SendMessageChannelCache SendMessageChannelCache SendMessageChannelCache SendMessageChannelCache Class

定義

キャッシュ共有レベルのカスタマイズ、チャネル ファクトリ キャッシュの設定、および Send メッセージング アクティビティを使用してサービス エンドポイントにメッセージを送信するワークフローのチャネル キャッシュの設定を可能にする拡張機能を表します。Represents an extension that enables the customization of the cache sharing levels, the settings of the channel factory cache, and the settings of the channel cache for workflows that send messages to service endpoints using Send messaging activities.

public ref class SendMessageChannelCache sealed : IDisposable
public sealed class SendMessageChannelCache : IDisposable
type SendMessageChannelCache = class
    interface IDisposable
Public NotInheritable Class SendMessageChannelCache
Implements IDisposable
継承
SendMessageChannelCacheSendMessageChannelCacheSendMessageChannelCacheSendMessageChannelCache
実装

次の例では、SendMessageChannelCache クラスを使用して、単一のアプリケーション ドメイン内の 2 つのワークフロー アプリケーション間でチャネル キャッシュを共有する方法を示します。The following example shows how to use the SendMessageChannelCache class to share a channel cache between two workflow applications in a single app domain.


//sharing a channel cache between two workflow applications in a single app-domain.
sharedChannelCache = new SendMessageChannelCache(new ChannelCacheSettings { MaxItemsInCache = 5 }, new ChannelCacheSettings { MaxItemsInCache = 5 });

WorkflowApplication workflowApp1 = new WorkflowApplication(workflow);
workflowApp1.Completed = new Action<WorkflowApplicationCompletedEventArgs>(OnCompleted);
workflowApp1.Extensions.Add(sharedChannelCache);

WorkflowApplication workflowApp2 = new WorkflowApplication(workflow);
workflowApp2.Completed = new Action<WorkflowApplicationCompletedEventArgs>(OnCompleted);
workflowApp2.Extensions.Add(sharedChannelCache);

//disabling the channel cache so that channels are closed after being used.
SendMessageChannelCache disabledChannelCache = new SendMessageChannelCache(new ChannelCacheSettings { MaxItemsInCache = 0 }, new ChannelCacheSettings { MaxItemsInCache = 0 });

WorkflowApplication workflowApp3 = new WorkflowApplication(workflow);
workflowApp3.Completed = new Action<WorkflowApplicationCompletedEventArgs>(OnCompleted);
workflowApp3.Extensions.Add(disabledChannelCache);

注釈

このクラスは、サービス エンドポイントにメッセージを送信するワークフローで使用するためのクラスです。This class is intended for workflows that send messages to service endpoints. これらのワークフローは、通常はクライアント ワークフローですが、WorkflowServiceHost でホストされるワークフロー サービスである場合もあります。These workflows are typically client workflows but could also be workflow services that are hosted in a WorkflowServiceHost.

既定では、WorkflowServiceHost によってホストされるワークフローでは、Send メッセージング アクティビティが使用するキャッシュは WorkflowServiceHost のすべてのワークフロー インスタンス間で共有されます (ホストレベルのキャッシュ)。By default, in a workflow hosted by a WorkflowServiceHost, the cache used by Send messaging activities is shared across all workflow instances in the WorkflowServiceHost (host-level caching). WorkflowServiceHost によってホストされないクライアント ワークフローの場合、キャッシュを使用できるのはワークフロー インスタンスだけです (インスタンスレベルのキャッシュ)。For a client workflow that is not hosted by a WorkflowServiceHost, the cache is available only to the workflow instance (instance-level caching). 構成でエンドポイントが定義されているワークフローに送信アクティビティがある場合、キャッシュは既定で無効になります。Caching is disabled by default for any send activity in your workflow that has endpoints defined in configuration.

既定のキャッシュ共有レベルとチャネル ファクトリおよびチャネル キャッシュのキャッシュ設定を変更する方法の詳細については、次を参照してください。 Send アクティビティのキャッシュ共有レベルを変更するします。For more information about how to change the default cache sharing levels and cache settings for the channel factory and channel cache, see Changing the Cache Sharing Levels for Send Activities.

コンストラクター

SendMessageChannelCache() SendMessageChannelCache() SendMessageChannelCache() SendMessageChannelCache()

既定のファクトリ キャッシュおよびチャネル キャッシュ設定を使用して、SendMessageChannelCache クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the SendMessageChannelCache class with default factory cache and channel cache settings.

SendMessageChannelCache(ChannelCacheSettings, ChannelCacheSettings) SendMessageChannelCache(ChannelCacheSettings, ChannelCacheSettings) SendMessageChannelCache(ChannelCacheSettings, ChannelCacheSettings) SendMessageChannelCache(ChannelCacheSettings, ChannelCacheSettings)

カスタム ファクトリ キャッシュおよびチャネル キャッシュ設定を使用して、SendMessageChannelCache クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the SendMessageChannelCache class with custom factory cache and channel cache settings.

SendMessageChannelCache(ChannelCacheSettings, ChannelCacheSettings, Boolean) SendMessageChannelCache(ChannelCacheSettings, ChannelCacheSettings, Boolean) SendMessageChannelCache(ChannelCacheSettings, ChannelCacheSettings, Boolean) SendMessageChannelCache(ChannelCacheSettings, ChannelCacheSettings, Boolean)

カスタム ファクトリ キャッシュ設定、カスタム チャネル キャッシュ設定、およびキャッシュを有効にするかどうかを示す値を使用して、SendMessageChannelCache クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the SendMessageChannelCache class with custom factory cache settings, custom channel cache settings, and a value that indicates whether to turn caching on.

プロパティ

AllowUnsafeCaching AllowUnsafeCaching AllowUnsafeCaching AllowUnsafeCaching

キャッシュを有効にするかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether to turn caching on.

ChannelSettings ChannelSettings ChannelSettings ChannelSettings

チャネル キャッシュの設定を取得または設定します。Gets or sets the settings of the channel cache.

FactorySettings FactorySettings FactorySettings FactorySettings

チャネル ファクトリ キャッシュの設定を取得または設定します。Gets or sets the settings of the channel factory cache.

メソッド

Dispose() Dispose() Dispose() Dispose()

SendMessageChannelCache クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the current instance of the SendMessageChannelCache class.

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

適用対象