PrincipalPolicy 列挙型

定義

アプリケーション ドメインに対してプリンシパルおよび ID オブジェクトをどのように作成するかを定めます。Specifies how principal and identity objects should be created for an application domain. 既定値は、UnauthenticatedPrincipal です。The default is UnauthenticatedPrincipal.

public enum class PrincipalPolicy
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public enum PrincipalPolicy
type PrincipalPolicy = 
Public Enum PrincipalPolicy
継承
PrincipalPolicy
属性

フィールド

NoPrincipal 1

プリンシパル オブジェクトまたは ID オブジェクトは作成されません。No principal or identity objects should be created.

UnauthenticatedPrincipal 0

認証されていないエンティティに対するプリンシパル オブジェクトと ID オブジェクトが作成されます。Principal and identity objects for the unauthenticated entity should be created. 認証されていないエンティティの Name は空の文字列 ("") に設定され、IsAuthenticatedfalse に設定されます。An unauthenticated entity has Name set to the empty string ("") and IsAuthenticated set to false.

WindowsPrincipal 2

現在の実行スレッドに関連付けられているオペレーティング システム トークンを反映するプリンシパル オブジェクトと ID オブジェクトが作成され、関連付けられているオペレーティング システム グループがロールに割り当てられます。Principal and identity objects that reflect the operating system token associated with the current execution thread should be created, and the associated operating system groups should be mapped into roles.

注釈

パフォーマンス上の理由から、既定のプリンシパルオブジェクトと id オブジェクトは必要になるまで作成されません。For performance reasons, the default principal and identity objects are not created until they are needed. プリンシパルが現在のスレッドに明示的に追加されている場合、既定のプリンシパルは作成されず、プリンシパルポリシーの設定は無視されます。If a principal is explicitly added to the current thread, a default principal is not created and the principal policy setting is ignored.

信頼されたホストは、AppDomainSetPrincipalPolicy メソッドを使用して、これらの値の別の値を指定することで、既定のプリンシパルポリシーを上書きできます。A trusted host can override the default principal policy by specifying another of these values using the SetPrincipalPolicy method of an AppDomain.

適用対象