ECDiffieHellmanKeyDerivationFunction ECDiffieHellmanKeyDerivationFunction ECDiffieHellmanKeyDerivationFunction ECDiffieHellmanKeyDerivationFunction Enum

定義

ECDiffieHellmanCng クラスが秘密協定をキー マテリアルに変換する際に使用するキー派生関数を指定します。Specifies the key derivation function that the ECDiffieHellmanCng class will use to convert secret agreements into key material.

public enum class ECDiffieHellmanKeyDerivationFunction
public enum ECDiffieHellmanKeyDerivationFunction
type ECDiffieHellmanKeyDerivationFunction = 
Public Enum ECDiffieHellmanKeyDerivationFunction
継承
ECDiffieHellmanKeyDerivationFunctionECDiffieHellmanKeyDerivationFunctionECDiffieHellmanKeyDerivationFunctionECDiffieHellmanKeyDerivationFunction

フィールド

Hash Hash Hash Hash 0

キー マテリアルの生成にハッシュ アルゴリズムが使用されます。A hash algorithm is used to generate key material. HashAlgorithm プロパティは、使用するアルゴリズムの名前を指定します。The HashAlgorithm property specifies the name of the algorithm to use. アルゴリズム名を指定しない場合は、SHA256 が既定のアルゴリズムとして使用されます。If the algorithm name is not specified, SHA256 is used as the default algorithm. SecretPrepend および SecretAppend プロパティを指定することもできますが、必須ではありません。You can also specify the SecretPrepend and SecretAppend properties, but they are not required. 生成されるキー マテリアルの量は、指定したアルゴリズムのハッシュ値のサイズと同じです。The amount of key material that is generated is equivalent to the size of the hash value for the specified algorithm.

Hmac Hmac Hmac Hmac 1

キー マテリアルの生成に、ハッシュ メッセージ認証コード (HMAC: Hash-based Message Authentication Code) アルゴリズムが使用されます。A Hash-based Message Authentication Code (HMAC) algorithm is used to generate key material. HmacKey プロパティは、使用するキーを指定します。The HmacKey property specifies the key to use. このプロパティを設定するか、または UseSecretAgreementAsHmacKey プロパティを true に設定する必要があります。それ以外の値が設定されていると、CryptographicException を使用したときに Hmac がスローされます。Either this property must be set or the UseSecretAgreementAsHmacKey property must be set to true; otherwise, a CryptographicException is thrown when you use Hmac. 両方のプロパティを設定すると、秘密協定が HMAC キーとして使用されます。If both properties are set, the secret agreement is used as the HMAC key. SecretPrepend および SecretAppend プロパティを指定することもできますが、必須ではありません。You can also specify the SecretPrepend and SecretAppend properties, but they are not required. 生成されるキー マテリアルの量は、HMAC 値のサイズと同じです。The amount of key material that is generated is equivalent to the size of the HMAC value.

Tls Tls Tls Tls 2

キー マテリアルの生成に、トランスポート層セキュリティ (TLS: Transport Layer Security) プロトコルが使用されます。The Transport Layer Security (TLS) protocol is used to generate key material. Seed プロパティと Label プロパティを設定する必要があります。それ以外の値が設定されていると、CryptographicException を使用したときに Tls がスローされます。The Seed and Label properties must be set; otherwise, a CryptographicException is thrown when you use Tls. この値では、160 ビットのキー マテリアルが生成されます。This value generates 160 bits of key material.

注釈

列挙ECDiffieHellmanKeyDerivationFunction体は、未加工の秘密協定をキーマテリアルに変換するために使用されるアルゴリズムの種類を定義します。The ECDiffieHellmanKeyDerivationFunction enumeration defines the type of algorithm that will be used to transform a raw secret agreement into key material. 秘密協定は、秘密キーとその他のパーティの公開キーから、キー交換の一部として生成される値です。The secret agreement is the value that is generated from a private key and the other party's public key, as part of the key exchange. これは、 ECDiffieHellmanCng.DeriveKeyMaterialメソッドによって生成されるキーマテリアルのシード値です。It is the seed value for the key material that is generated by the ECDiffieHellmanCng.DeriveKeyMaterial method.

プロパティECDiffieHellmanCng.KeyDerivationFunctionは、この列挙体を使用して、 ECDiffieHellmanCngクラスのキー派生関数を取得します。The ECDiffieHellmanCng.KeyDerivationFunction property uses this enumeration to get the key derivation function for the ECDiffieHellmanCng class.

適用対象