ObjectSecurity.Persist メソッド

定義

ObjectSecurity オブジェクトのセキュリティ記述子の情報を永続ストレージに保存するプロテクト メソッド。Protected methods that save the security descriptor information in this ObjectSecurity object to permanent storage.

オーバーロード

Persist(SafeHandle, AccessControlSections)

この ObjectSecurity オブジェクトに関連付けられたセキュリティ記述子の指定されたセクションを、永続ストレージに保存します。Saves the specified sections of the security descriptor associated with this ObjectSecurity object to permanent storage. コンストラクターと persist メソッドに渡される includeSections パラメーターの値を同一にすることをお勧めします。We recommend that the values of the includeSections parameters passed to the constructor and persist methods be identical.

Persist(String, AccessControlSections)

この ObjectSecurity オブジェクトに関連付けられたセキュリティ記述子の指定されたセクションを、永続ストレージに保存します。Saves the specified sections of the security descriptor associated with this ObjectSecurity object to permanent storage. コンストラクターと persist メソッドに渡される includeSections パラメーターの値を同一にすることをお勧めします。We recommend that the values of the includeSections parameters passed to the constructor and persist methods be identical.

Persist(Boolean, String, AccessControlSections)

この ObjectSecurity オブジェクトに関連付けられたセキュリティ記述子の指定されたセクションを、永続ストレージに保存します。Saves the specified sections of the security descriptor associated with this ObjectSecurity object to permanent storage. コンストラクターと persist メソッドに渡される includeSections パラメーターの値を同一にすることをお勧めします。We recommend that the values of the includeSections parameters passed to the constructor and persist methods be identical.

Persist(SafeHandle, AccessControlSections)

この ObjectSecurity オブジェクトに関連付けられたセキュリティ記述子の指定されたセクションを、永続ストレージに保存します。Saves the specified sections of the security descriptor associated with this ObjectSecurity object to permanent storage. コンストラクターと persist メソッドに渡される includeSections パラメーターの値を同一にすることをお勧めします。We recommend that the values of the includeSections parameters passed to the constructor and persist methods be identical.

protected:
 virtual void Persist(System::Runtime::InteropServices::SafeHandle ^ handle, System::Security::AccessControl::AccessControlSections includeSections);
protected virtual void Persist (System.Runtime.InteropServices.SafeHandle handle, System.Security.AccessControl.AccessControlSections includeSections);
abstract member Persist : System.Runtime.InteropServices.SafeHandle * System.Security.AccessControl.AccessControlSections -> unit
override this.Persist : System.Runtime.InteropServices.SafeHandle * System.Security.AccessControl.AccessControlSections -> unit
Protected Overridable Sub Persist (handle As SafeHandle, includeSections As AccessControlSections)

パラメーター

handle
SafeHandle

永続化された情報を取得するために使用するハンドル。The handle used to retrieve the persisted information.

includeSections
AccessControlSections

保存するセキュリティ保護可能なオブジェクトのセキュリティ記述子のセクション (アクセス規則、監査規則、所有者、プライマリ グループ) を指定する AccessControlSections 列挙値の 1 つ。One of the AccessControlSections enumeration values that specifies the sections of the security descriptor (access rules, audit rules, owner, primary group) of the securable object to save.

注釈

オブジェクトObjectSecurityを永続化するときに、 PersistメソッドにincludeSections渡されたパラメーターの値includeSectionsが、そのObjectSecurityオブジェクトの作成に使用されたコンストラクターに渡されたパラメーターの値と一致しない場合は、セクション永続化ObjectSecurityされたオブジェクトには、予測できない値を含めることができます。When persisting a ObjectSecurity object, if the value of the includeSections parameter passed to the Persist method is not identical to the value of the includeSections parameter passed to the constructor used to create that ObjectSecurity object, sections of the persisted ObjectSecurity object can contain unpredictable values. includeSectionsたとえば、のAccess値を指定してコンストラクターが呼び出された後Persist 、そのオブジェクトに対してのincludeSections All値を使用してメソッドが呼び出されObjectSecurityた場合、保存されるオブジェクトには次の値が含まれます。監査規則、グループ、および所有者の予測できない値。For example, if a constructor is called with an includeSections value of Access, and later a Persist method is called on that object with an includeSections value of All, the resulting persisted ObjectSecurity object will contain unpredictable values for its audit rules, group, and owner.

Persist(String, AccessControlSections)

この ObjectSecurity オブジェクトに関連付けられたセキュリティ記述子の指定されたセクションを、永続ストレージに保存します。Saves the specified sections of the security descriptor associated with this ObjectSecurity object to permanent storage. コンストラクターと persist メソッドに渡される includeSections パラメーターの値を同一にすることをお勧めします。We recommend that the values of the includeSections parameters passed to the constructor and persist methods be identical.

protected:
 virtual void Persist(System::String ^ name, System::Security::AccessControl::AccessControlSections includeSections);
protected virtual void Persist (string name, System.Security.AccessControl.AccessControlSections includeSections);
abstract member Persist : string * System.Security.AccessControl.AccessControlSections -> unit
override this.Persist : string * System.Security.AccessControl.AccessControlSections -> unit
Protected Overridable Sub Persist (name As String, includeSections As AccessControlSections)

パラメーター

name
String

永続化された情報を取得するために使用する名前。The name used to retrieve the persisted information.

includeSections
AccessControlSections

保存するセキュリティ保護可能なオブジェクトのセキュリティ記述子のセクション (アクセス規則、監査規則、所有者、プライマリ グループ) を指定する AccessControlSections 列挙値の 1 つ。One of the AccessControlSections enumeration values that specifies the sections of the security descriptor (access rules, audit rules, owner, primary group) of the securable object to save.

注釈

オブジェクトObjectSecurityを永続化するときに、 PersistメソッドにincludeSections渡されたパラメーターの値includeSectionsが、そのObjectSecurityオブジェクトの作成に使用されたコンストラクターに渡されたパラメーターの値と一致しない場合は、セクション永続化ObjectSecurityされたオブジェクトには、予測できない値を含めることができます。When persisting a ObjectSecurity object, if the value of the includeSections parameter passed to the Persist method is not identical to the value of the includeSections parameter passed to the constructor used to create that ObjectSecurity object, sections of the persisted ObjectSecurity object can contain unpredictable values. includeSectionsたとえば、のAccess値を指定してコンストラクターが呼び出された後Persist 、そのオブジェクトに対してのincludeSections All値を使用してメソッドが呼び出されObjectSecurityた場合、保存されるオブジェクトには次の値が含まれます。監査規則、グループ、および所有者の予測できない値。For example, if a constructor is called with an includeSections value of Access, and later a Persist method is called on that object with an includeSections value of All, the resulting persisted ObjectSecurity object will contain unpredictable values for its audit rules, group, and owner.

Persist(Boolean, String, AccessControlSections)

この ObjectSecurity オブジェクトに関連付けられたセキュリティ記述子の指定されたセクションを、永続ストレージに保存します。Saves the specified sections of the security descriptor associated with this ObjectSecurity object to permanent storage. コンストラクターと persist メソッドに渡される includeSections パラメーターの値を同一にすることをお勧めします。We recommend that the values of the includeSections parameters passed to the constructor and persist methods be identical.

protected:
 virtual void Persist(bool enableOwnershipPrivilege, System::String ^ name, System::Security::AccessControl::AccessControlSections includeSections);
[System.Runtime.ExceptionServices.HandleProcessCorruptedStateExceptions]
protected virtual void Persist (bool enableOwnershipPrivilege, string name, System.Security.AccessControl.AccessControlSections includeSections);
abstract member Persist : bool * string * System.Security.AccessControl.AccessControlSections -> unit
override this.Persist : bool * string * System.Security.AccessControl.AccessControlSections -> unit
Protected Overridable Sub Persist (enableOwnershipPrivilege As Boolean, name As String, includeSections As AccessControlSections)

パラメーター

enableOwnershipPrivilege
Boolean

呼び出し元がオブジェクトの所有権を取得することを可能にする権限を有効にする場合は truetrue to enable the privilege that allows the caller to take ownership of the object.

name
String

永続化された情報を取得するために使用する名前。The name used to retrieve the persisted information.

includeSections
AccessControlSections

保存するセキュリティ保護可能なオブジェクトのセキュリティ記述子のセクション (アクセス規則、監査規則、所有者、プライマリ グループ) を指定する AccessControlSections 列挙値の 1 つ。One of the AccessControlSections enumeration values that specifies the sections of the security descriptor (access rules, audit rules, owner, primary group) of the securable object to save.

属性

注釈

オブジェクトObjectSecurityを永続化するときに、 PersistメソッドにincludeSections渡されたパラメーターの値includeSectionsが、そのObjectSecurityオブジェクトの作成に使用されたコンストラクターに渡されたパラメーターの値と一致しない場合は、セクション永続化ObjectSecurityされたオブジェクトには、予測できない値を含めることができます。When persisting a ObjectSecurity object, if the value of the includeSections parameter passed to the Persist method is not identical to the value of the includeSections parameter passed to the constructor used to create that ObjectSecurity object, sections of the persisted ObjectSecurity object can contain unpredictable values. includeSectionsたとえば、のAccess値を指定してコンストラクターが呼び出された後Persist 、そのオブジェクトに対してのincludeSections All値を使用してメソッドが呼び出されObjectSecurityた場合、保存されるオブジェクトには次の値が含まれます。監査規則、グループ、および所有者の予測できない値。For example, if a constructor is called with an includeSections value of Access, and later a Persist method is called on that object with an includeSections value of All, the resulting persisted ObjectSecurity object will contain unpredictable values for its audit rules, group, and owner.

適用対象