SecurityZone 列挙型

定義

セキュリティ ポリシーが使用するセキュリティ ゾーンに対応する整数値を定義します。

public enum class SecurityZone
public enum SecurityZone
[System.Serializable]
public enum SecurityZone
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public enum SecurityZone
type SecurityZone = 
[<System.Serializable>]
type SecurityZone = 
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type SecurityZone = 
Public Enum SecurityZone
継承
SecurityZone
属性

フィールド

Internet 3

インターネット ゾーンは、別のゾーンに属さないインターネット上の Web サイトで使用します。

Intranet 1

ローカル イントラネット ゾーンは、会社のイントラネットにあるコンテンツで使用します。 サーバーと情報は、会社のファイアウォール内にあるため、ユーザーまたは会社はより高い信頼レベルをイントラネットのコンテンツに割り当てることができます。

MyComputer 0

ローカル コンピューター ゾーンは、ユーザーのコンピューターに存在するコンテンツが使用する暗黙のゾーンです。

NoZone -1

ゾーンが指定されていません。

Trusted 2

信頼されたサイト ゾーンは、インターネット上の他のサイトよりも評判が高く信頼できると見なされた Web サイトにあるコンテンツで使用されます。 このゾーンを使用して、これらのサイトにより高い信頼レベルを割り当て、認証要求の数を最小限にすることができます。 これらの信頼されている Web サイトの URL は、ユーザーがこのゾーンに割り当てる必要があります。

Untrusted 4

制限付きサイト ゾーンは、ダウンロードした場合に問題が発生するか、発生させる可能性があるコンテンツを持つ Web サイトで使用します。 これらの信頼されていない Web サイトは、ユーザーがこのゾーンに割り当てる必要があります。

注釈

ゾーンを構成するには、Microsoft Internet Explorer のオプション パネルの [セキュリティ] タブを使用します。

適用対象