Formatter.Schedule(Object) メソッド

定義

後でシリアル化するために、オブジェクトをスケジュールします。Schedules an object for later serialization.

protected:
 virtual long Schedule(System::Object ^ obj);
protected virtual long Schedule (object obj);
abstract member Schedule : obj -> int64
override this.Schedule : obj -> int64
Protected Overridable Function Schedule (obj As Object) As Long

パラメーター

obj
Object

シリアル化の対象としてスケジュールされるオブジェクト。The object to schedule for serialization.

戻り値

Int64

オブジェクトに割り当てられたオブジェクト ID。The object ID assigned to the object.

注釈

Schedule オブジェクトの ID を取得し、それを後でシリアル化するためにキューに配置します (新しいオブジェクト ID の場合)。Schedule obtains an ID for the object and puts it on the queue for later serialization if this is a new object ID. スケジュールは、シリアル化するオブジェクトの作業キューであり、フォーマッタ内に保持されます。The schedule is a work queue of objects to serialize, and is held inside the formatter. オブジェクトが既にワークキューにある場合、そのオブジェクトは2回追加されませんが、例外はスローされません。If the object is already on the work queue, it will not be added a second time, but an exception will not be thrown either.

適用対象

こちらもご覧ください