInfo, PropertyInfo)

2 つの PropertyInfo オブジェクトが等しいかどうかを示します。

Inequality(PropertyInfo, PropertyInfo)

2 つの PropertyInfo オブジェクトが等しくないかどうかを示します。

明示的なインターフェイスの実装

_MemberInfo.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。

(継承元 MemberInfo)
_MemberInfo.GetType()

Type クラスを表す MemberInfo オブジェクトを取得します。

(継承元 MemberInfo)
_MemberInfo.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この型情報を使用して、インターフェイスの型情報を取得できます。

(継承元 MemberInfo)
_MemberInfo.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

(継承元 MemberInfo)
_MemberInfo.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

(継承元 MemberInfo)
_PropertyInfo.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。

_PropertyInfo.GetType()

Type 型を表す PropertyInfo オブジェクトを取得します。

_PropertyInfo.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この型情報を使用して、インターフェイスの型情報を取得できます。

_PropertyInfo.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

_PropertyInfo.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

ICustomAttributeProvider.GetCustomAttributes(Boolean)

名前付きの属性を除く、このメンバーに定義されているすべてのカスタム属性の配列、またはカスタム属性がない場合は空の配列を返します。

(継承元 MemberInfo)
ICustomAttributeProvider.GetCustomAttributes(Type, Boolean)

型で識別された、このメンバーに定義されているカスタム属性の配列、または、この型のカスタム属性がない場合は空の配列を返します。

(継承元 MemberInfo)
ICustomAttributeProvider.IsDefined(Type, Boolean)

attributeType の 1 つ以上のインスタンスがこのメンバーで定義されているかどうかを示します。

(継承元 MemberInfo)

拡張メソッド

GetCustomAttribute(MemberInfo, Type)

指定したメンバーに適用される指定した型のカスタム属性を取得します。

GetCustomAttribute(MemberInfo, Type, Boolean)

指定したメンバーに適用される指定した型のカスタム属性を取得し、オプションでそのメンバーの先祖を調べます。

GetCustomAttribute<T>(MemberInfo)

指定したメンバーに適用される指定した型のカスタム属性を取得します。

GetCustomAttribute<T>(MemberInfo, Boolean)

指定したメンバーに適用される指定した型のカスタム属性を取得し、オプションでそのメンバーの先祖を調べます。

GetCustomAttributes(MemberInfo)

指定されたメンバーに適用されるカスタム属性のコレクションを取得します。

GetCustomAttributes(MemberInfo, Boolean)

指定されたメンバーに適用されるカスタム属性のコレクションを取得し、オプションでそのメンバーの先祖を調べます。

GetCustomAttributes(MemberInfo, Type)

指定されたメンバーに適用される指定された型のカスタム属性のコレクションを取得します。

GetCustomAttributes(MemberInfo, Type, Boolean)

指定されたメンバーに適用されている指定された型のカスタム属性のコレクションを取得し、オプションでそのメンバーの先祖を調べます。

GetCustomAttributes<T>(MemberInfo)

指定されたメンバーに適用される指定された型のカスタム属性のコレクションを取得します。

GetCustomAttributes<T>(MemberInfo, Boolean)

指定されたメンバーに適用されている指定された型のカスタム属性のコレクションを取得し、オプションでそのメンバーの先祖を調べます。

IsDefined(MemberInfo, Type)

指定された型のカスタム属性が指定されたメンバーに適用されているかどうかを示します。

IsDefined(MemberInfo, Type, Boolean)

指定された型のカスタム属性が指定されたメンバーに適用され、オプションで先祖に適用されているかどうかを示します。

GetMetadataToken(MemberInfo)

指定されたメンバーのメタデータ トークンを取得します (存在する場合)。

HasMetadataToken(MemberInfo)

指定されたメンバーに対してメタデータ トークンを使用できるかどうかを示す値を返します。

GetAccessors(PropertyInfo)
GetAccessors(PropertyInfo, Boolean)
GetGetMethod(PropertyInfo)
GetGetMethod(PropertyInfo, Boolean)
GetSetMethod(PropertyInfo)
GetSetMethod(PropertyInfo, Boolean)

適用対象

スレッド セーフ

この型はスレッド セーフです。