ComVisibleAttribute クラス

定義

個々のマネージド型またはマネージド メンバーから COM への、またはアセンブリ内のすべての型から COM へのアクセシビリティを制御します。

public ref class ComVisibleAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Delegate | System.AttributeTargets.Enum | System.AttributeTargets.Field | System.AttributeTargets.Interface | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Property | System.AttributeTargets.Struct, Inherited=false)]
public sealed class ComVisibleAttribute : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Delegate | System.AttributeTargets.Enum | System.AttributeTargets.Field | System.AttributeTargets.Interface | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Property | System.AttributeTargets.Struct, Inherited=false)]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public sealed class ComVisibleAttribute : Attribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Delegate | System.AttributeTargets.Enum | System.AttributeTargets.Field | System.AttributeTargets.Interface | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Property | System.AttributeTargets.Struct, Inherited=false)>]
type ComVisibleAttribute = class
    inherit Attribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Delegate | System.AttributeTargets.Enum | System.AttributeTargets.Field | System.AttributeTargets.Interface | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Property | System.AttributeTargets.Struct, Inherited=false)>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type ComVisibleAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class ComVisibleAttribute
Inherits Attribute
継承
ComVisibleAttribute
属性

次の例は、クラスの COM の可視性を制御して、そのメンバーが非表示になるようにする方法を示しています。 を on に設定 ComVisibleAttribute すると false MyClass ( SampleClass Visual Basic の例では)、 false およびでは、 MyMethod MyProperty 継承によって、誤ってメンバーが COM に公開されるのを防ぐことができます。

using namespace System::Runtime::InteropServices;

[ComVisible(false)]
ref class MyClass
{
private:
   int myProperty;

public:
   MyClass()
   {
      
      //Insert code here.
   }


   [ComVisible(false)]
   int MyMethod( String^ param )
   {
      return 0;
   }

   bool MyOtherMethod()
   {
      return true;
   }


   property int MyProperty 
   {

      [ComVisible(false)]
      int get()
      {
         return myProperty;
      }

   }

};
using System.Runtime.InteropServices;

[ComVisible(false)]
class MyClass
{
   public MyClass()
   {
      //Insert code here.
   }

   [ComVisible(false)]
   public int MyMethod(string param)
   {
      return 0;
   }

   public bool MyOtherMethod()
   {
      return true;
   }

   [ComVisible(false)]
   public int MyProperty
   {
      get
      {
         return MyProperty;
      }
   }
}
Imports System.Runtime.InteropServices

<ComVisible(False)> _
Class SampleClass
    
    Public Sub New()
        'Insert code here.
    End Sub
    
    <ComVisible(False)> _
    Public Function MyMethod(param As String) As Integer
        Return 0
    End Function    
    
    Public Function MyOtherMethod() As Boolean
        Return True
    End Function
    
    <ComVisible(False)> _
    Public ReadOnly Property MyProperty() As Integer
        Get
            Return MyProperty
        End Get
    End Property
    
End Class

注釈

この属性は、アセンブリ、インターフェイス、クラス、構造体、デリゲート、列挙体、フィールド、メソッド、またはプロパティに適用できます。

既定値は true で、マネージ型が COM から参照可能であることを示します。 この属性は、パブリックマネージアセンブリと型を参照できるようにするためには必要ありません。既定では、これらの値は COM から参照できます。 public表示できるのは型のみです。 属性を使用して、COM に対して他 internal のまたは型を参照可能にしたり、非 protected 表示型のメンバーを表示したりすることはできません。

アセンブリの属性をに設定すると false 、アセンブリ内のすべての型が非表示に public なります。 個々の型をに設定することによって、アセンブリ内の型を選択的に表示でき true ます。 特定の型の属性をに設定する false と、その型とそのメンバーは非表示になります。 ただし、型が非表示になっている場合、型のメンバーを表示することはできません。 型の属性をに設定すると、 false その型がタイプライブラリにエクスポートされるのを防ぐことができます。クラスは登録されません。インターフェイスはアンマネージ呼び出しに応答しません。 QueryInterface

クラスとそのメンバーをに明示的に設定しない限り false 、継承されたクラスは、元のクラスで非表示になっている COM 基底クラスのメンバーに公開できます。 たとえば、ClassA をに設定し、 false そのメンバーに属性を適用しない場合、クラスとそのメンバーは COM に対して非表示になります。 ただし、Classb から ClassB を派生させ、ClassB を COM にエクスポートすると、Classb メンバーは ClassB の基底クラスのメンバーとして表示されるようになります。

エクスポートプロセスの詳細については、「 アセンブリからタイプライブラリへの変換の概要」を参照してください。

コンストラクター

ComVisibleAttribute(Boolean)

ComVisibleAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。

(継承元 Attribute)
Value

COM 型が参照可能かどうかを示す値を取得します。

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

(継承元 Attribute)

適用対象

こちらもご覧ください