BIND_OPTS BIND_OPTS BIND_OPTS BIND_OPTS Struct

定義

モニカー バインディング操作中に使用するパラメーターを格納します。Stores the parameters that are used during a moniker binding operation.

public value class BIND_OPTS
public struct BIND_OPTS
type BIND_OPTS = struct
Public Structure BIND_OPTS
継承

注釈

詳細については、MSDN ライブラリののBIND_OPTS既存のドキュメントを参照してください。For more information, please see the existing documentation for BIND_OPTS in the MSDN library.

ネイティブコードの COM メソッドが HRESULT を返す場合、共通言語ランタイムは例外をスローします。The common language runtime throws an exception when a COM method in native code returns an HRESULT. 詳細については、「 How to: Map HRESULTs and Exceptions」を参照してください。For more information, see How to: Map HRESULTs and Exceptions.

フィールド

cbStruct cbStruct cbStruct cbStruct

BIND_OPTS 構造体のサイズをバイト単位で指定します。Specifies the size, in bytes, of the BIND_OPTS structure.

dwTickCountDeadline dwTickCountDeadline dwTickCountDeadline dwTickCountDeadline

バインディング操作を完了するために呼び出し元が指定した時間 (GetTickCount 関数が返すミリ秒単位の時間) を示します。Indicates the amount of time (clock time in milliseconds, as returned by the GetTickCount function) that the caller specified to complete the binding operation.

grfFlags grfFlags grfFlags grfFlags

モニカー バインディング操作のあらゆる局面を制御します。Controls aspects of moniker binding operations.

grfMode grfMode grfMode grfMode

モニカーが識別するオブジェクトを格納しているファイルを開くときに使用するフラグを表します。Represents flags that should be used when opening the file that contains the object identified by the moniker.

適用対象