COMException COMException COMException COMException Class

定義

COM メソッドの呼び出しによって、認識されない HRESULT が返された場合にスローされる例外。The exception that is thrown when an unrecognized HRESULT is returned from a COM method call.

public ref class COMException : System::Runtime::InteropServices::ExternalException
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public class COMException : System.Runtime.InteropServices.ExternalException
type COMException = class
    inherit ExternalException
Public Class COMException
Inherits ExternalException
継承
派生
属性

注釈

共通言語ランタイムは、既知の Hresult を .NET Framework 例外に変換します。これにより、COM オブジェクトは、有効なエラー情報をマネージクライアントに返すことができます。The common language runtime transforms well-known HRESULTs to .NET Framework exceptions, enabling COM objects to return meaningful error information to managed clients. HRESULT と例外のマッピングも、特定の Hresult をアンマネージクライアントに返すことで、もう1つの方向で機能します。The HRESULT to exception mapping also works in the other direction by returning specific HRESULTs to unmanaged clients. マッピングの詳細については、「」を参照してください。Hresult と例外をマップします。For mapping details, see How to: Map HRESULTs and Exceptions.

ランタイムが不明な hresult (特定の対応する例外を持たない hresult) を検出すると、 COMExceptionクラスのインスタンスがスローされます。When the runtime encounters an unfamiliar HRESULT (an HRESULT that lacks a specific, corresponding exception), it throws an instance of the COMException class. このすべての目的の例外は、任意の例外と同じメンバーを公開しErrorCode 、呼び出し先によって返される HRESULT を含むパブリックプロパティを継承します。This all-purpose exception exposes the same members as any exception, and inherits a public ErrorCode property that contains the HRESULT returned by the callee. ランタイムがエラーメッセージを利用できる場合 ( IErrorInfoインターフェイスまたErrは Visual Basic オブジェクトから取得される場合や、場合によってはオペレーティングシステムから取得される場合) は、メッセージが呼び出し元に返されます。If an error message is available to the runtime (obtained from the IErrorInfo interface or the Err object in Visual Basic, or in some cases from the operating system), the message is returned to the caller. ただし、COM コンポーネントの開発者がエラー メッセージを含めなかった場合、ランタイムは、メッセージ文字列の代わりに 8 桁の HRESULT を返します。However, if the COM component developer fails to include an error message, the runtime returns the eight-digit HRESULT in place of a message string. HRESULT を指定すると、呼び出し元は一般的な例外の原因を特定できます。Having an HRESULT allows the caller to determine the cause of the generic exception.

COMException 例外の処理Handling a COMException exception

COMException例外のトラブルシューティングに関する考慮事項を次に示します。The following are some considerations for troubleshooting a COMException exception.

プロパティをErrorCode確認するCheck the ErrorCode property
ランタイムが不明な hresult を検出し、例外COMExceptionをスローしErrorCodeた場合、プロパティにはエラーメッセージが含まれているか、エラーメッセージが使用できない場合は、8桁の HRESULT 値が含まれます。When the runtime encounters an unfamiliar HRESULT and throws a COMException exception, the ErrorCode property includes either the error message or, if an error message is unavailable, the eight-digit HRESULT value. エラーメッセージまたは HRESULT 値は、例外の原因を特定するのに役立ちます。The error message or the HRESULT value can help you determine the cause of the exception.

HRESULT 値の一覧については、「一般的な Hresult 値」を参照してください。For a list of HRESULT values, see Common HRESULT Values.

遅延バインディングされた引数と Microsoft Office オブジェクトLate-bound arguments and Microsoft Office objects
Microsoft Office オブジェクトCOMExceptionのメソッドに遅延バインディング引数を渡すと、オブジェクトが COM オブジェクトの場合に例外がスローされることがあります。When passing late-bound arguments to methods of Microsoft Office objects, a COMException exception may be thrown when the objects are COM objects. 遅延バインダーは、そのようなメソッド呼び出しには ByRef パラメーターが関連し、受け渡すプロパティに set アクセサーがあるものと想定します。The late binder assumes that such method calls involve a ByRef parameter and that the property you pass has a set accessor. プロパティがでない場合は、.NET Framework によっMissingMethodExceptionて ( CORE_E_MISSINGMETHOD HRESULT を使用して) 例外が生成されます。If the property does not, the .NET Framework generates a MissingMethodException exception (with a CORE_E_MISSINGMETHOD HRESULT ). このような動作に対処するには、事前バインディングされたオブジェクトを使用するか、またはオブジェクトのプロパティの代わりに変数を渡します。To work around this behavior, use early-bound objects or pass a variable instead of a property of the object.

Visual Studio とホストプロセスVisual Studio and the hosting process
COM は、Visual Studio とホストプロセス間の通信に使用されます。COM is used to communicate between Visual Studio and the hosting process. コードを実行する前に使用されるため、 CoInitializeSecurityを呼び出すと、この例外がスローされます。Because it is used before code runs, a call to CoInitializeSecurity causes this exception to be thrown.

場合によっては、管理者として Visual Studio を実行すると、問題が解決されることがあります。In some cases, running Visual Studio as Administrator may resolve the issue. ホストプロセスを無効にすることもできます。You can also disable the hosting process.

COMException 例外のスローThrowing a COMException exception

COMExceptionクラスを使用して、特定の hresult をアンマネージクライアントに返すことができますが、特定の .NET Framework 例外をスローすることは、一般的な例外を使用するよりも優れています。Although you can use the COMException class to return specific HRESULTs to unmanaged clients, throwing a specific .NET Framework exception is better than using a generic exception. マネージクライアントおよびアンマネージクライアントが .NET Framework オブジェクトを使用できること、およびマネージ呼び出し元に HRESULT をスローすることは、例外をスローするよりもわかりやすくが低いことを考慮してください。Consider that managed clients as well as unmanaged clients can use your .NET Framework object, and throwing an HRESULT to a managed caller is less comprehensible than throwing an exception.

コンストラクター

COMException() COMException() COMException() COMException()

COMException クラスの新しいインスタンスを既定値で初期化します。Initializes a new instance of the COMException class with default values.

COMException(SerializationInfo, StreamingContext) COMException(SerializationInfo, StreamingContext) COMException(SerializationInfo, StreamingContext) COMException(SerializationInfo, StreamingContext)

シリアル化データから、COMException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the COMException class from serialization data.

COMException(String) COMException(String) COMException(String) COMException(String)

指定したメッセージを使用して、COMException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the COMException class with a specified message.

COMException(String, Exception) COMException(String, Exception) COMException(String, Exception) COMException(String, Exception)

指定したエラー メッセージおよびこの例外の原因となった内部例外への参照を使用して、COMException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the COMException class with a specified error message and a reference to the inner exception that is the cause of this exception.

COMException(String, Int32) COMException(String, Int32) COMException(String, Int32) COMException(String, Int32)

指定したメッセージとエラー コードを使用して、COMException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the COMException class with a specified message and error code.

メソッド

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetBaseException() GetBaseException() GetBaseException() GetBaseException()

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の主要な原因である Exception を返します。When overridden in a derived class, returns the Exception that is the root cause of one or more subsequent exceptions.

(Inherited from Exception)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext) GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext) GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext) GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、その例外に関する情報を使用して SerializationInfo を設定します。When overridden in a derived class, sets the SerializationInfo with information about the exception.

(Inherited from Exception)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスのランタイム型を取得します。Gets the runtime type of the current instance.

(Inherited from Exception)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ToString() ToString() ToString() ToString()

例外の内容を文字列に変換します。Converts the contents of the exception to a string.

プロパティ

Data Data Data Data

例外に関する追加のユーザー定義情報を提供する、キー/値ペアのコレクションを取得します。Gets a collection of key/value pairs that provide additional user-defined information about the exception.

(Inherited from Exception)
ErrorCode ErrorCode ErrorCode ErrorCode

エラーの HRESULT を取得します。Gets the HRESULT of the error.

(Inherited from ExternalException)
HelpLink HelpLink HelpLink HelpLink

この例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。Gets or sets a link to the help file associated with this exception.

(Inherited from Exception)
HResult HResult HResult HResult

特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。Gets or sets HRESULT, a coded numerical value that is assigned to a specific exception.

(Inherited from Exception)
InnerException InnerException InnerException InnerException

現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。Gets the Exception instance that caused the current exception.

(Inherited from Exception)
Message Message Message Message

現在の例外を説明するメッセージを取得します。Gets a message that describes the current exception.

(Inherited from Exception)
Source Source Source Source

エラーの原因となるアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the application or the object that causes the error.

(Inherited from Exception)
StackTrace StackTrace StackTrace StackTrace

呼び出し履歴で直前のフレームの文字列形式を取得します。Gets a string representation of the immediate frames on the call stack.

(Inherited from Exception)
TargetSite TargetSite TargetSite TargetSite

現在の例外がスローされたメソッドを取得します。Gets the method that throws the current exception.

(Inherited from Exception)

イベント

SerializeObjectState SerializeObjectState SerializeObjectState SerializeObjectState

例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを含む例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。Occurs when an exception is serialized to create an exception state object that contains serialized data about the exception.

(Inherited from Exception)

適用対象

こちらもご覧ください