RSACryptoServiceProvider.KeySize プロパティ

定義

現在のキーのサイズを取得します。Gets the size of the current key.

public:
 virtual property int KeySize { int get(); };
public override int KeySize { get; }
member this.KeySize : int
Public Overrides ReadOnly Property KeySize As Integer

プロパティ値

キーのサイズ (ビット単位)。The size of the key in bits.

注釈

Microsoft RSACryptoServiceProvider Enhanced Cryptographic Provider がインストールされている場合、では、384ビットから16384ビットまでのキーサイズを8ビット単位でサポートします。The RSACryptoServiceProvider supports key sizes from 384 bits to 16384 bits in increments of 8 bits if you have the Microsoft Enhanced Cryptographic Provider installed. Microsoft Base Cryptographic Provider がインストールされている場合、384ビットから512ビットまでのキーサイズを8ビット単位でサポートします。It supports key sizes from 384 bits to 512 bits in increments of 8 bits if you have the Microsoft Base Cryptographic Provider installed.

有効なキーサイズは、 RSACryptoServiceProviderインスタンスによって使用される暗号化サービスプロバイダー (CSP) に依存します。Valid key sizes are dependent on the cryptographic service provider (CSP) that is used by the RSACryptoServiceProvider instance. Windows csp Windows 8.1Windows 8.1では、より前の windows バージョンでは 384 ~ 16384 ビットのキーサイズが有効になり、でWindows 8.1Windows 8.1は512から16384ビットのキーサイズが有効になります。Windows CSPs enable key sizes of 384 to 16384 bits for Windows versions prior to Windows 8.1Windows 8.1, and key sizes of 512 to 16384 bits for Windows 8.1Windows 8.1. 詳細については、Windows ドキュメントの「 Cryptgenkey関数」を参照してください。For more information, see CryptGenKey function in the Windows documentation.

クラスでは、 KeySizeプロパティを使用してキーのサイズを変更することはできません。 RSACryptoServiceProviderThe RSACryptoServiceProvider class does not allow you to change key sizes using the KeySize property. このプロパティに書き込まれた値は、エラーなしでプロパティを更新できません。Any value written to this property will fail to update the property without error. キーサイズを変更するには、コンストラクターのオーバーロードのいずれかを使用します。To change the key size, use one of the constructor overloads.

適用対象

こちらもご覧ください