MetaData クラス

定義

XML スキーマを処理できるメソッドを提供します。

public ref class MetaData
public class MetaData
type MetaData = class
Public Class MetaData
継承
MetaData

注釈

MetaDataクラスには、型情報から Web サービス記述言語 (WSDL) を生成し、XML スキーマをコードストリームに変換し、コードストリームをアセンブリにコンパイルするためのメソッドが用意されています。 この機能は、 Soapsuds.exe ツール (Soapsuds.exe)にも含まれています。

コンストラクター

MetaData()

MetaData のインスタンスを作成します。

メソッド

ConvertCodeSourceFileToAssemblyFile(String, String, String)

指定したコードのソース ファイルをランタイム アセンブリ ファイルにコンパイルします。

ConvertCodeSourceStreamToAssemblyFile(ArrayList, String, String)

指定したコードのソース ストリームをランタイム アセンブリ ファイルにコンパイルします。

ConvertSchemaStreamToCodeSourceStream(Boolean, String, Stream, ArrayList)

指定したスキーマ定義を C# プロキシ ソース コードに変換します。

ConvertSchemaStreamToCodeSourceStream(Boolean, String, Stream, ArrayList, String)

指定したスキーマ定義を、指定した URL にあるリモート オブジェクトの C# プロキシ ソース コードに変換します。

ConvertSchemaStreamToCodeSourceStream(Boolean, String, Stream, ArrayList, String, String)

指定したスキーマ定義を、提供されたクラスの名前空間の、指定した URL にあるリモート オブジェクトの C# プロキシ ソース コードに変換します。

ConvertTypesToSchemaToFile(ServiceType[], SdlType, String)

指定したサービス型を XML スキーマに変換し、名前で指定したファイルに書き込みます。

ConvertTypesToSchemaToFile(Type[], SdlType, String)

指定したオブジェクト型を XML スキーマに変換し、名前で指定したファイルに書き込みます。

ConvertTypesToSchemaToStream(ServiceType[], SdlType, Stream)

指定したサービス型を XML スキーマに変換し、指定したストリームに書き込みます。

ConvertTypesToSchemaToStream(Type[], SdlType, Stream)

指定したオブジェクト型を XML スキーマに変換し、指定したストリームに書き込みます。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
RetrieveSchemaFromUrlToFile(String, String)

URL から XML スキーマをダウンロードし、指定したファイルに書き込みます。

RetrieveSchemaFromUrlToStream(String, Stream)

URL から XML スキーマをダウンロードし、指定したストリームに書き込みます。

SaveStreamToFile(Stream, String)

指定した名前のファイルに入力ストリームを保存します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象