DSACryptoServiceProvider クラス

定義

DSA アルゴリズムの暗号サービス プロバイダー (CSP: Cryptographic Service Provider) 実装にアクセスするためのラッパー オブジェクトを定義します。 このクラスは継承できません。

public ref class DSACryptoServiceProvider sealed : System::Security::Cryptography::DSA, System::Security::Cryptography::ICspAsymmetricAlgorithm
public ref class DSACryptoServiceProvider sealed : System::Security::Cryptography::DSA
public sealed class DSACryptoServiceProvider : System.Security.Cryptography.DSA, System.Security.Cryptography.ICspAsymmetricAlgorithm
public sealed class DSACryptoServiceProvider : System.Security.Cryptography.DSA
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public sealed class DSACryptoServiceProvider : System.Security.Cryptography.DSA, System.Security.Cryptography.ICspAsymmetricAlgorithm
type DSACryptoServiceProvider = class
    inherit DSA
    interface ICspAsymmetricAlgorithm
type DSACryptoServiceProvider = class
    inherit DSA
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type DSACryptoServiceProvider = class
    inherit DSA
    interface ICspAsymmetricAlgorithm
Public NotInheritable Class DSACryptoServiceProvider
Inherits DSA
Implements ICspAsymmetricAlgorithm
Public NotInheritable Class DSACryptoServiceProvider
Inherits DSA
継承
DSACryptoServiceProvider
属性
実装

注釈

クラスを使用 DSACryptoServiceProvider してデジタル署名を作成し、データの整合性を保護できます。

公開キー システムを使用してメッセージにデジタル署名するには、送信者が最初にメッセージにハッシュ関数を適用してメッセージ ダイジェストを作成します。 次に、送信者は送信者のプライベート キーを使用してメッセージ ダイジェストを暗号化して、送信者の個人署名を作成します。 メッセージと署名を受信すると、受信者は送信者の公開キーを使用して署名を復号化し、メッセージ ダイジェストを回復し、送信者が使用したのと同じハッシュ アルゴリズムを使用してメッセージをハッシュします。 受信側が計算するメッセージ ダイジェストが送信側から受信したメッセージ ダイジェストと完全に一致する場合、受信側は転送中にメッセージが変更されていないと確認できます。 送信者の公開キーは一般的な知識なので、署名はだれでも検証できます。

注意

DSA アルゴリズムの作成者は、そのサポートを取り下げられました。 クラスの代 RSACryptoServiceProvider わりに クラスを使用してください DSACryptoServiceProvider 。 レ DSACryptoServiceProvider ガシ アプリケーションとデータとの互換性を保つ場合にのみ使用します。

このアルゴリズムは、512 ビットから 1024 ビットのキー長を 64 ビットずつサポートします。

コンストラクター

DSACryptoServiceProvider()

DSACryptoServiceProvider クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DSACryptoServiceProvider(CspParameters)

暗号サービス プロバイダー (CSP) のパラメーターを指定して、DSACryptoServiceProvider クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DSACryptoServiceProvider(Int32)

指定されたキー サイズを使用して、DSACryptoServiceProvider クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DSACryptoServiceProvider(Int32, CspParameters)

キー サイズおよび暗号サービス プロバイダー (CSP) のパラメーターを指定して、DSACryptoServiceProvider クラスの新しいインスタンスを初期化します。

フィールド

KeySizeValue

非対称アルゴリズムで使用されるキー モジュラスのサイズをビット単位で表します。

(継承元 AsymmetricAlgorithm)
LegalKeySizesValue

非対称アルゴリズムでサポートされているキー サイズを指定します。

(継承元 AsymmetricAlgorithm)

プロパティ

CspKeyContainerInfo

暗号化キーの組に関する追加情報を説明する CspKeyContainerInfo オブジェクトを取得します。

KeyExchangeAlgorithm

キー交換アルゴリズムの名前を取得します。

KeySize

非対称アルゴリズムで使用されるキーのサイズをビット単位で取得します。

LegalKeySizes

非対称アルゴリズムでサポートされているキー サイズを取得します。

LegalKeySizes

非対称アルゴリズムでサポートされているキー サイズを取得します。

(継承元 AsymmetricAlgorithm)
PersistKeyInCsp

暗号化サービス プロバイダー (CSP) にキーを保存するかどうかを示す値を取得または設定します。

PublicOnly

DSACryptoServiceProvider オブジェクトに公開キーだけが含まれているかどうかを示す値を取得します。

SignatureAlgorithm

署名アルゴリズムの名前を取得します。

UseMachineKeyStore

キーをユーザー プロファイル ストアではなくコンピューターのキー ストア内で永続化するかどうかを示す値を取得または設定します。

メソッド

Clear()

AsymmetricAlgorithm クラスによって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 AsymmetricAlgorithm)
CreateSignature(Byte[])

指定したデータに対する DSA 署名を作成します。

CreateSignature(Byte[], DSASignatureFormat)

指定した形式で、指定したハッシュ値の DSA 署名を作成します。

(継承元 DSA)
CreateSignatureCore(ReadOnlySpan<Byte>, DSASignatureFormat)

指定した形式で、指定したハッシュ値の DSA 署名を作成します。

(継承元 DSA)
Dispose()

AsymmetricAlgorithm クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 AsymmetricAlgorithm)
Dispose(Boolean)

AsymmetricAlgorithm クラスによって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

(継承元 AsymmetricAlgorithm)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
ExportCspBlob(Boolean)

DSACryptoServiceProvider オブジェクトに関連付けられたキー情報を含む BLOB をエクスポートします。

ExportEncryptedPkcs8PrivateKey(ReadOnlySpan<Byte>, PbeParameters)

現在のキーを PKCS# 8 EncryptedPrivateKeyInfo 形式で、バイトベースのパスワードを使用してエクスポートします。

(継承元 AsymmetricAlgorithm)
ExportEncryptedPkcs8PrivateKey(ReadOnlySpan<Char>, PbeParameters)

現在のキーを PKCS# 8 EncryptedPrivateKeyInfo 形式で、char ベースのパスワードを使用してエクスポートします。

(継承元 AsymmetricAlgorithm)
ExportParameters(Boolean)

DSAParameters をエクスポートします。

ExportPkcs8PrivateKey()

現在のキーを PKCS# 8 PrivateKeyInfo 形式でエクスポートします。

(継承元 AsymmetricAlgorithm)
ExportSubjectPublicKeyInfo()

現在のキーの公開キーの部分を、X.509 SubjectPublicKeyInfo 形式でエクスポートします。

(継承元 AsymmetricAlgorithm)
Finalize()

このインスタンスと関連付けられたすべてのリソースを解放します。

FromXmlString(String)

XML 文字列から DSA オブジェクトを再構築します。

(継承元 DSA)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetMaxSignatureSize(DSASignatureFormat)

このキーによって生成された署名の最大サイズ (バイト単位) を指定した形式で取得します。

(継承元 DSA)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
HashData(Byte[], Int32, Int32, HashAlgorithmName)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したハッシュ アルゴリズムを使用して、指定したバイト配列部分のハッシュ値が計算されます。

(継承元 DSA)
HashData(Stream, HashAlgorithmName)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したハッシュ アルゴリズムを使用して、指定したバイナリ ストリームのハッシュ値が計算されます。

(継承元 DSA)
ImportCspBlob(Byte[])

DSA キー情報を表す BLOB をインポートします。

ImportEncryptedPkcs8PrivateKey(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, Int32)

バイトベースのパスワードを使用して暗号化解除した後に、PKCS#8 EncryptedPrivateKeyInfo 構造体から公開/秘密キー ペアをインポートし、このオブジェクトのキーを置き換えます。

(継承元 DSA)
ImportEncryptedPkcs8PrivateKey(ReadOnlySpan<Char>, ReadOnlySpan<Byte>, Int32)

char ベースのパスワードを使用して暗号化解除した後に、PKCS#8 EncryptedPrivateKeyInfo 構造体から公開/秘密キー ペアをインポートし、このオブジェクトのキーを置き換えます。

(継承元 DSA)
ImportFromEncryptedPem(ReadOnlySpan<Char>, ReadOnlySpan<Byte>)

暗号化された RFC 7468 PEM でエンコードされた秘密キーをインポートして、このオブジェクトのキーを置き換えます。

(継承元 DSA)
ImportFromEncryptedPem(ReadOnlySpan<Char>, ReadOnlySpan<Char>)

暗号化された RFC 7468 PEM でエンコードされた秘密キーをインポートして、このオブジェクトのキーを置き換えます。

(継承元 DSA)
ImportFromPem(ReadOnlySpan<Char>)

RFC 7468 PEM でエンコードされたキーをインポートして、このオブジェクトのキーを置き換えます。

(継承元 DSA)
ImportParameters(DSAParameters)

指定された DSAParameters をインポートします。

ImportPkcs8PrivateKey(ReadOnlySpan<Byte>, Int32)

暗号化解除した後に、PKCS#8 PrivateKeyInfo 構造体から公開/秘密キー ペアをインポートし、このオブジェクトのキーを置き換えます。

(継承元 DSA)
ImportSubjectPublicKeyInfo(ReadOnlySpan<Byte>, Int32)

暗号化解除した後に、X.509 SubjectPublicKeyInfo 構造体から公開キーをインポートし、このオブジェクトのキーを置き換えます。

(継承元 DSA)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
SignData(Byte[])

指定したバイト配列のハッシュ値を計算し、算出されたハッシュ値に署名します。

SignData(Byte[], HashAlgorithmName)

指定したハッシュ アルゴリズムを使用して、指定したバイト配列のハッシュ値を計算し、結果のハッシュ値に署名します。

(継承元 DSA)
SignData(Byte[], HashAlgorithmName, DSASignatureFormat)

指定したデータのハッシュ値を計算し、指定した署名形式を使用して署名します。

(継承元 DSA)
SignData(Byte[], Int32, Int32)

指定した開始点から指定した終了点までのバイト配列に署名します。

SignData(Byte[], Int32, Int32, HashAlgorithmName)

指定したハッシュ アルゴリズムを使用して、指定したバイト配列の一部分のハッシュ値を計算し、結果のハッシュ値に署名します。

(継承元 DSA)
SignData(Byte[], Int32, Int32, HashAlgorithmName, DSASignatureFormat)

指定したデータのハッシュ値を計算し、指定した署名形式を使用して署名します。

(継承元 DSA)
SignData(Stream)

指定した入力ストリームのハッシュ値を計算し、結果のハッシュ値に署名します。

SignData(Stream, HashAlgorithmName)

指定したハッシュ アルゴリズムを使用して、指定したストリームのハッシュ値を計算し、結果のハッシュ値に署名します。

(継承元 DSA)
SignData(Stream, HashAlgorithmName, DSASignatureFormat)

指定したデータのハッシュ値を計算し、指定した署名形式を使用して署名します。

(継承元 DSA)
SignDataCore(ReadOnlySpan<Byte>, HashAlgorithmName, DSASignatureFormat)

指定したデータのハッシュ値を計算し、指定した署名形式を使用して署名します。

(継承元 DSA)
SignDataCore(Stream, HashAlgorithmName, DSASignatureFormat)

指定したデータのハッシュ値を計算し、指定した署名形式を使用して署名します。

(継承元 DSA)
SignHash(Byte[], String)

秘密キーで暗号化して、指定したハッシュ値の署名を計算します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
ToXmlString(Boolean)

現在の DSA オブジェクトの XML 文字列形式を作成して返します。

(継承元 DSA)
TryCreateSignature(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, DSASignatureFormat, Int32)

指定したハッシュ値の DSA 署名を指定した形式で作成し、指定したバッファーへの配置を試みます。

(継承元 DSA)
TryCreateSignature(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, Int32)

指定されたハッシュの DSA 署名を、指定されたバッファーに作成しようとします。

(継承元 DSA)
TryCreateSignatureCore(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, DSASignatureFormat, Int32)

指定したハッシュ値の DSA 署名を指定した形式で作成し、指定したバッファーへの配置を試みます。

(継承元 DSA)
TryExportEncryptedPkcs8PrivateKey(ReadOnlySpan<Byte>, PbeParameters, Span<Byte>, Int32)

バイトベースのパスワードを使用して、現在のキーを PKCS#8 EncryptedPrivateKeyInfo 形式で指定のバッファーにエクスポートすることを試みます。

(継承元 DSA)
TryExportEncryptedPkcs8PrivateKey(ReadOnlySpan<Char>, PbeParameters, Span<Byte>, Int32)

char ベースのパスワードを使用して、PKCS#8 EncryptedPrivateKeyInfo 形式の現在のキーを、指定されたバッファーにエクスポートすることを試みます。

(継承元 DSA)
TryExportPkcs8PrivateKey(Span<Byte>, Int32)

PKCS#8 PrivateKeyInfo 形式の現在のキーを、指定のバッファーにエクスポートすることを試みます。

(継承元 DSA)
TryExportSubjectPublicKeyInfo(Span<Byte>, Int32)

現在のキーを X.509 SubjectPublicKeyInfo 形式で指定のバッファーにエクスポートすることを試みます。

(継承元 DSA)
TryHashData(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, HashAlgorithmName, Int32)

指定されたバッファーに指定されたデータのハッシュ値を計算しようとします。

(継承元 DSA)
TrySignData(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, HashAlgorithmName, DSASignatureFormat, Int32)

指定したデータの DSA 署名を指定した形式で作成し、指定したバッファーへの配置を試みます。

(継承元 DSA)
TrySignData(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, HashAlgorithmName, Int32)

指定されたデータの DSA 署名を、指定されたバッファーに作成しようとします。

(継承元 DSA)
TrySignDataCore(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, HashAlgorithmName, DSASignatureFormat, Int32)

指定したデータの DSA 署名を指定した形式で作成し、指定したバッファーへの配置を試みます。

(継承元 DSA)
VerifyData(Byte[], Byte[])

指定した署名データを、指定したデータに対して計算された署名と比較することによって検証します。

VerifyData(Byte[], Byte[], HashAlgorithmName)

指定したハッシュ アルゴリズムを使用して、指定したデータのハッシュ値を計算し、これを指定した署名と比較することによって、デジタル署名が有効であることを確認します。

(継承元 DSA)
VerifyData(Byte[], Byte[], HashAlgorithmName, DSASignatureFormat)

指定したデータに対してデジタル署名が有効であることを検証します。

(継承元 DSA)
VerifyData(Byte[], Int32, Int32, Byte[], HashAlgorithmName)

指定したハッシュ アルゴリズムを使用して、バイト配列の部分のデータのハッシュ値を計算し、これを指定した署名と比較することによって、デジタル署名が有効であることを確認します。

(継承元 DSA)
VerifyData(Byte[], Int32, Int32, Byte[], HashAlgorithmName, DSASignatureFormat)

指定したデータに対してデジタル署名が有効であることを検証します。

(継承元 DSA)
VerifyData(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, HashAlgorithmName)

指定されたハッシュ アルゴリズムを使用して、バイト スパン内のデータのハッシュ値を計算し、これを指定された署名と比較することによって、デジタル署名が有効であることを確認します。

(継承元 DSA)
VerifyData(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, HashAlgorithmName, DSASignatureFormat)

指定したデータに対してデジタル署名が有効であることを検証します。

(継承元 DSA)
VerifyData(Stream, Byte[], HashAlgorithmName)

指定したハッシュ アルゴリズムを使用して、指定したストリームのハッシュ値を計算し、これを指定した署名と比較することによって、デジタル署名が有効であることを確認します。

(継承元 DSA)
VerifyData(Stream, Byte[], HashAlgorithmName, DSASignatureFormat)

指定したデータに対してデジタル署名が有効であることを検証します。

(継承元 DSA)
VerifyDataCore(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, HashAlgorithmName, DSASignatureFormat)

指定したデータに対してデジタル署名が有効であることを検証します。

(継承元 DSA)
VerifyDataCore(Stream, ReadOnlySpan<Byte>, HashAlgorithmName, DSASignatureFormat)

指定したデータに対してデジタル署名が有効であることを検証します。

(継承元 DSA)
VerifyHash(Byte[], String, Byte[])

指定した署名データを、指定したハッシュ値に対して計算された署名と比較することによって検証します。

VerifySignature(Byte[], Byte[])

指定したデータに対する DSA 署名を検証します。

VerifySignature(Byte[], Byte[], DSASignatureFormat)

指定したハッシュに対してデジタル署名が有効であることを検証します。

(継承元 DSA)
VerifySignature(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>)

指定されたデータ ハッシュに対してデジタル署名が有効であることを検証します。

(継承元 DSA)
VerifySignature(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, DSASignatureFormat)

指定したハッシュに対してデジタル署名が有効であることを検証します。

(継承元 DSA)
VerifySignatureCore(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>, DSASignatureFormat)

指定したハッシュに対してデジタル署名が有効であることを検証します。

(継承元 DSA)

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

このメンバーの詳細については、「Dispose()」をご覧ください。

(継承元 AsymmetricAlgorithm)

適用対象

こちらもご覧ください