XmlSerializableServices クラス

定義

XML の読み取りと書き込みを行うメソッドを含みます。

public ref class XmlSerializableServices abstract sealed
public static class XmlSerializableServices
type XmlSerializableServices = class
Public Class XmlSerializableServices
継承
XmlSerializableServices

注釈

Windows Communication Foundation (WCF) を使用すると、XML スキーマからデータコントラクトを表す CLR 型を生成できます。 これを行ったときに、スキーマの一部がデータ コントラクトとして表されない場合があります。 この場合は、ImportXmlType クラスの ImportOptions プロパティを使用できます。 このプロパティを true に設定すると、これらの型が IXmlSerializable インターフェイスを実装する XML 型としてインポートされます。 この処理では、生成された型に任意のデータを格納できますが、それらはシリアライザーによって XML として読み書きされます。

XmlSerializableServices は抽象ヘルパー クラスであり、生成された IXmlSerializable 型が XML を読み書きするために使用するコードを含みます。 また、生成された型のスキーマを生成するためのコードも含みます。 スキーマの詳細は格納されないことに注意してください。 生成された型には、名前だけが格納されます。 このクラスは、XML スキーマの型 anyType を表し、コントラクト名として適切なスキーマの型名を持つ既定のスキーマを生成します。

メソッド

AddDefaultSchema(XmlSchemaSet, XmlQualifiedName)

指定した型名を使用して既定のスキーマの型を生成し、それを指定したスキーマ セットに追加します。

ReadNodes(XmlReader)

指定したリーダーから XML ノードのセットを読み取り、結果を返します。

WriteNodes(XmlWriter, XmlNode[])

指定したライターを使用して、指定したノードを書き込みます。

適用対象