ExtendedProtectionPolicy クラス

定義

ExtendedProtectionPolicy クラスは、受信クライアント接続を検証するためにサーバーによって使用される拡張保護ポリシーを表します。

public ref class ExtendedProtectionPolicy : System::Runtime::Serialization::ISerializable
public ref class ExtendedProtectionPolicy
public class ExtendedProtectionPolicy : System.Runtime.Serialization.ISerializable
public class ExtendedProtectionPolicy
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Security.Authentication.ExtendedProtection.ExtendedProtectionPolicyTypeConverter))]
[System.Serializable]
public class ExtendedProtectionPolicy : System.Runtime.Serialization.ISerializable
type ExtendedProtectionPolicy = class
    interface ISerializable
type ExtendedProtectionPolicy = class
[<System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Security.Authentication.ExtendedProtection.ExtendedProtectionPolicyTypeConverter))>]
[<System.Serializable>]
type ExtendedProtectionPolicy = class
    interface ISerializable
Public Class ExtendedProtectionPolicy
Implements ISerializable
Public Class ExtendedProtectionPolicy
継承
ExtendedProtectionPolicy
属性
実装

注釈

クラスを公開するクラスでは、null ポリシーの設定を許可しないか、既定のポリシーを指定するか、アプリケーション開発者または管理者が明示的なポリシーを作成して設定する必要があります ExtendedProtectionPolicy

コンストラクター

ExtendedProtectionPolicy(PolicyEnforcement)

拡張保護ポリシーを適用するタイミングを指定する ExtendedProtectionPolicy クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ExtendedProtectionPolicy(PolicyEnforcement, ChannelBinding)

拡張保護ポリシーを適用するタイミング、および使用するチャネル バインディング トークン (CBT: Channel Binding Token) を指定する ExtendedProtectionPolicy クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ExtendedProtectionPolicy(PolicyEnforcement, ProtectionScenario, ICollection)

拡張保護ポリシーを適用するタイミング、ポリシーによって適用される保護の種類、およびクライアントのサービス プロバイダー名 (SPN) との照合に使用されるカスタム SPN 一覧を指定する ExtendedProtectionPolicy クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ExtendedProtectionPolicy(PolicyEnforcement, ProtectionScenario, ServiceNameCollection)

拡張保護ポリシーを適用するタイミング、ポリシーによって適用される保護の種類、およびクライアントのサービス プロバイダー名 (SPN) との照合に使用されるカスタム SPN 一覧を指定する ExtendedProtectionPolicy クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ExtendedProtectionPolicy(SerializationInfo, StreamingContext)

ExtendedProtectionPolicy を設定するために必要なデータを格納している SerializationInfo オブジェクトから、ExtendedProtectionPolicy クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

CustomChannelBinding

検証に使用するカスタム チャネル バインディング トークン (CBT) を取得します。

CustomServiceNames

クライアントの サービス プロバイダー名 (SPN) との照合に使用されるカスタム SPN リストを取得します。

OSSupportsExtendedProtection

オペレーティング システムが拡張保護を使用した統合 Windows 認証をサポートしているかどうかを示します。

PolicyEnforcement

拡張保護ポリシーを適用するタイミングを取得します。

ProtectionScenario

拡張保護ポリシーによって適用される保護の種類を取得します。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

拡張保護ポリシー インスタンスの文字列形式を取得します。

明示的なインターフェイスの実装

ISerializable.GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

SerializationInfo オブジェクトをシリアル化するために必要なデータで ExtendedProtectionPolicy オブジェクトを設定します。

適用対象

こちらもご覧ください