ResourceManager ResourceManager ResourceManager ResourceManager Constructors

定義

オーバーロード

ResourceManager() ResourceManager() ResourceManager()

ResourceManager クラスの新しいインスタンスを既定値で初期化します。 Initializes a new instance of the ResourceManager class with default values.

ResourceManager(Type) ResourceManager(Type) ResourceManager(Type) ResourceManager(Type)

指定した型オブジェクトの情報に基づいて、サテライト アセンブリでリソースを検索する ResourceManager クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the ResourceManager class that looks up resources in satellite assemblies based on information from the specified type object.

ResourceManager(String, Assembly) ResourceManager(String, Assembly) ResourceManager(String, Assembly)

指定したアセンブリ内で指定したルート名を持つファイルに含まれているリソースを検索する ResourceManager クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the ResourceManager class that looks up resources contained in files with the specified root name in the given assembly.

ResourceManager(String, Assembly, Type) ResourceManager(String, Assembly, Type) ResourceManager(String, Assembly, Type)

指定した ResourceSet クラスを使用して、指定したアセンブリ内で指定したルート名を持つファイルに含まれるリソースを検索する ResourceManager クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the ResourceManager class that uses a specified ResourceSet class to look up resources contained in files with the specified root name in the given assembly.

ResourceManager() ResourceManager() ResourceManager()

ResourceManager クラスの新しいインスタンスを既定値で初期化します。 Initializes a new instance of the ResourceManager class with default values.

protected:
 ResourceManager();
protected ResourceManager ();
Protected Sub New ()

注釈

このコンス トラクターは、独自のクラスから派生したを記述する場合にのみ役立ちます、ResourceManagerクラス。This constructor is useful only if you write your own class that derives from the ResourceManager class.

ResourceManager(Type) ResourceManager(Type) ResourceManager(Type) ResourceManager(Type)

指定した型オブジェクトの情報に基づいて、サテライト アセンブリでリソースを検索する ResourceManager クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the ResourceManager class that looks up resources in satellite assemblies based on information from the specified type object.

public:
 ResourceManager(Type ^ resourceSource);
public ResourceManager (Type resourceSource);
new System.Resources.ResourceManager : Type -> System.Resources.ResourceManager
Public Sub New (resourceSource As Type)
パラメーター
resourceSource
Type Type Type Type

リソース マネージャーが .resources ファイルを検索するために必要なすべての情報を取得する元となる種類。 A type from which the resource manager derives all information for finding .resources files.

例外

resourceSource パラメーターが null です。 The resourceSource parameter is null.

次の例では、ResourceManager(Type)インスタンスを作成するコンス トラクター、ResourceManagerオブジェクト。The following example uses the ResourceManager(Type) constructor to instantiate a ResourceManager object. 英語 (en)、フランス語 (フランス) (FR-FR)、およびロシア語 (ロシア) (RU-RU) の .txt ファイルからコンパイルされたリソースのカルチャ。It consists of resources compiled from .txt files for the English (en), French (France) (fr-FR), and Russian (Russia) (ru-RU) cultures. 例は、英語 (米国)、フランス語 (フランス)、ロシア語 (ロシア)、およびスウェーデン語 (スウェーデン) を現在のカルチャと現在の UI カルチャを変更します。The example changes the current culture and current UI culture to English (United States), French (France), Russian (Russia), and Swedish (Sweden). 呼び出して、GetString(String)時間帯に依存している応答メッセージを表示するローカライズされた文字列を取得します。It then calls the GetString(String) method to retrieve the localized string, which displays a greeting that depends on the time of day.

例では、次の表に記載されている、3 つのテキスト ベースのリソース ファイルが必要です。The example requires three text-based resource files, as listed in the following table. 各ファイルには、という名前の文字列リソースが含まれています。 MorningAfternoon、およびEveningします。Each file includes string resources named Morning, Afternoon, and Evening.

cultureCulture ファイル名File name リソース名Resource name リソースの値Resource value
en-USen-US GreetingResources.txtGreetingResources.txt Morning おはようございますGood morning
en-USen-US GreetingResources.txtGreetingResources.txt Afternoon こんにちはGood afternoon
en-USen-US GreetingResources.txtGreetingResources.txt Evening こんばんはGood evening
fr-FRfr-FR GreetingResources.fr ファイルに格納GreetingResources.fr-FR.txt Morning BonjourBonjour
fr-FRfr-FR GreetingResources.fr ファイルに格納GreetingResources.fr-FR.txt Afternoon BonjourBonjour
fr-FRfr-FR GreetingResources.fr ファイルに格納GreetingResources.fr-FR.txt Evening BonsoirBonsoir
ru-RUru-RU GreetingResources.ru ファイルに格納GreetingResources.ru-RU.txt Morning ДОБРОЕ УТРОДоброе утро
ru-RUru-RU GreetingResources.ru ファイルに格納GreetingResources.ru-RU.txt Afternoon ДОБРЫЙ ДЕНЬДобрый день
ru-RUru-RU GreetingResources.ru ファイルに格納GreetingResources.ru-RU.txt Evening ДОБРЫЙ ВЕЧЕРДобрый вечер

次のバッチ ファイルを使用して、Visual Basic の例をコンパイルし、Greet.exe という名前の実行可能ファイルを作成することができます。You can use the following batch file to compile the Visual Basic example and create an executable named Greet.exe. C# でコンパイルをするからコンパイラ名を変更vbccscとからのファイル拡張子.vb.csします。To compile with C#, change the compiler name from vbc to csc and the file extension from .vb to .cs.


resgen GreetingResources.txt  
vbc Greet.vb /resource: GreetingResources.resources  

md fr-FR  
resgen GreetingResources.fr-FR.txt  
al /out:fr-FR\Greet.resources.dll /culture:fr-FR /embed: GreetingResources.fr-FR.resources   

md ru-RU  
resgen GreetingResources.ru-RU.txt  
al /out:ru-RU\Greet.resources.dll /culture:ru-RU /embed: GreetingResources.ru-RU.resources  

次の例では、(Visual Basic バージョンの ShowDate.vb) または ShowDate.cs c# バージョンのコードのソース コードに示します。Here's the source code for the example (ShowDate.vb for the Visual Basic version or ShowDate.cs for the C# version of the code).

using System;
using System.Resources;
using System.Globalization;
using System.Threading;

[assembly:NeutralResourcesLanguage("en")]

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      string[] cultureNames = {"en-US", "fr-FR", "ru-RU", "sv-SE" };
      DateTime noon = new DateTime(DateTime.Now.Year, DateTime.Now.Month, 
                                   DateTime.Now.Day, 12,0,0);
      DateTime evening = new DateTime(DateTime.Now.Year, DateTime.Now.Month,
                                      DateTime.Now.Day, 18, 0, 0);                          
      
      ResourceManager rm = new ResourceManager(typeof(GreetingResources));
      
      foreach (var cultureName in cultureNames) {
         Thread.CurrentThread.CurrentUICulture = CultureInfo.CreateSpecificCulture(cultureName);
         Console.WriteLine("The current UI culture is {0}", 
                           CultureInfo.CurrentUICulture.Name);
         if (DateTime.Now < noon)
            Console.WriteLine("{0}!", rm.GetString("Morning"));
         else if (DateTime.Now < evening)
            Console.WriteLine("{0}!", rm.GetString("Afternoon"));
         else
            Console.WriteLine("{0}!", rm.GetString("Evening"));
         Console.WriteLine();
      }
   }

   internal class GreetingResources
   {
   }
}
// The example displays output like the following:
//       The current UI culture is en-US
//       Good afternoon!
//       
//       The current UI culture is fr-FR
//       Bonjour!
//       
//       The current UI culture is ru-RU
//       Добрый день!
//       
//       The current UI culture is sv-SE
//       Good afternoon!
Imports System.Resources
Imports System.Globalization
Imports System.Threading

<Assembly:NeutralResourcesLanguage("en")>

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim cultureNames() As String = {"en-US", "fr-FR", "ru-RU", "sv-SE" }
      Dim noon As New Date(Date.Now.Year, Date.Now.Month, 
                           Date.Now.Day, 12,0,0)
      Dim evening As New Date(Date.Now.Year, Date.Now.Month,
                              Date.Now.Day, 18, 0, 0)                          
      
      Dim rm As New ResourceManager(GetType(GreetingResources))
      
      For Each cultureName In cultureNames
         Thread.CurrentThread.CurrentUICulture = CultureInfo.CreateSpecificCulture(cultureName)
         Console.WriteLine("The current UI culture is {0}", 
                           CultureInfo.CurrentUICulture.Name)
         If Date.Now < noon Then
            Console.WriteLine("{0}!", rm.GetString("Morning"))
         ElseIf Date.Now < evening Then
            Console.WriteLine("{0}!", rm.GetString("Afternoon"))
         Else
            Console.WriteLine("{0}!", rm.GetString("Evening"))
         End If 
         Console.WriteLine()
      Next
   End Sub
End Module

Friend Class GreetingResources
End Class
' The example displays output like the following:
'       The current UI culture is en-US
'       Good afternoon!
'       
'       The current UI culture is fr-FR
'       Bonjour!
'       
'       The current UI culture is ru-RU
'       Добрый день!
'       
'       The current UI culture is sv-SE
'       Good afternoon!

アプリのクラスを定義するだけでなく、名前付きExample、ソース コードは、名前の内部クラスを定義しますGreetingResources、リソース ファイルの基本名と同じです。In addition to defining an app class named Example, the source code defines an internal class whose name, GreetingResources, is the same as the base name of the resource files. 正常にインスタンスを作成できるようになります、ResourceManagerオブジェクトを呼び出すことによって、ResourceManager(Type)コンス トラクター。This makes it possible to successfully instantiate a ResourceManager object by calling the ResourceManager(Type) constructor.

出力が表示されますが、適切なローカライズされた文字列ことである場合、現在の UI カルチャがスウェーデン語 (スウェーデン) が場合を除き、通知は、英語の言語リソースを使用します。Notice that the output displays the appropriate localized string except when the current UI culture is Swedish (Sweden), in which case it uses English language resources. 定義されている、アプリが既定のカルチャのリソースを使用してスウェーデン語の言語リソースが利用できないため、NeutralResourcesLanguageAttribute属性は、代わりにします。Because Swedish language resources are unavailable, the app uses the resources of the default culture, as defined by the NeutralResourcesLanguageAttribute attribute, instead.

注釈

デスクトップ アプリDesktop Apps

リソース マネージャーを使用してデスクトップ アプリ、resourceSourceパラメーターを次のように、特定のリソース ファイルを読み込めません。In desktop apps, the resource manager uses the resourceSource parameter to load a particular resource file as follows:

  • 場合、NeutralResourcesLanguageAttributeを示す既定のカルチャのリソースがサテライト アセンブリに配置をリソース マネージャーは、既定のカルチャのリソース ファイルをで指定された型と同じアセンブリで見つかったこと前提としています属性は使用されません。resourceSourceパラメーター。If the NeutralResourcesLanguageAttribute attribute is not used to indicate that the resources of the default culture reside in a satellite assembly, the resource manager assumes that the resource file for the default culture is found in the same assembly as the type specified by the resourceSource parameter.

  • リソース マネージャーは、既定のリソース ファイルがで指定された型と同じ基本名を持つことを想定しています、resourceSourceパラメーター。The resource manager assumes that the default resource file has the same base name as the type specified by the resourceSource parameter.

  • リソース マネージャーは、既定値を使用します。ResourceSetリソース ファイルを操作するクラス。The resource manager uses the default ResourceSet class to manipulate the resource file.

MyType を定義するアセンブリで MyCompany.MyProduct.MyType.resources をという名前の .resources ファイルのリソース マネージャーを検索など MyCompany.MyProduct.MyType という名前の型を指定します。For example, given a type named MyCompany.MyProduct.MyType, the resource manager looks for a .resources file named MyCompany.MyProduct.MyType.resources in the assembly that defines MyType.

Visual Studio で、リソース デザイナーを自動的に生成コードを定義する、 internal (で C# の場合) またはFriend(Visual Basic) では、クラスの名前は既定のカルチャの .resources ファイルの基本名と同じです。In Visual Studio, the Resource Designer automatically generates code that defines an internal (in C#) or Friend (in Visual Basic) class whose name is the same as the base name of the .resources file for the default culture. これにより、インスタンス化すること、ResourceManagerとして、リソースがある必要があります、クラスがコンパイラに表示されている限りために、リソースの名前に対応する名前の型のオブジェクトを取得することによって、特定のリソースのセットを結合、およびオブジェクトまぁ。This makes it possible to instantiate a ResourceManager object and couple it with a particular set of resources by getting a type object whose name corresponds to the name of the resource, because as long as the class is visible to the compiler, the resources must be as well. たとえば、Resource1 .resources ファイルの名前が場合、次のステートメントをインスタンス化、 ResourceManager Resource1 をという名前の .resources ファイルを管理するオブジェクト。For example, if a .resources file is named Resource1, the following statement instantiates a ResourceManager object to manage the .resources file named Resource1:

ResourceManager rm = new ResourceManager(typeof(Resource1));

Visual Studio を使用していない場合、その名前空間と名前は、既定の .resources ファイルのと同じメンバーを持たないクラスを作成することができます。If you're not using Visual Studio, you can create a class with no members whose namespace and name are the same as that of the default .resources file. 具体的な例を次に示します。The example provides an illustration.

Windows 8.x ストアWindows 8.x Store アプリ Apps

重要

ただし、ResourceManagerクラスではサポートされてWindows 8.x ストアWindows 8.x Storeアプリ、その用途をようお勧めできません。Although the ResourceManager class is supported in Windows 8.x ストアWindows 8.x Store apps, we do not recommend its use. このクラスを使用して開発する場合にのみポータブル クラス ライブラリPortable Class Libraryで使用できるプロジェクトWindows 8.x ストアWindows 8.x Storeアプリ。Use this class only when you develop ポータブル クラス ライブラリPortable Class Library projects that can be used with Windows 8.x ストアWindows 8.x Store apps. リソースを取得するWindows 8.x ストアWindows 8.x Store、アプリを使用して、 Windows.ApplicationModel.Resources.ResourceLoaderクラスの代わりにします。To retrieve resources from Windows 8.x ストアWindows 8.x Store apps, use the Windows.ApplicationModel.Resources.ResourceLoader class instead.

Windows 8.x ストアWindows 8.x Storeアプリ、ResourceManagerを使用して、resourceSourceパラメーター、アセンブリ、基本名、およびリソース項目をアプリのパッケージ リソース インデックス (PRI) ファイル内に配置できる場所の名前空間を推論します。In Windows 8.x ストアWindows 8.x Store apps, ResourceManager uses the resourceSource parameter to infer the assembly, base name, and the namespace where the resource items can be located within the app's package resource index (PRI) file. たとえばで定義されている MyCompany.MyProduct.MyType という名前の型を指定MyAssembly、リソース マネージャーのリソース セット識別子が MyAssembly という名前の外観し、MyCompany.MyProduct.MyType そのリソース セット内のスコープを探します。For example, given a type named MyCompany.MyProduct.MyType that is defined in MyAssembly, the resource manager looks for a resource set identifier named MyAssembly and looks for a scope MyCompany.MyProduct.MyType within that resource set. リソース マネージャーは、このスコープ内での既定のコンテキスト (現在のカルチャや現在のハイ コントラスト設定) の下にあるリソース項目を検索します。The resource manager searches for resource items under the default context (current culture, current high contrast setting, and so on) within this scope.

ResourceManager(String, Assembly) ResourceManager(String, Assembly) ResourceManager(String, Assembly)

指定したアセンブリ内で指定したルート名を持つファイルに含まれているリソースを検索する ResourceManager クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the ResourceManager class that looks up resources contained in files with the specified root name in the given assembly.

public:
 ResourceManager(System::String ^ baseName, System::Reflection::Assembly ^ assembly);
public ResourceManager (string baseName, System.Reflection.Assembly assembly);
new System.Resources.ResourceManager : string * System.Reflection.Assembly -> System.Resources.ResourceManager
パラメーター
baseName
String String String String

拡張子はないが、完全修飾名前空間名を含んだ、リソース ファイルのルート名。 The root name of the resource file without its extension but including any fully qualified namespace name. たとえば、"MyApplication.MyResource.en-US.resources" というリソース ファイルのルート名は "MyApplication.MyResource" です。 For example, the root name for the resource file named MyApplication.MyResource.en-US.resources is MyApplication.MyResource.

assembly
Assembly Assembly Assembly Assembly

リソースのメイン アセンブリ。 The main assembly for the resources.

例外

baseName パラメーターまたは assembly パラメーターが null です。 The baseName or assembly parameter is null.

次の例を示すためにローカライズされていない単純な"Hello World"アプリを使用して、ResourceManager(String, Assembly)コンス トラクター。The following example uses a simple non-localized "Hello World" app to illustrate the ResourceManager(String, Assembly) constructor. ExampleResources.txt をという名前のテキスト ファイルの内容を次に示します。The following shows the contents of a text file named ExampleResources.txt. アプリがコンパイルされると、リソースは、メイン アプリケーション アセンブリに埋め込まれます。When the app is compiled, the resource is embedded in the main app assembly.

Greeting=Hello  

使用して、テキスト ファイルをバイナリ リソース ファイルに変換できる、コマンド プロンプトで、次のようにします。The text file can be converted to a binary resource file by using the at the command prompt as follows:

resgen ExampleResources.txt  

次の例は、実行可能コードをインスタンス化する、ResourceManagerオブジェクトの名前を入力するように求めるし、あいさつ文が表示されます。The following example provides the executable code that instantiates a ResourceManager object, prompts the user to enter a name, and displays a greeting.

using System;
using System.Reflection;
using System.Resources;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      // Retrieve the resource.
      ResourceManager rm = new ResourceManager("ExampleResources" , 
                               typeof(Example).Assembly);
      string greeting = rm.GetString("Greeting");
      
      Console.Write("Enter your name: ");
      string name = Console.ReadLine();
      Console.WriteLine("{0} {1}!", greeting, name);
   }
}
// The example produces output similar to the following:
//       Enter your name: John
//       Hello John!
Imports System.Globalization
Imports System.Reflection
Imports System.Resources

Module Example
   Public Sub Main()
      ' Retrieve the resource.
      Dim rm As New ResourceManager("ExampleResources", 
                                    GetType(Example).Assembly)
      Dim greeting As String = rm.GetString("Greeting")
      
      Console.Write("Enter your name: ")
      Dim name As String = Console.ReadLine()
      Console.WriteLine("{0} {1}!", greeting, name)
   End Sub
End Module
' The example produces output similar to the following:
'       Enter your name: John
'       Hello John!

Visual Basic では、次のコマンドを使用してコンパイルできます。It can be compiled by using the following command in Visual Basic:

vbc Example.vb /resource:ExampleResources.resources  

または、以下を使用して c# ではコマンドします。or by using the following command in C#:

csc Example.cs /resource:ExampleResources.resources  

例にそのアセンブリで定義された型を渡すことによって、リソース ファイルを含むアセンブリへの参照を取得することに注意してください、typeof関数 (c#) またはGetType(Visual Basic) で機能し、そのの値を取得するType.Assemblyプロパティ。Note that the example retrieves a reference to the assembly that contains the resource file by passing a type defined in that assembly to the typeof function (in C#) or the GetType function (in Visual Basic) and retrieving the value of its Type.Assembly property.

注釈

デスクトップ アプリDesktop Apps

デスクトップ アプリ、サテライト アセンブリには、個々 のカルチャに固有のリソース ファイルを含める必要があり、メイン アセンブリには、既定のカルチャのリソース ファイルを含める必要があります。In desktop apps, the individual culture-specific resource files should be contained in satellite assemblies, and the default culture's resource file should be contained in the main assembly. サテライト アセンブリでは、そのアセンブリのマニフェストで指定された 1 つのカルチャのリソースを含むと見なされますされ、必要に応じて読み込まれます。A satellite assembly is assumed to contain resources for a single culture specified in that assembly's manifest, and is loaded as necessary.

注意

呼び出す必要がありますをアセンブリから取得するのではなく、直接の .resources ファイルからリソースを取得する、CreateFileBasedResourceManagerメソッド代わりにインスタンス化する、ResourceManagerオブジェクト。To retrieve resources from .resources files directly instead of retrieving them from assemblies, you must call the CreateFileBasedResourceManager method instead to instantiate a ResourceManager object.

リソース ファイルがで識別される場合baseName内に見つかりませんassembly、メソッドがインスタンス化、ResourceManagerオブジェクトが、特定のリソースを取得しようとすると、通常、例外がスローMissingManifestResourceExceptionします。If the resource file identified by baseName cannot be found in assembly, the method instantiates a ResourceManager object, but the attempt to retrieve a specific resource throws an exception, typically MissingManifestResourceException. 例外の原因を診断する方法の詳細については、の「the MissingManifestResourceException 例外を処理する」セクションを参照してください、ResourceManagerクラスに関するトピック。For information about diagnosing the cause of the exception, see the "Handling the MissingManifestResourceException Exception" section of the ResourceManager class topic.

Windows 8.x ストアWindows 8.x Store アプリ Apps

重要

ただし、ResourceManagerクラスではサポートされてWindows 8.x ストアWindows 8.x Storeアプリ、その用途をようお勧めできません。Although the ResourceManager class is supported in Windows 8.x ストアWindows 8.x Store apps, we do not recommend its use. このクラスを使用して開発する場合にのみポータブル クラス ライブラリPortable Class Libraryで使用できるプロジェクトWindows 8.x ストアWindows 8.x Storeアプリ。Use this class only when you develop ポータブル クラス ライブラリPortable Class Library projects that can be used with Windows 8.x ストアWindows 8.x Store apps. リソースを取得するWindows 8.x ストアWindows 8.x Store、アプリを使用して、 Windows.ApplicationModel.Resources.ResourceLoaderクラスの代わりにします。To retrieve resources from Windows 8.x ストアWindows 8.x Store apps, use the Windows.ApplicationModel.Resources.ResourceLoader class instead.

Windows 8.x ストアWindows 8.x Storeアプリ、リソース マネージャーの使用の簡易名、assemblyアプリのパッケージ リソース インデックス (PRI) ファイルで一致するリソースを検索するパラメーターを設定します。In Windows 8.x ストアWindows 8.x Store apps, the resource manager uses the simple name of the assembly parameter to look up a matching resource set in the app's package resource index (PRI) file. baseNameリソース セット内のリソース項目を検索するパラメーターを使用します。The baseName parameter is used to look up a resource item within the resource set. たとえば、PortableLibrary1.Resource1.de DE.resources のルート名は PortableLibrary1.Resource1 です。For example, the root name for PortableLibrary1.Resource1.de-DE.resources is PortableLibrary1.Resource1.

注意 (継承者)

このコンス トラクターは、システム指定ResourceSet実装します。 This constructor uses the system-provided ResourceSet implementation. 派生する必要があります、カスタム リソース ファイル形式を使用する、ResourceSetクラスでオーバーライド、GetDefaultReader()GetDefaultWriter()メソッド、およびパスを入力する、ResourceManager(String, Assembly, Type)コンス トラクター。 To use a custom resource file format, you should derive from the ResourceSet class, override the GetDefaultReader() and GetDefaultWriter() methods, and pass that type to the ResourceManager(String, Assembly, Type) constructor. カスタムを使用してResourceSetは制御するリソースのキャッシュ ポリシーまたは、独自のリソース ファイル形式をサポートしているが、一般に必要な役に立ちます。 Using a custom ResourceSet can be useful for controlling resource caching policy or supporting your own resource file format, but is generally not necessary.

ResourceManager(String, Assembly, Type) ResourceManager(String, Assembly, Type) ResourceManager(String, Assembly, Type)

指定した ResourceSet クラスを使用して、指定したアセンブリ内で指定したルート名を持つファイルに含まれるリソースを検索する ResourceManager クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the ResourceManager class that uses a specified ResourceSet class to look up resources contained in files with the specified root name in the given assembly.

public:
 ResourceManager(System::String ^ baseName, System::Reflection::Assembly ^ assembly, Type ^ usingResourceSet);
public ResourceManager (string baseName, System.Reflection.Assembly assembly, Type usingResourceSet);
new System.Resources.ResourceManager : string * System.Reflection.Assembly * Type -> System.Resources.ResourceManager
パラメーター
baseName
String String String String

拡張子はないが、完全修飾名前空間名を含んだ、リソース ファイルのルート名。 The root name of the resource file without its extension but including any fully qualified namespace name. たとえば、"MyApplication.MyResource.en-US.resources" というリソース ファイルのルート名は "MyApplication.MyResource" です。 For example, the root name for the resource file named MyApplication.MyResource.en-US.resources is MyApplication.MyResource.

assembly
Assembly Assembly Assembly Assembly

リソースのメイン アセンブリ。 The main assembly for the resources.

usingResourceSet
Type Type Type Type

使用するカスタム ResourceSet の種類。 The type of the custom ResourceSet to use. null の場合は、既定のランタイム ResourceSet オブジェクトが使用されます。 If null, the default runtime ResourceSet object is used.

例外

usingResourcesetResourceSet の派生クラスではありません。 usingResourceset is not a derived class of ResourceSet.

baseName パラメーターまたは assembly パラメーターが null です。 The baseName or assembly parameter is null.

注釈

サテライト アセンブリには、個々 のカルチャに固有のリソース ファイルを含める必要があり、メイン アセンブリには、既定のカルチャのリソース ファイルを含める必要があります。The individual culture-specific resource files should be contained in satellite assemblies, and the default culture's resource file should be contained in the main assembly. サテライト アセンブリでは、そのアセンブリのマニフェストで指定された 1 つのカルチャのリソースを含むと見なされますされ、必要に応じて読み込まれます。A satellite assembly is assumed to contain resources for a single culture specified in that assembly's manifest, and is loaded as necessary.

注意

呼び出す必要がありますをアセンブリから取得するのではなく、直接の .resources ファイルからリソースを取得する、CreateFileBasedResourceManagerメソッド代わりにインスタンス化する、ResourceManagerオブジェクト。To retrieve resources from .resources files directly instead of retrieving them from assemblies, you must call the CreateFileBasedResourceManager method instead to instantiate a ResourceManager object.

リソース ファイルがで識別される場合baseName内に見つかりませんassembly、メソッドがインスタンス化、ResourceManagerオブジェクトが、特定のリソースを取得しようとすると、通常、例外がスローMissingManifestResourceExceptionします。If the resource file identified by baseName cannot be found in assembly, the method instantiates a ResourceManager object, but the attempt to retrieve a specific resource throws an exception, typically MissingManifestResourceException. 例外の原因を診断する方法の詳細については、の「the MissingManifestResourceException 例外を処理する」セクションを参照してください、ResourceManagerクラスに関するトピック。For information about diagnosing the cause of the exception, see the "Handling the MissingManifestResourceException Exception" section of the ResourceManager class topic.

注意

usingResourceSetパラメーターは、独自のリソース形式をサポートするために使用されは、一般的にnullします。The usingResourceSet parameter is used to support your own resource format, and will commonly be null. 異なるを受け取るコンス トラクター、Typeのみです。This is different from the constructor that takes a Type only.

注意 (呼び出し元)

このコンス トラクターでは、指定することができます、ResourceSet実装します。 This constructor lets you specify a ResourceSet implementation. 特定したくない場合ResourceSet実装は、カスタム リソース ファイルの形式を使用するようにから派生する必要があります、ResourceSetクラスでオーバーライド、GetDefaultReader()GetDefaultWriter()メソッド、およびこのコンス トラクターにパスを入力します。 If you do not want a specific ResourceSet implementation but would like to use a custom resource file format, you should derive from the ResourceSet class, override the GetDefaultReader() and GetDefaultWriter() methods, and pass that type to this constructor.

適用対象