DataContractSerializer.IgnoreExtensionDataObject プロパティ

定義

クラスがシリアル化または逆シリアル化されるときに、そのクラスの拡張により提供されるデータを無視するかどうかを指定する値を取得します。Gets a value that specifies whether to ignore data supplied by an extension of the class when the class is being serialized or deserialized.

public:
 property bool IgnoreExtensionDataObject { bool get(); };
public bool IgnoreExtensionDataObject { get; }
member this.IgnoreExtensionDataObject : bool
Public ReadOnly Property IgnoreExtensionDataObject As Boolean

プロパティ値

拡張データを省略する場合は true。それ以外の場合は falsetrue to omit the extension data; otherwise, false.

注釈

IgnoreExtensionDataObject プロパティは、DataContractAttribute が適用されているクラスが、IExtensibleDataObject インターフェイスも実装する場合に使用されます。The IgnoreExtensionDataObject property is used when the class to which a DataContractAttribute has been applied also implements the IExtensibleDataObject interface. この場合、コントラクトの将来のバージョンで追加されたデータは、読み取りおよび書き込み時に無視されます。In this case, the data added in a future version of the contract is ignored on read and write. 詳細については、「上位互換性のあるデータ コントラクト」を参照してください。For more information, see Forward-Compatible Data Contracts.

適用対象

こちらもご覧ください