Formatter.GetNext(Int64) メソッド

定義

フォーマッタの内部の作業キューから、次のシリアル化対象のオブジェクトを返します。Returns the next object to serialize, from the formatter's internal work queue.

protected:
 virtual System::Object ^ GetNext([Runtime::InteropServices::Out] long % objID);
protected virtual object GetNext (out long objID);
abstract member GetNext : int64 -> obj
override this.GetNext : int64 -> obj
Protected Overridable Function GetNext (ByRef objID As Long) As Object

パラメーター

objID
Int64

シリアル化中に現在のオブジェクトに割り当てられた ID。The ID assigned to the current object during serialization.

戻り値

Object

次にシリアル化対象となるオブジェクト。The next object to serialize.

例外

作業キューから取得した次のオブジェクトには、割り当てられた ID がありませんでした。The next object retrieved from the work queue did not have an assigned ID.

注釈

オブジェクトは、に渡された方法に基づいて、先入れ先出しの順序で返され Schedule ます。Objects are returned in a first in first out order based on how they were passed to Schedule. オブジェクトの ID がパラメーターに格納され、 objID オブジェクトが関数から返されます。The ID of the object is put into the objID parameter and the object is returned from the function.

適用対象

こちらもご覧ください