KeyedHashAlgorithm クラス

定義

キー付きハッシュ アルゴリズムのすべての実装の派生元となる抽象クラスを表します。

public ref class KeyedHashAlgorithm abstract : System::Security::Cryptography::HashAlgorithm
public abstract class KeyedHashAlgorithm : System.Security.Cryptography.HashAlgorithm
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public abstract class KeyedHashAlgorithm : System.Security.Cryptography.HashAlgorithm
type KeyedHashAlgorithm = class
    inherit HashAlgorithm
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type KeyedHashAlgorithm = class
    inherit HashAlgorithm
Public MustInherit Class KeyedHashAlgorithm
Inherits HashAlgorithm
継承
KeyedHashAlgorithm
派生
属性

クラスから派生する方法を次のコード例に示し KeyedHashAlgorithm ます。

using System;
using System.Security.Cryptography;

public class TestHMACMD5
{
    static private void PrintByteArray(Byte[] arr)
    {
        int i;
        Console.WriteLine("Length: " + arr.Length);
        for (i = 0; i < arr.Length; i++)
        {
            Console.Write("{0:X}", arr[i]);
            Console.Write("    ");
            if ((i + 9) % 8 == 0) Console.WriteLine();
        }
        if (i % 8 != 0) Console.WriteLine();
    }
    public static void Main()
    {
        // Create a key.
        byte[] key1 = { 0x0b, 0x0b, 0x0b, 0x0b, 0x0b, 0x0b, 0x0b, 0x0b, 0x0b, 0x0b, 0x0b, 0x0b, 0x0b, 0x0b, 0x0b, 0x0b };
        // Pass the key to the constructor of the HMACMD5 class.
        HMACMD5 hmac1 = new HMACMD5(key1);

        // Create another key.
        byte[] key2 = System.Text.Encoding.ASCII.GetBytes("KeyString");
        // Pass the key to the constructor of the HMACMD5 class.
        HMACMD5 hmac2 = new HMACMD5(key2);

        // Encode a string into a byte array, create a hash of the array,
        // and print the hash to the screen.
        byte[] data1 = System.Text.Encoding.ASCII.GetBytes("Hi There");
        PrintByteArray(hmac1.ComputeHash(data1));

        // Encode a string into a byte array, create a hash of the array,
        // and print the hash to the screen.
        byte[] data2 = System.Text.Encoding.ASCII.GetBytes("This data will be hashed.");
        PrintByteArray(hmac2.ComputeHash(data2));
    }
}
public class HMACMD5 : KeyedHashAlgorithm
{
    private MD5 hash1;
    private MD5 hash2;
    private bool bHashing = false;

    private byte[] rgbInner = new byte[64];
    private byte[] rgbOuter = new byte[64];

    public HMACMD5(byte[] rgbKey)
    {
        HashSizeValue = 128;
        // Create the hash algorithms.
        hash1 = MD5.Create();
        hash2 = MD5.Create();
        // Get the key.
        if (rgbKey.Length > 64)
        {
            KeyValue = hash1.ComputeHash(rgbKey);
            // No need to call Initialize; ComputeHash does it automatically.
        }
        else
        {
            KeyValue = (byte[])rgbKey.Clone();
        }
        // Compute rgbInner and rgbOuter.
        int i = 0;
        for (i = 0; i < 64; i++)
        {
            rgbInner[i] = 0x36;
            rgbOuter[i] = 0x5C;
        }
        for (i = 0; i < KeyValue.Length; i++)
        {
            rgbInner[i] ^= KeyValue[i];
            rgbOuter[i] ^= KeyValue[i];
        }
    }

    public override byte[] Key
    {
        get { return (byte[])KeyValue.Clone(); }
        set
        {
            if (bHashing)
            {
                throw new Exception("Cannot change key during hash operation");
            }
            if (value.Length > 64)
            {
                KeyValue = hash1.ComputeHash(value);
                // No need to call Initialize; ComputeHash does it automatically.
            }
            else
            {
                KeyValue = (byte[])value.Clone();
            }
            // Compute rgbInner and rgbOuter.
            int i = 0;
            for (i = 0; i < 64; i++)
            {
                rgbInner[i] = 0x36;
                rgbOuter[i] = 0x5C;
            }
            for (i = 0; i < KeyValue.Length; i++)
            {
                rgbInner[i] ^= KeyValue[i];
                rgbOuter[i] ^= KeyValue[i];
            }
        }
    }
    public override void Initialize()
    {
        hash1.Initialize();
        hash2.Initialize();
        bHashing = false;
    }
    protected override void HashCore(byte[] rgb, int ib, int cb)
    {
        if (bHashing == false)
        {
            hash1.TransformBlock(rgbInner, 0, 64, rgbInner, 0);
            bHashing = true;
        }
        hash1.TransformBlock(rgb, ib, cb, rgb, ib);
    }

    protected override byte[] HashFinal()
    {
        if (bHashing == false)
        {
            hash1.TransformBlock(rgbInner, 0, 64, rgbInner, 0);
            bHashing = true;
        }
        // Finalize the original hash.
        hash1.TransformFinalBlock(new byte[0], 0, 0);
        // Write the outer array.
        hash2.TransformBlock(rgbOuter, 0, 64, rgbOuter, 0);
        // Write the inner hash and finalize the hash.
        hash2.TransformFinalBlock(hash1.Hash, 0, hash1.Hash.Length);
        bHashing = false;
        return hash2.Hash;
    }
}
Imports System.Security.Cryptography
 _

Public Class TestHMACMD5

    Private Shared Sub PrintByteArray(ByVal arr() As [Byte])
        Dim i As Integer
        Console.WriteLine(("Length: " + arr.Length.ToString()))
        For i = 0 To arr.Length - 1
            Console.Write("{0:X}", arr(i))
            Console.Write("    ")
            If (i + 9) Mod 8 = 0 Then
                Console.WriteLine()
            End If
        Next i
        If i Mod 8 <> 0 Then
            Console.WriteLine()
        End If
    End Sub

    Public Shared Sub Main()
        ' Create a key.
        Dim key1 As Byte() = {&HB, &HB, &HB, &HB, &HB, &HB, &HB, &HB, &HB, &HB, &HB, &HB, &HB, &HB, &HB, &HB}
        ' Pass the key to the constructor of the HMACMD5 class.  
        Dim hmac1 As New HMACMD5(key1)

        ' Create another key.
        Dim key2 As Byte() = System.Text.Encoding.ASCII.GetBytes("KeyString")
        ' Pass the key to the constructor of the HMACMD5 class.  
        Dim hmac2 As New HMACMD5(key2)

        ' Encode a string into a byte array, create a hash of the array,
        ' and print the hash to the screen.
        Dim data1 As Byte() = System.Text.Encoding.ASCII.GetBytes("Hi There")
        PrintByteArray(hmac1.ComputeHash(data1))

        ' Encode a string into a byte array, create a hash of the array,
        ' and print the hash to the screen.
        Dim data2 As Byte() = System.Text.Encoding.ASCII.GetBytes("This data will be hashed.")
        PrintByteArray(hmac2.ComputeHash(data2))
    End Sub
End Class
 _

Public Class HMACMD5
    Inherits KeyedHashAlgorithm
    Private hash1 As MD5
    Private hash2 As MD5
    Private bHashing As Boolean = False

    Private rgbInner(64) As Byte
    Private rgbOuter(64) As Byte


    Public Sub New(ByVal rgbKey() As Byte)
        HashSizeValue = 128
        ' Create the hash algorithms.
        hash1 = MD5.Create()
        hash2 = MD5.Create()
        ' Get the key.
        If rgbKey.Length > 64 Then
            KeyValue = hash1.ComputeHash(rgbKey)
            ' No need to call Initialize; ComputeHash does it automatically.
        Else
            KeyValue = CType(rgbKey.Clone(), Byte())
        End If
        ' Compute rgbInner and rgbOuter.
        Dim i As Integer = 0
        For i = 0 To 63
            rgbInner(i) = &H36
            rgbOuter(i) = &H5C
        Next i
        i = 0
        For i = 0 To KeyValue.Length - 1
            rgbInner(i) = rgbInner(i) Xor KeyValue(i)
            rgbOuter(i) = rgbOuter(i) Xor KeyValue(i)
        Next i
    End Sub


    Public Overrides Property Key() As Byte()
        Get
            Return CType(KeyValue.Clone(), Byte())
        End Get
        Set(ByVal Value As Byte())
            If bHashing Then
                Throw New Exception("Cannot change key during hash operation")
            End If
            If value.Length > 64 Then
                KeyValue = hash1.ComputeHash(value)
                ' No need to call Initialize; ComputeHash does it automatically.
            Else
                KeyValue = CType(value.Clone(), Byte())
            End If
            ' Compute rgbInner and rgbOuter.
            Dim i As Integer = 0
            For i = 0 To 63
                rgbInner(i) = &H36
                rgbOuter(i) = &H5C
            Next i
            For i = 0 To KeyValue.Length - 1
                rgbInner(i) ^= KeyValue(i)
                rgbOuter(i) ^= KeyValue(i)
            Next i
        End Set
    End Property


    Public Overrides Sub Initialize()
        hash1.Initialize()
        hash2.Initialize()
        bHashing = False
    End Sub


    Protected Overrides Sub HashCore(ByVal rgb() As Byte, ByVal ib As Integer, ByVal cb As Integer)
        If bHashing = False Then
            hash1.TransformBlock(rgbInner, 0, 64, rgbInner, 0)
            bHashing = True
        End If
        hash1.TransformBlock(rgb, ib, cb, rgb, ib)
    End Sub


    Protected Overrides Function HashFinal() As Byte()
        If bHashing = False Then
            hash1.TransformBlock(rgbInner, 0, 64, rgbInner, 0)
            bHashing = True
        End If
        ' Finalize the original hash.
        hash1.TransformFinalBlock(New Byte(0) {}, 0, 0)
        ' Write the outer array.
        hash2.TransformBlock(rgbOuter, 0, 64, rgbOuter, 0)
        ' Write the inner hash and finalize the hash.
        hash2.TransformFinalBlock(hash1.Hash, 0, hash1.Hash.Length)
        bHashing = False
        Return hash2.Hash
    End Function
End Class

注釈

ハッシュ関数は、任意の長さのバイナリ文字列を固定長の小さなバイナリ文字列にマップします。 暗号ハッシュ関数には、同じ値にハッシュされる2つの異なる入力を見つけることができるというプロパティがあります。 データに小さな変更を加えると、ハッシュに大きな変更が加えられることがあります。

キー付きハッシュアルゴリズムは、メッセージ認証コードとして使用される、キーに依存する一方向のハッシュ関数です。 ハッシュを検証できるのは、そのキーを知っているユーザーだけです。 キー付きハッシュアルゴリズムは、機密性のない信頼性を提供します。

ハッシュ関数は、データの整合性を確保するために、よくデジタル署名と共に使用されます。 この HMACSHA1 クラスは、キー付きハッシュアルゴリズムの一例です。

SHA1 との競合問題のため、Microsoft では SHA256 以上に基づくセキュリティ モデルを推奨しています。

コンストラクター

KeyedHashAlgorithm()

KeyedHashAlgorithm クラスの新しいインスタンスを初期化します。

フィールド

HashSizeValue

計算されたハッシュ コードのサイズをビット単位で表します。

(継承元 HashAlgorithm)
HashValue

計算されたハッシュ コードの値を表します。

(継承元 HashAlgorithm)
KeyValue

ハッシュ アルゴリズムで使用するキー。

State

ハッシュ計算の状態を表します。

(継承元 HashAlgorithm)

プロパティ

CanReuseTransform

現在の変換を再利用できるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 HashAlgorithm)
CanTransformMultipleBlocks

派生クラスでオーバーライドされると、複数のブロックを変換できるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 HashAlgorithm)
Hash

計算されたハッシュ コードの値を取得します。

(継承元 HashAlgorithm)
HashSize

計算されたハッシュ コードのサイズをビット単位で取得します。

(継承元 HashAlgorithm)
InputBlockSize

派生クラスでオーバーライドされると、入力ブロック サイズを取得します。

(継承元 HashAlgorithm)
Key

ハッシュ アルゴリズムで使用するキーを取得または設定します。

OutputBlockSize

派生クラスでオーバーライドされると、出力ブロック サイズを取得します。

(継承元 HashAlgorithm)

メソッド

Clear()

HashAlgorithm クラスによって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 HashAlgorithm)
ComputeHash(Byte[])

指定したバイト配列のハッシュ値を計算します。

(継承元 HashAlgorithm)
ComputeHash(Byte[], Int32, Int32)

指定したバイト配列の指定した領域のハッシュ値を計算します。

(継承元 HashAlgorithm)
ComputeHash(Stream)

指定された Stream オブジェクトのハッシュ値を計算します。

(継承元 HashAlgorithm)
ComputeHashAsync(Stream, CancellationToken)

指定された Stream オブジェクトのハッシュ値を非同期に計算します。

(継承元 HashAlgorithm)
Create()
互換性のために残されています。

キー付きハッシュ アルゴリズムの既定の実装のインスタンスを作成します。

Create(String)

キー付きハッシュ アルゴリズムの指定した実装のインスタンスを作成します。

Dispose()

HashAlgorithm クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 HashAlgorithm)
Dispose(Boolean)

KeyedHashAlgorithm によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
Finalize()

このメンバーは Finalize() をオーバーライドし、より詳細なドキュメントがそのトピックで使用できるようになる場合があります。

Object がガベージ コレクションにより収集される前に、その Object がリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
HashCore(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、ハッシュを計算するために、オブジェクトに書き込まれたデータをハッシュ アルゴリズムにルーティングします。

(継承元 HashAlgorithm)
HashCore(ReadOnlySpan<Byte>)

ハッシュを計算するために、オブジェクトに書き込んだデータをハッシュ アルゴリズムにルーティングします。

(継承元 HashAlgorithm)
HashFinal()

派生クラスでオーバーライドされると、暗号化ハッシュ アルゴリズムによって最後のデータが処理された後に、ハッシュ計算を終了します。

(継承元 HashAlgorithm)
Initialize()

ハッシュ アルゴリズムを初期状態にリセットします。

(継承元 HashAlgorithm)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
TransformBlock(Byte[], Int32, Int32, Byte[], Int32)

入力バイト配列の指定した領域のハッシュ値を計算し、入力バイト配列の指定した領域を出力バイト配列の指定した領域にコピーします。

(継承元 HashAlgorithm)
TransformFinalBlock(Byte[], Int32, Int32)

指定したバイト配列の指定した領域のハッシュ値を計算します。

(継承元 HashAlgorithm)
TryComputeHash(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, Int32)

指定したバイト配列のハッシュ値の計算を試みます。

(継承元 HashAlgorithm)
TryHashFinal(Span<Byte>, Int32)

ハッシュ アルゴリズムによって最後のデータが処理された後、ハッシュ計算の終了を試みます。

(継承元 HashAlgorithm)

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

HashAlgorithm によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

(継承元 HashAlgorithm)

適用対象

こちらもご覧ください